81件中 31 - 40件表示
  • 榊原英資

    榊原英資から見た学位

    大学院進学後、時の大蔵省大臣官房秘書課長であった高木文雄に面会し、優の数を増やし、国家公務員上級職試験50番以内で採用条件にすることを告げられる。上級職試験では「経済」で受験、14番で合格し、東京大学大学院修士課程(理論経済)修了後に大蔵省入省、それでも同期中下から2番目での入省であったと自著で述べている。入省後すぐにピッツバーグ大学およびミシガン大学に留学。ミシガン大学大学院博士課程修了。学位は経済学博士(ミシガン大学)。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た長岡實

    1977年、官僚批判・自民党政治批判と受け取られかねない論文を出し、竹内道雄事務次官、長岡實官房長により埼玉大学教養学部助教授に一旦出される。この頃、新自由クラブからの出馬を検討した。その後大蔵省に復職、理財局総務課長や東海財務局長などを歴任。国際金融局次長を務めた後で、最終ポストとされることも多い財政金融研究所所長に転出していたが、当時の武村正義蔵相の強い意向の下、行天豊雄らの後押しもあり、久保田勇夫国際金融局次長(現・西日本シティ銀行頭取)を押しのける恰好で国際金融局長に就任、財務官まで務めた。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た官僚

    榊原 英資(さかきばら えいすけ、1941年3月27日 - )は、日本の経済学者、青山学院大学教授。元大蔵官僚。専門は国際金融論。元丸紅の榊原俊資は実弟。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た早稲田大学

    慶應義塾大学グローバルセキュリティーセンター教授を経て、2006年春から早稲田大学総合研究機構客員教授(専任扱い)、インド経済研究所所長に就任榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た円高

    財務官就任時のアメリカの通貨政策責任者ローレンス・サマーズ財務副長官とは榊原がハーバード大学客員教授をして以来の友人であったこと、米国相手でもコンプレックスなく猛烈なディベートをしかける持ち味が最大の就任理由であり、その後米国との歩調を合わせた為替介入政策で、1995年秋には超円高是正処置にその効果が表れ始め、おもにマスコミや為替ディーラー関係者から「ミスター円」の愛称で呼ばれるようになった。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た留学

    退官後後の著作物の中ではアメリカ・欧州中心の時代が終わり再び中国・インド中心の時代が来る(リオリエント)と主張している。また官僚時代後半にも若手官僚の中国への留学を推進する(それまでは現在以上に大蔵省・財務省の若手の留学先はフランス・ドイツ・アメリカが中心)など、こうした意識を官僚の頃から抱いていたとされる。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た尖閣諸島

    2013年2月17日の朝日新聞インタビューで、「尖閣諸島を巡る問題の発端は、石原元知事や野田政権の購入・国有化の動きにあった。波風を立てた日本自身が外交的解決に向けて、あらゆる努力をすべきだ」と発言した。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見たPHP研究所

    『国際金融の現場――市場資本主義の危機を超えて』(PHP研究所[PHP新書], 1998年)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た藤原書店

    (I・ウォーラーステイン・網野善彦・川勝平太・山内昌之)『『地中海』を読む』(藤原書店, 1999年)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た東洋経済新報社

    『資本主義を超えた日本――日本型市場経済体制の成立と展開』(東洋経済新報社, 1990年)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「榊原英資」のニューストピックワード