84件中 31 - 40件表示
  • 榊原英資

    榊原英資から見たローレンス・サマーズ

    中平幸典、加藤隆俊らに代わり財務官に就任した。当時のアメリカの通貨政策責任者ローレンス・サマーズ財務副長官とは榊原がハーバード大学客員教授をして以来の友人であったこと、米国相手でもコンプレックスなく猛烈なディベートをしかける持ち味が最大の就任理由であり、その後米国との歩調を合わせた為替介入政策で、1995年秋には超円高是正処置にその効果が表れ始め、おもにマスコミや為替ディーラー関係者から「ミスター円」の愛称で呼ばれるようになった。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た薄井信明

    大蔵省の同期に事務次官となった薄井信明、竹島一彦、浜田卓二郎、藤川鉄馬(印刷局長)、白石忍(オリックス社長)、山川俊宏(翻訳家)、鏡味徳房など。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た川勝平太

    (I・ウォーラーステイン・網野善彦・川勝平太・山内昌之)『『地中海』を読む』(藤原書店, 1999年)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た尖閣諸島中国漁船衝突事件

    2013年2月17日の朝日新聞インタビューで、「尖閣諸島を巡る問題の発端は、石原元知事や野田政権の購入・国有化の動きにあった。波風を立てた日本自身が外交的解決に向けて、あらゆる努力をすべきだ」と発言した。しかし中国は石原発言や国有化を、遡ること4年前の2008年から尖閣海域に監視船を派遣しており、2010年9月の漁船衝突事件以降は、毎月監視船を派遣して、領海侵犯も繰り返すようになっていた。石原発言や国有化が発端だというのは客観的な事実ではない。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た国際通貨基金

    1971年9月 - 派遣職員(国際通貨基金榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た学位

    入省後すぐにピッツバーグ大学及びミシガン大学に留学。ミシガン大学大学院博士課程修了。学位は経済学博士(ミシガン大学)。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た長岡實

    1977年、官僚批判・自民党政治批判と受け取られかねない論文を出し、竹内道雄事務次官、長岡實官房長により埼玉大学教養学部助教授に一旦出される。この頃、新自由クラブからの出馬を検討した。その後大蔵省に復職、通常は最終ポストとされることの多い財政金融研究所所長を務めていたが、当時の武村正義蔵相の強い意向のもと、行天豊雄らの後押しもあり、久保田勇夫国際金融局次長(現・西日本シティ銀行頭取)を押しのけた恰好で国際金融局長に就任。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た官僚

    榊原 英資(さかきばら えいすけ、1941年3月27日 - )は、青山学院大学客員教授。元大蔵官僚、経済学者。専門は、国際金融論。元丸紅の榊原俊資は実弟。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た慶應義塾大学

    慶應義塾大学グローバルセキュリティーセンター教授を経て、2006年春から早稲田大学総合研究機構客員教授(専任扱い)、インド経済研究所所長に就任。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た早稲田大学

    慶應義塾大学グローバルセキュリティーセンター教授を経て、2006年春から早稲田大学総合研究機構客員教授(専任扱い)、インド経済研究所所長に就任。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示

「榊原英資」のニューストピックワード