81件中 41 - 50件表示
  • 榊原英資

    榊原英資から見た朝日新聞社

    『日本は没落する』(朝日新聞社, 2007年)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た扶桑社

    (田原総一朗)『金融・経済日本再生!――「自由競争」万能は間違いだ!!』(扶桑社, 1999年)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た毎日新聞社

    『分権国家への決断』(毎日新聞社, 2002年)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見たニッポン放送

    榊原英資 ショウアップ経済学 (ニッポン放送、毎週火曜日19:30 - 19:40)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た中央公論新社

    『日本と世界が震えた日――サイバー資本主義の成立』(中央公論新社, 2000年)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た西日本シティ銀行

    1977年、官僚批判・自民党政治批判と受け取られかねない論文を出し、竹内道雄事務次官、長岡實官房長により埼玉大学教養学部助教授に一旦出される。この頃、新自由クラブからの出馬を検討した。その後大蔵省に復職、理財局総務課長や東海財務局長などを歴任。国際金融局次長を務めた後で、最終ポストとされることも多い財政金融研究所所長に転出していたが、当時の武村正義蔵相の強い意向の下、行天豊雄らの後押しもあり、久保田勇夫国際金融局次長(現・西日本シティ銀行頭取)を押しのける恰好で国際金融局長に就任、財務官まで務めた。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た新自由クラブ

    1977年、官僚批判・自民党政治批判と受け取られかねない論文を出し、竹内道雄事務次官、長岡實官房長により埼玉大学教養学部助教授に一旦出される。この頃、新自由クラブからの出馬を検討した。その後大蔵省に復職、理財局総務課長や東海財務局長などを歴任。国際金融局次長を務めた後で、最終ポストとされることも多い財政金融研究所所長に転出していたが、当時の武村正義蔵相の強い意向の下、行天豊雄らの後押しもあり、久保田勇夫国際金融局次長(現・西日本シティ銀行頭取)を押しのける恰好で国際金融局長に就任、財務官まで務めた。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た東京大学大学院経済学研究科・経済学部

    横浜国大鎌倉中学校、都立日比谷高校卒。日比谷高校時代に米国へ交換留学。東京大学に進学し経済学部卒。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見たミシガン大学

    大学院進学後、時の大蔵省大臣官房秘書課長であった高木文雄に面会し、優の数を増やし、国家公務員上級職試験50番以内で採用条件にすることを告げられる。上級職試験では「経済」で受験、14番で合格し、東京大学大学院修士課程(理論経済)修了後に大蔵省入省、それでも同期中下から2番目での入省であったと自著で述べている。入省後すぐにピッツバーグ大学およびミシガン大学に留学。ミシガン大学大学院博士課程修了。学位は経済学博士(ミシガン大学)。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た大蔵省

    榊原 英資(さかきばら えいすけ、1941年3月27日 - )は、日本の経済学者、青山学院大学教授。元大蔵官僚。専門は国際金融論。元丸紅の榊原俊資は実弟。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「榊原英資」のニューストピックワード