81件中 51 - 60件表示
  • 榊原英資

    榊原英資から見た青山学院大学

    榊原 英資(さかきばら えいすけ、1941年3月27日 - )は、日本の経済学者、青山学院大学教授。元大蔵官僚。専門は国際金融論。元丸紅の榊原俊資は実弟。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た埼玉大学

    1977年、官僚批判・自民党政治批判と受け取られかねない論文を出し、竹内道雄事務次官、長岡實官房長により埼玉大学教養学部助教授に一旦出される。この頃、新自由クラブからの出馬を検討した。その後大蔵省に復職、理財局総務課長や東海財務局長などを歴任。国際金融局次長を務めた後で、最終ポストとされることも多い財政金融研究所所長に転出していたが、当時の武村正義蔵相の強い意向の下、行天豊雄らの後押しもあり、久保田勇夫国際金融局次長(現・西日本シティ銀行頭取)を押しのける恰好で国際金融局長に就任、財務官まで務めた。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見たピッツバーグ大学

    大学院進学後、時の大蔵省大臣官房秘書課長であった高木文雄に面会し、優の数を増やし、国家公務員上級職試験50番以内で採用条件にすることを告げられる。上級職試験では「経済」で受験、14番で合格し、東京大学大学院修士課程(理論経済)修了後に大蔵省入省、それでも同期中下から2番目での入省であったと自著で述べている。入省後すぐにピッツバーグ大学およびミシガン大学に留学。ミシガン大学大学院博士課程修了。学位は経済学博士(ミシガン大学)。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見たプロテスタント

    父は榊原麗一芦田均内閣総理大臣秘書官。祖父はキリスト教プロテスタントの牧師。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た火曜日

    榊原英資 ショウアップ経済学 (ニッポン放送、毎週火曜日19:30 - 19:40)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件

    1995年に起こった大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件において、大和銀行から報告を受けながらも6週間も発表が遅延したことに関し、当時国際金融局長であった榊原はその理由として「(連絡しなかったことは)適切な措置であり、日米の文化の違いが理由だ」と述べた。 この説明に対し、米下院公聴会で非難が集中した。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見たアメリカ

    財務官就任時のアメリカの通貨政策責任者ローレンス・サマーズ財務副長官とは榊原がハーバード大学客員教授をして以来の友人であったこと、米国相手でもコンプレックスなく猛烈なディベートをしかける持ち味が最大の就任理由であり、その後米国との歩調を合わせた為替介入政策で、1995年秋には超円高是正処置にその効果が表れ始め、おもにマスコミや為替ディーラー関係者から「ミスター円」の愛称で呼ばれるようになった。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た理財局

    理財局国庫課長の時に天皇陛下御在位六十年記念金貨を発行したが、10万円金貨であるのに、金の含有量は4万円分ほどしかなく、偽造金貨事件を誘発した。そのうえ翌年に100万枚も追加発行して、記念硬貨としての希少性を失わせたといわれている。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た耐久消費財

    日本のデフレーションについて「日本の場合、デフレといっても耐久消費財の価格下落の寄与率が高く、人々が日常的に購入する財の価格は継続的に下降しているわけではない。耐久消費財については、これだけ消費が広範に広がり競争が激しいので、下落するのはある意味では当然のことだ。とすれば、日本のデフレはそれほど心配することのない現象だ」「デフレが病気であるかのように嘆くのをやめ、緩やかなデフレを楽しむべきだ」と述べている。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た外国為替及び外国貿易法

    第2次橋本内閣当時の財務官職在任中、金融ビッグバンの第一歩として、「内外資本取引の自由化」や「為銀主義の廃止」を柱とした外為法改正(1998年4月施行)を、水野清を引き込んで、推し進めたとされている。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「榊原英資」のニューストピックワード