81件中 71 - 80件表示
  • 榊原英資

    榊原英資から見たフランス

    退官後後の著作物の中ではアメリカ・欧州中心の時代が終わり再び中国・インド中心の時代が来る(リオリエント)と主張している。また官僚時代後半にも若手官僚の中国への留学を推進する(それまでは現在以上に大蔵省・財務省の若手の留学先はフランス・ドイツ・アメリカが中心)など、こうした意識を官僚の頃から抱いていたとされる。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見たアメリカ合衆国財務副長官

    財務官就任時のアメリカの通貨政策責任者ローレンス・サマーズ財務副長官とは榊原がハーバード大学客員教授をして以来の友人であったこと、米国相手でもコンプレックスなく猛烈なディベートをしかける持ち味が最大の就任理由であり、その後米国との歩調を合わせた為替介入政策で、1995年秋には超円高是正処置にその効果が表れ始め、おもにマスコミや為替ディーラー関係者から「ミスター円」の愛称で呼ばれるようになった。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た金融ビッグバン

    第2次橋本内閣当時の財務官職在任中、金融ビッグバンの第一歩として、「内外資本取引の自由化」や「為銀主義の廃止」を柱とした外為法改正(1998年4月施行)を、水野清を引き込んで、推し進めたとされている。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た大学院

    大学院進学後、時の大蔵省大臣官房秘書課長であった高木文雄に面会し、優の数を増やし、国家公務員上級職試験50番以内で採用条件にすることを告げられる。上級職試験では「経済」で受験、14番で合格し、東京大学大学院修士課程(理論経済)修了後に大蔵省入省、それでも同期中下から2番目での入省であったと自著で述べている。入省後すぐにピッツバーグ大学およびミシガン大学に留学。ミシガン大学大学院博士課程修了。学位は経済学博士(ミシガン大学)。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た天皇陛下御在位六十年記念硬貨

    理財局国庫課長の時に天皇陛下御在位六十年記念金貨を発行したが、10万円金貨であるのに、金の含有量は4万円分ほどしかなく、偽造金貨事件を誘発した。そのうえ翌年に100万枚も追加発行して、記念硬貨としての希少性を失わせたといわれている。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た内閣総理大臣秘書官

    父は榊原麗一芦田均内閣総理大臣秘書官。祖父はキリスト教プロテスタントの牧師。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た朝日新聞

    2013年2月17日の朝日新聞インタビューで、「尖閣諸島を巡る問題の発端は、石原元知事や野田政権の購入・国有化の動きにあった。波風を立てた日本自身が外交的解決に向けて、あらゆる努力をすべきだ」と発言した。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た第43回衆議院議員総選挙

    政治の世界においては、かつて新自由クラブから出馬すべく準備していた時期があったが実現しなかった。2003年総選挙では民主党の政権交代後の「閣僚予定者名簿」において財務大臣として名を連ね、話題となった。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た博士(経済学)

    大学院進学後、時の大蔵省大臣官房秘書課長であった高木文雄に面会し、優の数を増やし、国家公務員上級職試験50番以内で採用条件にすることを告げられる。上級職試験では「経済」で受験、14番で合格し、東京大学大学院修士課程(理論経済)修了後に大蔵省入省、それでも同期中下から2番目での入省であったと自著で述べている。入省後すぐにピッツバーグ大学およびミシガン大学に留学。ミシガン大学大学院博士課程修了。学位は経済学博士(ミシガン大学)。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た野田内閣

    2013年2月17日の朝日新聞インタビューで、「尖閣諸島を巡る問題の発端は、石原元知事や野田政権の購入・国有化の動きにあった。波風を立てた日本自身が外交的解決に向けて、あらゆる努力をすべきだ」と発言した。榊原英資 フレッシュアイペディアより)

81件中 71 - 80件表示

「榊原英資」のニューストピックワード