480件中 91 - 100件表示
  • 恋する心達のために

    恋する心達のためにから見た槇原敬之槇原敬之

    「恋する心達のために」(こいするこころたちのために)は、槇原敬之の42枚目のシングル。2012年4月25日発売。発売元はワーズアンドミュージック。恋する心達のために フレッシュアイペディアより)

  • Makihara Noriyuki Concert Tour 2011-12 "Heart to Heart"

    Makihara Noriyuki Concert Tour 2011-12 "Heart to Heart"から見た槇原敬之槇原敬之

    『Makihara Noriyuki Concert Tour 2011-12 "Heart to Heart"』(マキハラ・ノリユキ・コンサート・ツアー・2011-12 ハート・トゥー・ハート)は、槇原敬之の14作目となる映像作品。Makihara Noriyuki Concert Tour 2011-12 "Heart to Heart" フレッシュアイペディアより)

  • どうしようもない僕に天使が降りてきた

    どうしようもない僕に天使が降りてきたから見た槇原敬之槇原敬之

    「どうしようもない僕に天使が降りてきた」(どうしようもないぼくにてんしがおりてきた)は、1996年9月25日に発売された槇原敬之の15枚目のシングル。発売元はwea JAPAN(ワーナーミュージック・ジャパン)。どうしようもない僕に天使が降りてきた フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡孝章

    藤岡孝章から見た槇原敬之槇原敬之

    その後、CBS・ソニーレコード(のちのソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社し、ディレクターとして活動する。ソニー・ミュージックエンタテインメント時代には加藤和彦、宍戸留美、小山卓治らを育てた他、シブがき隊のディレクターを務め「スシ食いねェ!」など特異な曲を創った。ただし、本人曰く人を見る目はないそうで、Mr.Children、シャ乱Q、槇原敬之、渡辺美里をオーディションで落とし、後に後悔した過去がある。また、おニャン子クラブ参加前の工藤静香が在籍していたセブンティーン・クラブで工藤をセンターに持ってこないメンバーの立ち位置を決めたのも藤岡である。藤岡孝章 フレッシュアイペディアより)

  • GRANOLA

    GRANOLAから見た槇原敬之槇原敬之

    のちに、槇原敬之と共にセルフカバーをしている。(『はじめてのやのあきこ』収録)GRANOLA フレッシュアイペディアより)

  • Oui Oui

    Oui Ouiから見た槇原敬之槇原敬之

    制作に約2年がかけられ、それぞれの曲ごとに多様なミュージシャンの参加が見られるのが特徴である。「Jin Jin」にはが、「I'm So Lonesome I Could Cry」「Brooklyn Bridge」にはPat Methenyが、「クリームシチュー」には槇原敬之が参加。が「クリームシチュー」を除き全般にわたってサウンドデザイン、プログラミングを担当している。Oui Oui フレッシュアイペディアより)

  • 峠のわが家

    峠のわが家から見た槇原敬之槇原敬之

    槇原敬之がこの曲をカバーしている。『Listen To The Music』収録。峠のわが家 フレッシュアイペディアより)

  • 林檎の花

    林檎の花から見た槇原敬之槇原敬之

    「林檎の花」(りんごのはな)は、槇原敬之の41枚目のシングル。2011年3月11日発売。発売元はワーズアンドミュージック。林檎の花 フレッシュアイペディアより)

  • Home Sweet Home (槇原敬之のアルバム)

    Home Sweet Home (槇原敬之のアルバム)から見た槇原敬之槇原敬之

    『Home Sweet Home』(ホーム・スィート・ホーム)は、槇原敬之の通算11枚目のスタジオ・アルバム。2001年11月21日発売。発売元はワーナーミュージック・ジャパン。Home Sweet Home (槇原敬之のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 本日ハ晴天ナリ (槇原敬之のアルバム)

    本日ハ晴天ナリ (槇原敬之のアルバム)から見た槇原敬之槇原敬之

    『本日ハ晴天ナリ』(ほんじつはせいてんなり)は、槇原敬之の通算12枚目のスタジオ・アルバム。2002年11月7日発売。発売元はワーナーミュージック・ジャパン。本日ハ晴天ナリ (槇原敬之のアルバム) フレッシュアイペディアより)

480件中 91 - 100件表示