406件中 61 - 70件表示
  • 小倉博和

    小倉博和から見た槇原敬之槇原敬之

    サザンオールスターズ、桑田佳祐、泉谷しげる、槇原敬之、福山雅治、渡辺美里らのレコーディング及びライブで活躍。小林武史が社長を務める烏龍舎所属。小倉博和 フレッシュアイペディアより)

  • 高槻市立玉川小学校

    高槻市立玉川小学校から見た槇原敬之槇原敬之

    槇原敬之(ミュージシャン)高槻市立玉川小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 友納真緒

    友納真緒から見た槙原敬之槇原敬之

    国内の様々なアーティストの楽曲収録、コンサート、テレビコマーシャル演奏収録のミュージシャンとして、渡辺貞夫、宗次郎、谷村新司、松山千春、小椋佳、崎谷健次郎、安全地帯、GLAY、槙原敬之、Mr.Children、平原綾香、コブクロ、KinKi Kids、TOKIO、嵐、Hey! Say! JUMP、HY、moumoon、河口恭吾、平賀マリカ、阿部真央のステージ、アルバム制作に参加している。友納真緒 フレッシュアイペディアより)

  • J-more

    J-moreから見た槇原敬之槇原敬之

    槇原敬之 (プライベートレーベルであるBuppuレーベルを立ち上げたことによるもの)J-more フレッシュアイペディアより)

  • だいじゅ

    だいじゅから見た槇原敬之槇原敬之

    リスペクトアーティスト Mr.Children、槇原敬之、ザ・ブルーハーツだいじゅ フレッシュアイペディアより)

  • 弾き語り

    弾き語りから見た槙原敬之槇原敬之

    広い意味では、長唄などを三味線を弾きながら歌っても、「弾き語る」という意味では当てはまるが、弾き語りはポピュラー音楽の範囲で使われる言葉である。よって、その起源を、吟遊詩人や琵琶法師などにまで遡る説もあるが、現在の弾き語りと直接的な繋がりがあるかどうかまでは明確になっていない。日本における現在につながる大衆音楽の範囲での「弾き語り」の起源および普及は、昭和40年頃から徐々に広まったフォークソングブームといわれ、1970年代初頭には、井上陽水、吉田拓郎などのシンガーソングライターがさらに若者にアピールする形で普及させたといえる。その後、1980年代後半から1990年代前半までにピークだった、アンプラグドブームをきっかけとしたものなど、小さな波が何度か訪れた(例;KAN、槙原敬之、楠瀬誠志郎)。ただし「アンプラグド」の本来のコンセプトは「エレクトリックサウンドの演奏をアコースティック楽器の演奏中心にアレンジし直す」といったことが主体であり、必ずしも「アコースティック楽器による『弾き語り』」である必要はなく、「ブーム復活のきっかけの一つ」という意味にすぎない。弾き語り フレッシュアイペディアより)

  • 阿部薫 (ドラマー)

    阿部薫 (ドラマー)から見た槇原敬之槇原敬之

    松本孝弘とはTM NETWORKのサポートで知り合い、彼の実力を高く評価した松本はB'zのアルバム『BREAK THROUGH』のレコーディングやツアーでも参加を依頼し、RISKYツアーにも参加を強く希望したが、彼はTMNの『RHYTHM RED』ツアーに参加することが決まっていた。さらに合間を縫ってWinkや槇原敬之のライブにも参加しており、どうしてもスケジュールが合わない。松本はTMとの恩義を優先し、彼の参加を断念したといわれている。阿部薫 (ドラマー) フレッシュアイペディアより)

  • サワー沢口

    サワー沢口から見た槇原敬之槇原敬之

    豊川悦司や吉川晃司、槇原敬之、渡部篤郎などのモノマネ。サワー沢口 フレッシュアイペディアより)

  • 朧月夜 (歌曲)

    朧月夜 (歌曲)から見た槇原敬之槇原敬之

    ポップスの歌手では、1986年には矢野顕子がビデオ『BROOCH』で、1998年には槇原敬之がカバー・アルバム『Listen To The Music』で、2004年には元の詩にさらに詩を加える形で、中島美嘉やマライア・キャリーが録音を発表した。朧月夜 (歌曲) フレッシュアイペディアより)

  • 藤田麻衣子の恋だ!愛だ?

    藤田麻衣子の恋だ!愛だ?から見た槇原敬之槇原敬之

    遠く遠く (オリジナル:槇原敬之藤田麻衣子の恋だ!愛だ? フレッシュアイペディアより)

406件中 61 - 70件表示

「槇原敬之」のニューストピックワード