169件中 101 - 110件表示
  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たSMILING 〜THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA〜

    5月10日 - 初のベストアルバム『“SMILING” ?THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA?』発売。オリコン1位を記録し、190万枚のセールスを記録。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見た覚せい剤取締法

    8月26日 - 覚せい剤所持が発覚。情報を得て内偵中だった警視庁本富士警察署の捜索を受けた際、自宅から発見され、覚せい剤取締法違反(所持)現行犯で10年来の友人の奥村秀一(現 ワーズアンドミュージック代表取締役社長)と共に逮捕された。本人がファンや関係者に向けて「多くの方達に取り返しのつかないご迷惑をかけてしまい、お詫びする気持ちをどう表現して良いかわかりません。潔く罪を認め、いかなる処分も受けなければならないと思っております」とコメントし、謝罪した。同年9月3日にはMDMA所持が発覚した。これらの薬物は槇原・奥村の共通の知人から入手したものだった。逮捕のため9月から予定されていたコンサートツアーの中止やCDが発売元のレコード会社によって店頭から回収される動きがあり、このときファンが買いに走ったために、過去の作品の売上が伸びるという現象が起こった。また、この逮捕により一時期は7億円もの借金を抱えた。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たフレンチ・ブルドッグ

    大阪府立春日丘高等学校卒業、青山学院大学文学部第二部英米文学科中退。大の愛犬家で、2014年1月現在はフレンチ・ブルドッグを5匹、パグを1匹飼っている。彼らを元にした短編アニメ『ぶっぷな毎日』ではナレーターとご主人様役でレギュラー出演している。大阪出身ながら広島カープファン。愛称は「マッキー」。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たListen To The Music 3

    1月22日 - カバーアルバム『Listen To The Music 3』をリリース。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見た英語

    7月25日 - 同プライベートレーベルより全曲ネイティブ・スピーカーによる英語詞のアルバム『ver.1.0E LOVE LETTER FROM THE DIGITAL COWBOY』発売。同アルバム発売直前に発売されたシングル「COWBOY」のPVはイギリスのデザイン集団Me Companyが制作、CGを駆使したアニメーション作品が話題を呼ぶ。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たEARLY 7 ALBUMS

    9月19日 - ワーナー初期のアルバムを集めた7枚組BOX「EARLY 7 ALBUMS」発売。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たパグ

    大阪府立春日丘高等学校卒業、青山学院大学文学部第二部英米文学科中退。大の愛犬家で、2014年1月現在はフレンチ・ブルドッグを5匹、パグを1匹飼っている。彼らを元にした短編アニメ『ぶっぷな毎日』ではナレーターとご主人様役でレギュラー出演している。大阪出身ながら広島カープファン。愛称は「マッキー」。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見た青山学院大学

    大阪府立春日丘高等学校卒業、青山学院大学文学部第二部英米文学科中退。大の愛犬家で、2014年1月現在はフレンチ・ブルドッグを5匹、パグを1匹飼っている。彼らを元にした短編アニメ『ぶっぷな毎日』ではナレーターとご主人様役でレギュラー出演している。大阪出身ながら広島カープファン。愛称は「マッキー」。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たジョージア (缶コーヒー)

    4月15日 - 初のアリーナツアー「GEORGIA PRESENTS 槇原敬之 CONCERT TOUR '98“It's a LOVELY PLACE !”?春だ!桜だ!マキハラ君祭り!!?」開催。 4月30日まで全国5カ所、7公演を行う。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たライナーノーツ

    高校在学中の16歳時、坂本龍一が当時担当していたNHK-FM放送の番組『サウンドストリート』のデモテープコーナーに、アーティスト名「C・M・C」(コンプレッサーズ・ミュージック・クラブ)として「HALF」という楽曲を応募する。楽曲を聴いた坂本から「良いバランスで仕上がっている。言う事なし」と絶賛を得て、番組では異例のフルコーラスが放送された。同曲は、その後、同企画での優秀作品をまとめたコンピレーション・アルバム『Demo Tape-1』(MIDI)に収録された。同曲を制作したアーティスト「C・M・C」は実質槇原の1人ユニットであり、『Demo Tape-1』のライナーノーツにも、「作詞・作曲・歌・演奏-槇原敬之」とクレジットされている。同曲のレコーディングとミキシングエンジニアを担当していた沢田知久は、中学校当時から槇原の親友であり、槇原のメジャーデビュー後にも彼の楽曲制作にエンジニアとして参加している。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

169件中 101 - 110件表示