169件中 121 - 130件表示
  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たMakihara Noriyuki Concert Tour 2011-12 "Heart to Heart"

    4月25日 - シングル「恋する心達のために」とライブDVD『Makihara Noriyuki Concert Tour 2011-12 "Heart to Heart"』を同時リリース。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たコマーシャルソング

    6月10日 - 3枚目シングル「どんなときも。」をリリース。同曲は、映画『就職戦線異状なし』主題歌、ケンタッキーフライドチキンのCMソングに選ばれるなど話題となり、シングル、アルバム通じて自身初のミリオンセラーとなった。これらの活躍により、同年の第42回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。また、同曲は翌1992年の春の選抜高校野球入場行進曲にも選ばれた。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たはい、槇原です。

    はい、槇原です。(TBSラジオ、2011年4月9日 - 2011年12月31日)槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たシンガーソングライター

    槇原 敬之(まきはら のりゆき、1969年5月18日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見た技術者

    高校在学中の16歳時、坂本龍一が当時担当していたNHK-FM放送の番組『サウンドストリート』のデモテープコーナーに、アーティスト名「C・M・C」(コンプレッサーズ・ミュージック・クラブ)として「HALF」という楽曲を応募する。楽曲を聴いた坂本から「良いバランスで仕上がっている。言う事なし」と絶賛を得て、番組では異例のフルコーラスが放送された。同曲は、その後、同企画での優秀作品をまとめたコンピレーション・アルバム『Demo Tape-1』(MIDI)に収録された。同曲を制作したアーティスト「C・M・C」は実質槇原の1人ユニットであり、『Demo Tape-1』のライナーノーツにも、「作詞・作曲・歌・演奏-槇原敬之」とクレジットされている。同曲のレコーディングとミキシングエンジニアを担当していた沢田知久は、中学校当時から槇原の親友であり、槇原のメジャーデビュー後にも彼の楽曲制作にエンジニアとして参加している。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見た君は誰と幸せなあくびをしますか。

    9月25日 - 2ndアルバム『君は誰と幸せなあくびをしますか。』をリリース。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見た不安の中に手を突っ込んで

    6月30日 - 17thアルバム『不安の中に手を突っ込んで』をリリース。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見た悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。

    11月7日 - 15thアルバム『悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。』をリリース。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たWho cares?

    Who cares\?(bayfm、2015年10月4日 - )槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見た市原市市民会館

    9月24日 - 2012年1月まで行われるコンサートツアー「Makihara Noriyuki Concert Tour 2011-12“Heart to Heart”」が千葉県の市原市市民会館よりスタート。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

169件中 121 - 130件表示