169件中 31 - 40件表示
  • 槇原敬之

    槇原敬之から見た東芝EMI

    東芝EMI(現:EMIミュージックジャパン)(2004年 - 2006年)槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たBEAMS

    10月 - デビュー20周年記念ライブとなる「NORIYUKI MAKIHARA SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT "cELEBRATION 2010"〜Sing Out Gleefully!〜Supported by BEAMS」を大阪城ホールと日本武道館にて開催。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たFM802

    MUSIC GUMBO(FM802、1991年 - 1994年、KANと隔週で日曜を担当)槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たEMIミュージック・ジャパン

    レコード会社をEMIミュージック・ジャパンに移籍。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たTBSテレビ

    8月25日 - 12thシングルTBS系ドラマ「男嫌い」主題歌「SPY」をリリース。オリコン1位を記録し、80万枚を売り上げる。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たベイエフエム

    Who cares?(bayfm、2015年10月4日 - )槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たケンタッキーフライドチキン

    6月10日 - 3枚目シングル「どんなときも。」をリリース。同曲は、映画『就職戦線異状なし』主題歌、ケンタッキーフライドチキンのCMソングに選ばれるなど話題となり、シングル、アルバム通じて自身初のミリオンセラーとなった。これらの活躍により、同年の第42回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。また、同曲は翌1992年の春の選抜高校野球入場行進曲にも選ばれた。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たエフエム大阪

    槇原敬之とキタモンダ (FM大阪、1990年 - 1991年)槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たNHK-FM放送

    高校在学中の16歳時、坂本龍一が当時担当していたNHK-FM放送の番組『サウンドストリート』のデモテープコーナーに、アーティスト名「C・M・C」(コンプレッサーズ・ミュージック・クラブ)として「HALF」という楽曲を応募する。楽曲を聴いた坂本から「良いバランスで仕上がっている。言う事なし」と絶賛を得て、番組では異例のフルコーラスが放送された。同曲は、その後、同企画での優秀作品をまとめたコンピレーション・アルバム『Demo Tape-1』(MIDI)に収録された。同曲を制作したアーティスト「C・M・C」は実質槇原の1人ユニットであり、『Demo Tape-1』のライナーノーツにも、「作詞・作曲・歌・演奏-槇原敬之」とクレジットされている。同曲のレコーディングとミキシングエンジニアを担当していた沢田知久は、中学校当時から槇原の親友であり、槇原のメジャーデビュー後にも彼の楽曲制作にエンジニアとして参加している。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たニッポン放送

    槇原敬之のオールナイトニッポン(ニッポン放送火曜第2部、1991年 - 1992年)槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

169件中 31 - 40件表示