前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示
  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破から見た樋口真嗣樋口真嗣

    朝の街のシーンで、1979年の邦画『太陽を盗んだ男』のBGM「YAMASHITA」が使用されている。この作品は以前より、絵コンテで参加している樋口真嗣が、敬愛する作品だと公言している。ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 フレッシュアイペディアより)

  • ガメラ

    ガメラから見た樋口真嗣樋口真嗣

    徳間書店グループ下の新会社として再建された大映は、当時の徳間グループによるメディアミックス戦略の一環として『ゴジラ』に対抗しうる特撮映画を製作する事を検討。その結果、前述した通りの人気を持っていたガメラに着目。新たなる『ガメラ』の製作を決定した。この結果作られた新『ガメラ』は、それまでの怪獣映画にはないリアリティを追求した脚本と大胆にCGを導入した映像が話題を呼んで大ヒットを記録した。これにより往年のファンだけでなく新たなファンの獲得にも成功。引き続き製作された2作品と合わせて後に「平成三部作」と呼ばれ、当初の構想通り『ゴジラ』に比肩する怪獣映画としての地位を不動のものとした。また、平成三部作によって、すでにヒットメーカーとして知られていた金子修介(本編)だけでなく、特撮を担当した樋口真嗣の名も世に知らしめることとなった。なお、低年齢層も視聴するゴジラシリーズ他の一般的な日本製怪獣・特撮映画と比較すると、「(効果音付きで)人が食べられる」「一般市民が襲われ多量の出血をともなって死亡する」など残酷なシーンが見受けられるが、これは監督の金子が本シリーズの対象年齢を「小学校高学年あたり」としていることによる。ガメラ フレッシュアイペディアより)

  • 細田守

    細田守から見た樋口真嗣樋口真嗣

    富野由悠季は文化庁メディア芸術祭にて『時をかける少女』を「実写よりはるかにいい。アニメの壁を外している」「『日本沈没』よりいい」と(樋口真嗣の前で)高評価を下し、樋口を苦笑させた。しかし一方で「高校生たちの告白したいという台詞がSEXしたいと聞こえる」「キャラクターが活かし切れていない」とも評価した。スケジュールの都合で富野が去った後、細田は「富野監督が帰る前に、アメリカではSEXの匂いがしないと言われたんですよと言うべきでした」と言った。細田守 フレッシュアイペディアより)

  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qから見た樋口真嗣樋口真嗣

    画コンテ:鶴巻和哉、樋口真嗣、摩砂雪、前田真宏、小松田大全、轟木一騎、庵野秀明ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンドレッド

    ヴァンドレッドから見た樋口真嗣樋口真嗣

    監督 - もりたけし、樋口真嗣(『胎動篇』、『激闘篇』)ヴァンドレッド フレッシュアイペディアより)

  • 苫小牧市

    苫小牧市から見た樋口真嗣樋口真嗣

    のぼうの城(監督:犬童一心、樋口真嗣、主演:野村萬斎)苫小牧市 フレッシュアイペディアより)

  • ふしぎの海のナディア

    ふしぎの海のナディアから見た樋口真嗣樋口真嗣

    なお、監督の樋口によると当初は「実は宇宙人」との設定が庵野の構想にあり、最終回にはキングの着ぐるみを脱いで正体を現す予定だったが、周囲の反対で没になったとの経緯がある。南の島編以降の人間じみた振る舞いも、。ふしぎの海のナディア フレッシュアイペディアより)

  • ゴンゾ

    ゴンゾから見た樋口真嗣樋口真嗣

    1992年、ガイナックスを退社した村濱章司と前田真宏、山口宏、樋口真嗣によってクリエイターの事務所として発足。同年9月11日、村濱が有限会社ゴンゾを設立。法人としてのゴンゾは村濱個人の企業であり、前田、山口宏、樋口らは役員ではなくフリーとしてゴンゾに出入りしていたという。社名は樋口の発案でイタリア語で「馬鹿」を意味する「gonzo」から変に賢くなることがないようにと付けられたもの。村濱によると樋口の発案なのは同様だが、ハンター・S・トンプソンの呼称「ゴンゾ・ジャーナリスト」から取られたとしている。イタリア語で「馬鹿」を意味するのは後で知ったことである。ゴンゾ フレッシュアイペディアより)

  • 犬童一心

    犬童一心から見た樋口真嗣樋口真嗣

    のぼうの城(2012年、樋口真嗣との共同監督)犬童一心 フレッシュアイペディアより)

  • 日本沈没

    日本沈没から見た樋口真嗣樋口真嗣

    TBSなどが製作費20億円を投じて、東宝の配給で2006年7月15日公開された。監督は、1973年版の映画を「自分が映画制作を志すきっかけとなった作品」と語る樋口真嗣が務めた。2006年公開映画では国内興行順位第4位となる53億4000万円のヒットとなった。日本沈没 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示

「樋口真嗣」のニューストピックワード