209件中 11 - 20件表示
  • 太陽を盗んだ男

    太陽を盗んだ男から見た樋口真嗣樋口真嗣

    主人公が原爆完成の嬉しさのあまり、ガイガーカウンターをマイク代わりにしてはしゃぐシーンは、沢田のアドリブだという。2001年にはアミューズピクチャーズ(現:ショウゲート)からDVD化され、映像特典として『11PM』(読売テレビ制作)による本作の特集や長谷川監督の友人でもある上田正樹が本作のロケ地を案内する番組、本作の熱烈なファンを自認する永瀬正敏と樋口真嗣が長谷川に挑むスペシャル・トーク・セッションなどが収録された。太陽を盗んだ男 フレッシュアイペディアより)

  • 岩井俊二

    岩井俊二から見た樋口真嗣樋口真嗣

    日本沈没 - 1973年公開の原作小松左京、脚本橋本忍、監督森谷司郎によるヒット作のリメイク企画。脚本執筆段階で岩井は降板し、後に樋口真嗣監督で2006年に映画化。岩井俊二 フレッシュアイペディアより)

  • 日本沈没

    日本沈没から見た樋口真嗣樋口真嗣

    TBSなどが製作費20億円を投じて、東宝の配給で2006年7月15日公開された。監督は、1973年版の映画を「自分が映画制作を志すきっかけとなった作品」と語る樋口真嗣が務めた。主演は、草彅剛。初登場ランキング1位となり、興行53億4000万円の大ヒットとなった。海外の多数の国でも公開されている。日本沈没 フレッシュアイペディアより)

  • 犬童一心

    犬童一心から見た樋口真嗣樋口真嗣

    のぼうの城(2012年、樋口真嗣との共同監督)犬童一心 フレッシュアイペディアより)

  • 黒澤明

    黒澤明から見た樋口真嗣樋口真嗣

    『飛ぶ〜こんな夢を見た』(1999年製作、樋口真嗣監督 / 劇場未公開)- 原作 『夢』より黒澤明 フレッシュアイペディアより)

  • ふしぎの海のナディア

    ふしぎの海のナディアから見た樋口真嗣樋口真嗣

    なお、監督の樋口によると当初は「実は宇宙人であり、最終回には着ぐるみを脱いで正体を現す予定」だったが、周囲の反対で没になった。ふしぎの海のナディア フレッシュアイペディアより)

  • 庵野秀明

    庵野秀明から見た樋口真嗣樋口真嗣

    別名義として、アニメーションを手がける際のあんの ひであきやアンノ ヒデアキ、作詞家としての空母そ・そ・そ・そ、樋口真嗣との作詞コンビHIDE&シンディー♡などがある。庵野秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 草なぎ剛

    草なぎ剛から見た樋口真嗣樋口真嗣

    SF作家の小松左京から「草彅君にやってもらいたかった」と指名され、小松原作の2006年に公開された超大作映画『日本沈没』で主演を務めた。本作は邦画では破格の製作費が投じられた。なお、小松の映像化作品の遺作となった。本作の監督樋口真嗣は草彅について、役が憑依しコントロール自在なさまを目の当たりにして驚いたことを述べている。草なぎ剛 フレッシュアイペディアより)

  • 塩川渉

    塩川渉から見た樋口真嗣樋口真嗣

    「進撃の巨人ATTACK ON TITAN(前篇)」(2015年8月1日公開、監督:樋口真嗣塩川渉 フレッシュアイペディアより)

  • ゴンゾ

    ゴンゾから見た樋口真嗣樋口真嗣

    1992年、ガイナックスを退社した村濱章司と前田真宏、山口宏、樋口真嗣によってクリエイターの事務所として発足。同年9月11日、村濱が有限会社ゴンゾを設立。法人としてのゴンゾは村濱個人の企業であり、前田、山口宏、樋口らは役員ではなくフリーとしてゴンゾに出入りしていたという。社名は樋口の発案でイタリア語で「馬鹿」を意味する「gonzo」から変に賢くなることがないようにと付けられたもの。村濱によると樋口の発案なのは同様だが、ハンター・S・トンプソンの呼称「ゴンゾ・ジャーナリスト」から取られたとしている。イタリア語で「馬鹿」を意味するのは後で知ったことである。ゴンゾ フレッシュアイペディアより)

209件中 11 - 20件表示

「樋口真嗣」のニューストピックワード