137件中 31 - 40件表示
  • 奥田浩史

    奥田浩史から見た樋口真嗣樋口真嗣

    奥田 浩史(おくだ ひろし)は、日本の男性映像編集技師。日本アカデミー賞優秀編集賞を受賞(第27回・第29回)。主に邦画(実写、アニメーション)の映像編集を行う。庵野秀明、樋口真嗣両監督作品に馴染みが深い。奥田浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 地底戦車

    地底戦車から見た樋口真嗣樋口真嗣

    古河ロックドリルのドリルジャンボ、ワークステーションは幾つもの可動式のアームを持った掘削機械で、掘削やシールドの設営など作業に応じてアームを使い分けている。3ブームシャフトジャンボは機動警察パトレイバーに登場する「ぴっけるくん」を思わせる外観であったり、樋口真嗣がワークステーションの作業の様子を特撮映画風に構成したPVを監修しているなど、巨大ロボ然とした外観が特徴である。地底戦車 フレッシュアイペディアより)

  • 潜水艦イ-57降伏せず

    潜水艦イ-57降伏せずから見た樋口真嗣樋口真嗣

    本作品に影響を受けたと監督の樋口真嗣自身が語っている。しかし、原作本「終戦のローレライ」著者の福井晴敏はその事に関し言及していない。潜水艦イ-57降伏せず フレッシュアイペディアより)

  • 前田真宏 (アニメ監督)

    前田真宏 (アニメ監督)から見た樋口真嗣樋口真嗣

    『風の谷のナウシカ』で原画を担当したことがきっかけで、二馬力と交流を持ち、スタジオジブリ作品(『天空の城ラピュタ』)の制作には先に参加していた『王立宇宙軍 オネアミスの翼』 の現場を休んで参加するほど入れ込んでいた。ラピュタでは劇中終盤のラピュタ崩壊場面を担当しているが、この場面には一緒に落下するムスカが描かれている。もちろん前田が描いているのだが、これは前田の遊びではなく、事前に宮崎駿がコンテで指定したものである。その後ガイナックスにも所属していたが、方向性の違いにより、1992年、村濱章司・樋口真嗣・山口宏らと共にアニメーションスタジオゴンゾを設立する。前田真宏 (アニメ監督) フレッシュアイペディアより)

  • 神農 幸

    神農幸から見た樋口真嗣樋口真嗣

    東京ネットムービーフェスティバルにて、樋口真嗣賞とスクリーニング・オーディエンス賞(観客賞にあたる)をダブル受賞。神農幸 フレッシュアイペディアより)

  • センス・オブ・ジェンダー賞

    センス・オブ・ジェンダー賞から見た樋口真嗣樋口真嗣

    特別賞 - 樋口真嗣 映画『日本沈没』センス・オブ・ジェンダー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 上橋菜穂子

    上橋菜穂子から見た樋口真嗣樋口真嗣

    文庫本版の装画は原島順、装丁は樋口真嗣上橋菜穂子 フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県立古河第三高等学校

    茨城県立古河第三高等学校から見た樋口真嗣樋口真嗣

    樋口真嗣(特技監督・映画監督)茨城県立古河第三高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 巨神兵

    巨神兵から見た樋口真嗣樋口真嗣

    2012年7月から東京都現代美術館で開催された「館長 庵野秀明 特撮博物館 -ミニチュアで見る昭和平成の技-」にて、スタジオジブリ製作の短編映画『巨神兵東京に現わる』が特別上映された。企画は庵野秀明、監督は樋口真嗣、プロデューサーは鈴木敏夫、造型デザインは竹谷隆之。撮影はCGを使用せず、ミニチュア特撮で行われた。作者の宮崎駿からは「ナウシカは出すな」という条件で製作の承諾を得たという。巨神兵 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙貨物船レムナント6

    宇宙貨物船レムナント6から見た樋口真嗣樋口真嗣

    WOWOWの仙頭武則プロデューサーの原案をもとに、国内SF・アニメ・特撮分野の専門家が参加している。SF考証はSF翻訳家・評論家の堺三保。メカニックデザインはアニメマクロスシリーズの河森正治。特撮は怪獣映画平成ガメラシリーズの樋口真嗣と佐藤敦紀。「総合監修」とクレジットされている押井守は、シナリオ検討時のアドバイス(民間客船から軍用貨物船への設定変更)、樋口らスタッフの紹介、作品タイトルの命名に協力している。宇宙貨物船レムナント6 フレッシュアイペディアより)

137件中 31 - 40件表示

「樋口真嗣」のニューストピックワード