209件中 51 - 60件表示
  • おたくのビデオ

    おたくのビデオから見た樋口真嗣樋口真嗣

    自主映画のDAICON FILM、ゼネラルプロダクツをモデルにしたホビーショップなど、ガイナックスの自叙伝的な側面もある。「おたくの肖像」という随所に挿入された実写パートは、おたくの生態のフェイクドキュメンタリーで、撮影と演出は樋口真嗣が担当し、このパートの出演者はガイナックス関係者である。実写を挿入した意図は低予算で作ろうというもので、制作予算は50分ぶんをもらいながら、実写を挿入したおかげでアニメ制作費はその半分の予算で済み、実写部分についても出演者がガイナックス社員らでスタッフも仲間内ということで安上がりに仕上った。フェイクドキュメンタリーではあるが、彼らは本物のおたくであり、台詞はシナリオを元にしてアドリブを適当に交えている。佐藤裕紀のガレージキットおたくの部分のみはやらせなしのドキュメントとなっている。おたくのビデオ フレッシュアイペディアより)

  • デモ田中

    デモ田中から見た樋口真嗣樋口真嗣

    映画「進撃の巨人」樋口真嗣監督(2015年)デモ田中 フレッシュアイペディアより)

  • 巨神兵

    巨神兵から見た樋口真嗣樋口真嗣

    2012年7月から東京都現代美術館で開催され、その後全国を巡回した「館長 庵野秀明 特撮博物館 -ミニチュアで見る昭和平成の技-」にて、スタジオジブリ製作の短編映画『巨神兵東京に現わる』が特別上映された。企画は庵野秀明、監督は樋口真嗣、プロデューサーは鈴木敏夫、造型デザインは竹谷隆之。撮影はCGを使用せず、ミニチュア特撮で行われた。作者の宮崎駿からは、「ナウシカは出すな」という条件で製作の承諾を得たという。巨神兵 フレッシュアイペディアより)

  • 6ステイン

    6ステインから見た樋口真嗣樋口真嗣

    樋口真嗣 - 本作の装幀を担当。6ステイン フレッシュアイペディアより)

  • 岩田有弘

    岩田有弘から見た樋口真嗣樋口真嗣

    日本沈没(2006年、監督:樋口真嗣岩田有弘 フレッシュアイペディアより)

  • 種田陽平

    種田陽平から見た樋口真嗣樋口真嗣

    日本沈没(2006年、樋口真嗣監督)- 美術アドバイザー種田陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の映画

    2015年の映画から見た樋口真嗣樋口真嗣

    4月1日 - 2016年公開の『ゴジラ』の総監督、脚本に庵野秀明に決定。監督、特技監督は樋口真嗣が務める。2015年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 吸血鬼ゴケミドロ

    吸血鬼ゴケミドロから見た樋口真嗣樋口真嗣

    2003年4月25日に松竹からニューテレシネ・デジタルリマスター修復版DVDが発売。同日に『宇宙大怪獣ギララ』『昆虫大戦争』『吸血髑髏船』とセットになったDVD-BOX『S-F CUBE』も発売された。映像特典として高英男インタビューと鷺巣富雄インタビューを、音声特典には樋口真嗣とみうらじゅんによるカウチコメンタリーを収録している。『S-F CUBE』にはヴィネットタイプフィギュアも付属する。吸血鬼ゴケミドロ フレッシュアイペディアより)

  • 村杉 蝉之介

    村杉蝉之介から見た樋口真嗣樋口真嗣

    怪獣映画のファンだと『日本沈没』で彼を起用した樋口真嗣が語っている。村杉蝉之介 フレッシュアイペディアより)

  • リターナー

    リターナーから見た樋口真嗣樋口真嗣

    その他(ゲスト出演) - 石井愃一、PATRICK(パトリック・ハーラン)、樋口真嗣、神谷誠、加藤將、豊田泰雄、杉本なつみ、稲宮誠、森永健司リターナー フレッシュアイペディアより)

209件中 51 - 60件表示

「樋口真嗣」のニューストピックワード