前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • 菊池新吉

    菊池新吉から見た権田修一権田修一

    1993年にはシーズン16完封の未だに残るJ1記録(2009年、FC東京の権田修一が並ぶ)、1stステージ2位と2ndステージ制覇と初代王座、1994年にはJリーグベストイレブン・日本代表にも選出され2年連続チャンピオンに貢献している。翌1995年もベストイレブンに選出された。1997年1月1日には第76回天皇杯全日本サッカー選手権大会を制覇している。菊池新吉 フレッシュアイペディアより)

  • 中野遼太郎

    中野遼太郎から見た権田修一権田修一

    4歳でサッカーを初め、中学・高校時代はFC東京の下部組織に所属した。高校3年時には主将・背番号10としてチームを牽引。ゲームをコントロールする役割を担った。同期には吉本一謙、森村昂太、権田修一、稲葉基輝らがいた。中野遼太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浜野征哉

    浜野征哉から見た権田修一権田修一

    2002年にFC東京に加入。土肥洋一、塩田仁史、権田修一らの指導に当たった。2011年からはFC東京U-15深川・U-15むさしのGKコーチに就任。浜野征哉 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部伸行

    阿部伸行から見た権田修一権田修一

    ルーキーイヤーとなる2007年には、塩田とベテランの土肥洋一の控えとしてリーグ戦4試合でベンチ入りしたが、土肥が退団した2008年には新加入の荻晃太が第2GKに据えられたためベンチ入りすらできなかった。2009年は、塩田が虫垂炎・腸閉塞を発症するなどシーズン開幕前からGKに離脱者が相次いだが、自身もキャンプでフルメニューをこなすことができず、結局、若手の権田修一が開幕スタメンを務め、そのまま正GKとして定着。出場機会を得られずに2010年限りで退団した。2008年から2010年にはJリーグ選手協会の副支部長を務めている。阿部伸行 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤駿介

    安藤駿介から見た権田修一権田修一

    2012年、ロンドンオリンピックサッカー男子代表に選出。正GKには権田修一が据えられ、出場機会は得られなかった。安藤駿介 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本一謙

    吉本一謙から見た権田修一権田修一

    2007年から森村昂太、権田修一とともにFC東京トップチームに昇格。開幕戦となる2007年リーグ第1節の対広島戦で、原博実監督に抜擢され先発でプロデビューを果たしたが、広島の佐藤寿人・ウェズレイの2トップに翻弄され、前半30分までに3点を奪われてそこで途中交代。苦難のデビュー戦となり、ルーキーイヤーはこの開幕戦を最後にリーグでの出場はなかった。吉本一謙 フレッシュアイペディアより)

  • 桐畑和繁

    桐畑和繁から見た権田修一権田修一

    2007年、権田修一の負傷により、繰上げでU-20ワールドカップに臨むU-20日本代表に選出された。桐畑和繁 フレッシュアイペディアより)

  • 林彰洋

    林彰洋から見た権田修一権田修一

    所属クラブが経営難に陥ったこともあって国内復帰を検討し、2012年1月24日にヴィッセル神戸の練習に参加。2月6日には清水エスパルスの練習に参加し、2月15日に清水と正式契約を結ぶ。加入早々に山本海人からレギュラーを奪うと、3月10日のJリーグ開幕戦でスタメン出場。4月22日にはアルベルト・ザッケローニ監督により5年ぶりに日本代表に招集された。6月14日、若手で経験値のあるGKとしてロンドンオリンピックに臨むU-23日本代表の予備登録メンバーにオーバーエイジ枠で選出されたが、権田修一の控えという位置付けだったことが清水側の反発を招き、結局バックアップメンバーという形での選出になり、本大会にはベンチ入りしなかった。林彰洋 フレッシュアイペディアより)

  • 森村昂太

    森村昂太から見た権田修一権田修一

    2007年に権田修一、吉本一謙とともにユースからトップチームに昇格。開幕前に行なわれたプレシーズンマッチでトップ下として抜擢起用されると、多数の観客の中でも柔らかいボールタッチで前線に好配球を見せ、期待の若手として注目の存在となった。ほどなく公式戦デビューも記録。原博実監督は「うまさがあって、パスが出せて、ドリブルもできて、シュートも出来る。」と評価していた。森村昂太 フレッシュアイペディアより)

  • ダニルソン・コルドバ

    ダニルソン・コルドバから見た権田修一権田修一

    また、「チャンスがあれば狙っている」というミドルシュートも持ち味の一つ。札幌への加入直後、キャンプ中に行われた練習試合FC東京戦では、ミドルシュートとフリーキックで2ゴールを奪う。ミドルシュートは25メートルほどの距離からのブレ球で、東京ゴールキーパーの権田修一は一歩も動くことが出来なかった。名古屋のGMを務める久米一正は「一人だけシュートの音が違う」とそのシュート力を表現している。また、利き足ではない右足でも迫力のあるシュートを見せる。ダニルソン・コルドバ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示

「権田修一」のニューストピックワード