1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • 塩田仁史

    塩田仁史から見た権田修一権田修一

    2009年1月下旬のグアムキャンプで体調に異変を感じ急遽帰国。当初は熱中症と診断されたが、1週間後に虫垂炎であることが判明し入院、手術を受けた。術後合併症による麻痺性腸閉塞を併発したため1ヶ月半の入院治療を強いられ、開幕スタメンを20歳の権田修一に譲った。3月19日に退院し、リハビリを開始。4月から部分的にチーム練習に合流。7月29日のナビスコカップ準決勝第2戦名古屋戦において先発出場を果たすが、この試合を含め3試合出場で4失点を喫しており、権田からレギュラーを奪い返すには至らなかった。2010年も引き続き権田の控えを務めるも、チームはJ2降格となり、同年限りで契約が切れることもあって複数のJ1クラブからオファーを受けたが残留を表明。塩田仁史 フレッシュアイペディアより)

  • 常澤聡

    常澤聡から見た権田修一権田修一

    2011年よりGKコーチの山岸範之とともにFC東京へ加入。しかし、塩田仁史・権田修一に次ぐ第3GKの立場にとどまっていた。常澤聡 フレッシュアイペディアより)

  • 3月3日

    3月3日から見た権田修一権田修一

    1989年 - 権田修一、サッカー選手3月3日 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー日本代表

    サッカー日本代表から見た権田修一権田修一

    最も大きな数の背番号をつけ日本代表の公式戦に出場したのは権田修一(88番、AFCアジアカップ2011予選大会、対イエメン、アウェー戦)。サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • FC東京

    FC東京から見た権田修一権田修一

    城福体制2年目。福岡から中村北斗、水戸から平松大志を獲得した。序盤戦は低迷するが、MF今野泰幸をCBにコンバートし、ブルーノ・クアドロスとコンビを組ませ、またボランチに梶山陽平と高卒ルーキー米本拓司を固定した頃から守備が安定。更に、石川直宏の24試合で15得点を挙げる大活躍によってリーグ戦の順位も上がり、ACL出場圏内入りは逃したものの5位に入った。また、長友佑都と石川がJリーグベストイレブンに選出された。2名が受賞したのはクラブ初。また、GK権田修一がリーグ戦の年間完封試合数タイ記録を打ち立てた。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年

    1989年から見た権田修一権田修一

    3月3日 - 権田修一、サッカー選手1989年 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示

「権田修一」のニューストピックワード