33件中 11 - 20件表示
  • 森村昂太

    森村昂太から見た権田修一権田修一

    兄の影響で5歳の時にサッカーを始める。小学校6年次に東京都の選抜チームに選ばれ関東大会に出場。同時期にFC東京U-15のセレクションを受ける。くしくもFC東京がJ1に昇格し知名度が急上昇した時期と重なり、かつてない狭き門となったセレクションに合格しての入団であった。同期には権田修一、吉本一謙、稲葉基輝、城間由太、中野遼太郎など。U-15では攻撃的な左サイドバックとしてクロスでのアシストを量産。2003年のU-15クラブユース選手権ではチーム初優勝に大きく貢献し、最優秀選手に選出された。U-18に昇格すると倉又寿雄監督によってFWへコンバートされ、プレーの幅を広げた。2006年はJサテライトリーグ4試合にフル出場。同年、Jリーグユース選手権では決勝戦に進出したが、対戦相手広島ユースの森山佳郎監督から「FC東京U-18はとにかく彼(森村)が起点。彼が絡んでパス&ムーブでしかけてくるチーム」とマークを徹底され、準優勝に終わった。森村昂太 フレッシュアイペディアより)

  • 井上亮太

    井上亮太から見た権田修一権田修一

    3歳でサッカーを始め、小学校3年でGKに転向した。中学・高校生時にはFC東京の下部組織に在籍。先輩の権田修一、廣永遼太郎、田端信成の壁は厚く、FC東京U-18では3年時まで正GKの座を掴めずにいたが、2008年のクラブユース選手権では、全6試合中5試合を無失点に抑え優勝に貢献した。同期は山崎侑輝、三田啓貴、岩渕良太、畑尾大翔、平野又三、藤原広太朗、山村佑樹など。井上亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 榎本達也

    榎本達也から見た権田修一権田修一

    2015年、FC東京へ完全移籍。第2GKとしてベンチ入りを続け、8月以降は離脱した正GK権田修一に代わって5年ぶりのJ1リーグ戦出場を果たした。的確な判断とポジショニングで好守を続けていたが、ナビスコカップ準々決勝・鹿島戦では自身のミスから大敗を招き以後は新加入のブラダ・アブラモフにポジションを明け渡した。2016年はベンチ外になる試合も多かったが、たとえ控えでも自分がチームを支えているという自負をもって先発選手を送り出す姿勢は他の選手に大きな影響を与えた。同年末、契約満了により退団。榎本達也 フレッシュアイペディアより)

  • 常澤聡

    常澤聡から見た権田修一権田修一

    2011年よりGKコーチの山岸範之と共にFC東京へ加入したが、塩田仁史・権田修一に次ぐ第3GKの立場に留まった。同年結婚。常澤聡 フレッシュアイペディアより)

  • 上里一将

    上里一将から見た権田修一権田修一

    背番号は前年に前田俊介が背負っていた背番号32を与えられる。この年のFC東京はJ2ながら日本代表の今野泰幸、権田修一、石川直宏をはじめ、徳永悠平、森重真人、高橋秀人、梶山陽平ら実力者を擁し、Jリーグ全体としても屈指の戦力を有していた為に激しいポジション争いを強いられた。シーズン開幕前のキャンプでは左サイドハーフ、左サイドバックとしての適性も見せたが、リーグ戦が始まるとこれらのポジションでは、前年にセリエAに移籍した長友佑都の穴を埋める活躍を見せていた中村北斗や、若手の田邉草民、椋原健太が主力として起用された。一方、監督の大熊清からは中盤での展開力を買われ主にセグンド・ボランチ(攻撃型ボランチ)として梶山陽平らとポジションを争った(梶山を前線に押し上げる形での併用もあった)。リーグ戦では開幕戦以外の全試合にベンチ入りを果たし、出場時間こそ多くなかったものの起用された試合では期待に応える働きを見せ、チームがJ1昇格を決めた11月19日のJ2第36節鳥取戦では後半ロスタイムに移籍後初ゴールを挙げるなどJ2優勝に貢献した1人となった。また、同年開催の天皇杯でも2回戦以降の全試合にベンチ入りし、チームは優勝を果たすが上里の試合出場は適わなかった。シーズンオフの2012年1月10日にFC東京から上里の移籍期間満了が発表され、同日、徳島ヴォルティスに期限付き移籍する事が所属元の札幌・徳島双方から相次いで発表された。上里一将 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池新吉

    菊池新吉から見た権田修一権田修一

    1993年にはシーズン16完封の未だに残るJ1記録(2009年、FC東京の権田修一が並ぶ)、1stステージ2位と2ndステージ制覇と初代王座、1994年にはJリーグベストイレブン・日本代表にも選出され2年連続チャンピオンに貢献している。翌1995年もベストイレブンに選出された。1997年1月1日には第76回天皇杯全日本サッカー選手権大会を制覇している。菊池新吉 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部伸行

    阿部伸行から見た権田修一権田修一

    2005年にJFA特別指定選手となりFC東京の練習に参加、2007年に大学を卒業し、FC東京に正式に入団した。FC東京において下部組織から大学経由でトップチーム入りした例は阿部が初。2007年は、塩田と土肥洋一の控えとしてリーグ戦4試合でベンチ入りしたが、土肥が退団した2008年には新加入の荻晃太が第2GKに据えられ、ベンチ入りすらできなかった。2009年は、塩田が虫垂炎・腸閉塞を発症するなどシーズン開幕前からGKに離脱者が相次いだが、阿部もキャンプでフルメニューをこなすことができず、開幕スタメンには権田修一が入り、そのまま正GKとして定着。塩田もシーズン半ばに復帰したため、阿部が出場機会を得ることはなく、2010年限りで退団した。2008年から2010年にはJリーグ選手協会の副支部長を務めている。阿部伸行 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星拓

    赤星拓から見た権田修一権田修一

    2016年限りで林はFC東京へ移籍したが、2017年、新たに元日本代表・権田修一が加入すると開幕から正GKに定着。赤星は前年までと同じく主にサブメンバーを務め、リーグ戦2試合の出場に留まった。赤星拓 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のスポーツ

    1989年のスポーツから見た権田修一権田修一

    3月3日 - 権田修一(東京都、サッカー)1989年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 中野遼太郎

    中野遼太郎から見た権田修一権田修一

    4歳でサッカーを始め、中学・高校時代はFC東京の下部組織に所属した。高校3年時には背番号10を背負う主将としてチームを牽引。ゲームをコントロールする役割を担った。同期には吉本一謙、森村昂太、権田修一、城間由太、稲葉基輝らがいた。中野遼太郎 フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示

「権田修一」のニューストピックワード