101件中 31 - 40件表示
  • 権田修一

    権田修一から見たモンテディオ山形

    ながらく塩田仁史の控えとして過ごしていたが、2009年1月下旬に塩田が虫垂炎及び麻痺性腸閉塞による長期離脱を強いられ、更に阿部伸行もコンディション不良が目立ったことから、権田が開幕スタメンに抜擢され公式戦デビューすることとなった。その開幕戦ではアルビレックス新潟に4失点、第2節も浦和レッドダイヤモンズに3失点で開幕2連敗と苦いデビューとなったが、第3節でJ1初昇格のモンテディオ山形に完封勝利して以降は落ち着いたプレーを取り戻し、シュートに対する鋭い反応でチームに貢献。出場時間が規定に達しプロA契約選手となった。実質のデビューシーズンであったが、年間15完封というJ1リーグの個人記録(タイ記録)を達成し、チームの5位躍進に貢献。川崎フロンターレとのナビスコカップ決勝でもフル出場。チーム5年ぶりの優勝に貢献するとともにプロ初タイトルを獲得。無失点に抑え、当時の鬼武健二チェアマンからはMVP級の活躍だったと評価された。権田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 権田修一

    権田修一から見たサッカーアメリカ合衆国代表

    バスケットボール選手の両親を持つスポーツ一家で育つ。小学校時は川崎市内のサッカークラブに所属していたため、GKとして川崎市選抜・神奈川県選抜に選ばれていた。当時のお気に入りはアメリカ代表のトニー・メオラ。ユースチーム加入時には、横浜F・マリノスと川崎フロンターレのユースチームにも合格し、さらに神奈川県選抜時の監督から湘南ベルマーレへの勧誘を受けていたが、小学校時に近所のサッカースクールにFC東京がコーチングスタッフを派遣しており、権田が浅野寛文GKコーチの指導に好印象を受けた事と、そのスクール生には観戦チケットがプレゼントされ、駒沢陸上競技場にてJ2時代のFC東京の試合を生観戦したことなどが決め手となり、FC東京U-15への入団を選択した。2003年のクラブユース選手権で優勝し日本一を経験。権田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 権田修一

    権田修一から見たサッカーデンマーク代表

    好きなサッカー選手はデンマークのピーター・シュマイケル、「守りながら常に攻撃のことを考えている」ドイツのマヌエル・ノイアー、ビルドアップに長けるマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン。目標にしている選手はオーストリアのロベルト・アルマー。ホルンではスロベニア代表GKコーチニハード・ペコヴィッチの指導を受けており、兄弟子に当たる同代表GKサミール・ハンダノヴィッチ及びヤン・オブラクを参考にしている。権田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 権田修一

    権田修一から見たサッカースロベニア代表

    好きなサッカー選手はデンマークのピーター・シュマイケル、「守りながら常に攻撃のことを考えている」ドイツのマヌエル・ノイアー、ビルドアップに長けるマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン。目標にしている選手はオーストリアのロベルト・アルマー。ホルンではスロベニア代表GKコーチニハード・ペコヴィッチの指導を受けており、兄弟子に当たる同代表GKサミール・ハンダノヴィッチ及びヤン・オブラクを参考にしている。権田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 権田修一

    権田修一から見たトニー・メオラ

    バスケットボール選手の両親を持つスポーツ一家で育つ。小学校時は川崎市内のサッカークラブに所属していたため、GKとして川崎市選抜・神奈川県選抜に選ばれていた。当時のお気に入りはアメリカ代表のトニー・メオラ。ユースチーム加入時には、横浜F・マリノスと川崎フロンターレのユースチームにも合格し、さらに神奈川県選抜時の監督から湘南ベルマーレへの勧誘を受けていたが、小学校時に近所のサッカースクールにFC東京がコーチングスタッフを派遣しており、権田が浅野寛文GKコーチの指導に好印象を受けた事と、そのスクール生には観戦チケットがプレゼントされ、駒沢陸上競技場にてJ2時代のFC東京の試合を生観戦したことなどが決め手となり、FC東京U-15への入団を選択した。2003年のクラブユース選手権で優勝し日本一を経験。権田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 権田修一

    権田修一から見た東京サンレーヴス

    弟・権田隆人は、Bリーグ・東京サンレーヴスなどに所属したバスケットボール選手。権田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 権田修一

    権田修一から見た東京スタジアム (多目的スタジアム)

    2009年3月7日:Jリーグ初出場 - J1第1節 vsアルビレックス新潟 (味の素スタジアム)権田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 権田修一

    権田修一から見たAFC U-17選手権2004

    ユースではU-17日本代表に選ばれAFC U-17選手権2004で日本のゴールマウスを守った。権田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 権田修一

    権田修一から見た2014 FIFAワールドカップ

    2014年6月に開催された2014 FIFAワールドカップにも第3GKとして招集されたが、本大会での出場機会はなくチームもグループリーグで敗退した。権田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 権田修一

    権田修一から見たAFCアジアカップ2011 (予選)

    2009年12月21日にはアジアカップ最終予選・イエメン代表戦に向けたA代表に初招集され、2010年1月6日の試合では先発出場を果たし国際Aマッチデビューを飾った。権田修一 フレッシュアイペディアより)

101件中 31 - 40件表示