前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示
  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見た横尾忠則横尾忠則

    『ポップコーンの心霊術―横尾忠則論』1968年(昭和43年)三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 愛の疾走

    愛の疾走から見た横尾忠則横尾忠則

    横尾忠則は、三島が『ポップコーンの心霊術―横尾忠則論』の中で、幼い頃に便所で見ていた片脳油(樟脳白油、防臭殺虫液)の壜のレッテルについて回想する部分の、「子供にとつて最大の宇宙的無限の謎を誘起する(中略)それは、人が何か手にもつてゐる図柄の中に、又、人がそれを持つてゐる図柄があり、その中に又、人がそれを持つてゐる図柄がある、といふ無限小数的なデザインである。さういふ、悲しくなるほど永遠に遠ざかり深まつてゆくものを暗示したデザインこそ、あの糞臭と片脳油の匂ひのなかで鑑賞すべきものであつたのだ」という箇所に注目しながら、この『愛の疾走』が登場人物・大島十之助の書く小説でもあるという入れ子構造になっている点に触れ、「三島さんのモノマニアックな趣味が導入されており、(中略)この小説に不思議なマジカルな空間を張り巡らしている」と述べている。愛の疾走 フレッシュアイペディアより)

  • 飯田高誉

    飯田高誉から見た横尾忠則横尾忠則

    1980年よりフジテレビギャラリーに10年間在籍。パウル・クレー展、サルバドール・ダリ展、パブロ・ピカソ展、草間彌生展などの巡回展を国内外の美術館にて企画した。ギャラリーでは、草間彌生、横尾忠則、イヴ・クライン、ジム・ダイン、バリー・フラナガン展などに、フェリックス・ガタリ、ニューアカデミズムの思想家や文学者らの参加を要請して、美術界に止まらないディレクションを行った。飯田高誉 フレッシュアイペディアより)

  • 来住しげ樹

    来住しげ樹から見た横尾忠則横尾忠則

    1955年頃から画家活動。1973新構造社絵画部会員のち1983年審査会員、2008年退会、現在無所属。日本美術家連盟会員。現在美術家として活動。公的コレクション多数。壁画、モニュメントなど多数。現在、横尾忠則の作品収蔵と展示を行う「西脇市岡之山美術館」館長。アトリエは西脇市住吉町にある。著書多数。日刊紙にもコラム・論評など多数。来住しげ樹 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿泥棒日記

    新宿泥棒日記から見た横尾忠則横尾忠則

    一九六八年夏の土曜日午后五時半、新宿の紀伊國屋書店。青年(横尾忠則)が本を万引きして店を出ると、彼の手首を若い女(横山リエ)の手が掴む。彼女は店員として彼を社長田辺茂一氏のところへ突き出すのだった。青年は女に「明日また」と再犯を予告して実行し、女は青年をまた社長の前へ突き出す。社長は自著『裸像との対話』を青年に「謹呈」して、万引きをいちいち連れてこなくていいと女に言う。女は「このお店と社長さんが好き」な偽店員なのであった。新宿泥棒日記 フレッシュアイペディアより)

  • イラストレーション

    イラストレーションから見た横尾忠則横尾忠則

    1964年には日宣美の会員たちが東京イラストレーターズ・クラブを結成する。同クラブは「現代をイメージによって証言し そのコスモスの拡大を意識の根底として 創造的形象化をめざす イラストレーターの集団」とのマニフェストを掲げイラストレーションとイラストレーターの存在を世に広めた。宇野亜喜良、和田誠、安西水丸、横尾忠則(横尾は後に「画家宣言」をすることになる)らが活躍して一大ブームを形成し、イラストレーションの市民権を獲得することに成功した。イラストレーション フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤賢司

    遠藤賢司から見た横尾忠則横尾忠則

    1974年、アルバム『KENJI』を発表。洪栄龍を中心とするシューティングスター、高中正義、深町純、ティン・パン・アレーのリズムセクションである細野晴臣と林立夫、山内哲、星勝らが参加。ジャケット画は横尾忠則による。先行シングル曲「踊ろよベイビー」などを収録。自身の宇宙観をテーマにしたコンセプト・アルバムである。ちなみに本作収録の「けんちゃんの宇宙旅行」をのちに曽我部恵一は「サイケの決定版」と評している。遠藤賢司 フレッシュアイペディアより)

  • 葉隠入門

    葉隠入門から見た横尾忠則横尾忠則

    口絵写真4頁7葉(山本常朝墓碑ほか)。本文、中扉にイラスト39葉(横尾忠則)。葉隠入門 フレッシュアイペディアより)

  • 薔薇刑

    薔薇刑から見た横尾忠則横尾忠則

    三島事件の翌年1971年(昭和46年)に、三島の新たな序文を入れ、集英社より横尾忠則の装幀による『薔薇刑 新輯版』が刊行されたが、これも古書で約十数万円台する。1984年(昭和59年)にも集英社より粟津潔装幀による『薔薇刑・新版』(ISBN 408532019X)が刊行されたが、これも古書で約2 - 3万円台する。21世紀初頭に出された、同じ装丁の『英語版 薔薇刑』の方が、ネットなどでは購入しやすい。薔薇刑 フレッシュアイペディアより)

  • 天井桟敷 (劇団)

    天井桟敷 (劇団)から見た横尾忠則横尾忠則

    創立時のメンバーは寺山の他に、九條映子(当時寺山夫人)、高木史子、東由多加、横尾忠則、青目海、大沼八重子、濃紫式部、小島嶺一、斉藤秀子、支那虎、高橋敏昭、竹永敬一、桃中軒花月、萩原朔美、林権三郎の全16人。『書を捨てよ街へ出よう』などの一連の著作により、若者の間で「退学・家出の扇動家」として認識され人気を得ていた寺山が主宰していること、また劇団創立時のメンバー募集の広告が「怪優奇優侏儒巨人美少女等募集」だったことなどから、設立から長い間「一癖も二癖もある退学者や家出者が大半を占める」という異色の劇団になった。後に松田英子やカルメン・マキが加入していることからも、60年代・70年代という時代の先頭を走っていた劇団の勢いがうかがわれる。天井桟敷 (劇団) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード