139件中 91 - 100件表示
  • インスタレーション

    インスタレーションから見た横尾忠則横尾忠則

    2005年3月、資生堂が発売した発毛促進剤「薬用アデノゲン」のテレビコマーシャルが、横尾忠則から「アイデアやコンセプトが私の作品と類似している。広告の作り手の主体性とモラルを問いたい」と抗議を受け、CMの放映をとりやめた。どちらの作品も、壁全面におのおのコンセプトの元に集められた写真を貼るというものであった。しかし、反復と物量の多さで単体ではさほど魅力のない作品の主張を強める、という手法はインスタレーションとしては極めて一般的で、決して横尾が始めた手法ではない。関係者からは疑問の声も多く挙がった。インスタレーション フレッシュアイペディアより)

  • 北ウイング

    北ウイングから見た横尾忠則横尾忠則

    「北ウイング/リ・フ・レ・イ・ン」は、中森の7枚目のシングル「北ウイング」(通常盤)のB面曲「涙の形のイヤリング」を、スタジオ・アルバム『POSSIBILITY』収録曲であった「リ・フ・レ・イ・ン」と差し替え、「北ウイング/リ・フ・レ・イ・ン」として、1984年12月15日にシングル・レコード (EP: L-1667)で発売された特別盤シングルである。「リ・フ・レ・イ・ン」は、松井五郎が作詞し、松田良が作曲、萩田光雄が編曲を手掛けた。この楽曲は、TBS系水曜スペシャル・ドラマ『恋はミステリー劇場』エンディング・テーマに起用された。表面のジャケット写真は「北ウイング」(通常盤)と同様のものを採用し、裏面のジャケット・アートは横尾忠則が担当した。2008年11月12日には、デジタル・ダウンロードでもリリースされた。北ウイング フレッシュアイペディアより)

  • 千年伝説

    千年伝説から見た横尾忠則横尾忠則

    アートワークは、横尾忠則によるもの。千年伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 黒澤明

    黒澤明から見た横尾忠則横尾忠則

    『黒澤明 絵画に見るクロサワの心』 角川文庫、2010年8月?解説横尾忠則黒澤明 フレッシュアイペディアより)

  • 細野 晴臣

    細野晴臣から見た横尾忠則横尾忠則

    コチンの月(1978年) - 細野晴臣&横尾忠則名義細野晴臣 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン

    ジョン・レノンから見た横尾忠則横尾忠則

    日本人の知己としては、ビートルズとして訪日時に共にインタビューを受けた加山雄三(初対面で、いきなりジョンが加山の後ろから目隠しをして加山を驚かせた)、ニューヨークのジョン夫妻の下で過ごした時期のある横尾忠則、訪日時に食事を共にした内田裕也・樹木希林夫妻、シンコーミュージック(当時)の星加ルミ子らが挙げられる。また、音楽評論家の湯川れい子とジョン夫妻の交流は広く知られ、1980年12月5日にも、FM東京のラジオインタビューを受けている。ジョン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • 和田誠

    和田誠から見た横尾忠則横尾忠則

    さらに、映画ファンとしても有名で、『お楽しみはこれからだ』をはじめとする映画に関わるエッセイ集がある。また、小泉今日子主演の『快盗ルビイ』など、映画監督としての評価も高い。異業種有名人が監督をてがけて第1作、第2作を連続でキネマ旬報ベストテン入りさせたのは後にも先にも和田独りである。これらの作品が発表された頃は、実力の伴わない異業種監督がもてはやされた時期だっただけに格の違いを見せつけた。アニメーション作家としての仕事もある。1960年(昭和35年)に久里洋二・柳原良平・真鍋博が「アニメーション三人の会」を結成して草月ホールで定期的に上映会を行っていた際、誠も横尾忠則や手塚治虫らとともに参加し、個人で制作したアニメーション作品を発表した。そして1961年(昭和36年)にNHKで放送開始した『みんなのうた』にも参加し、初のアニメ映像作品『誰も知らない』を始め、他9曲の映像を製作した。和田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 篠山紀信

    篠山紀信から見た横尾忠則横尾忠則

    なお、自決直前の三島由紀夫を被写体とした写真集(『男の死』)は、当初公表される予定であったが、1970年の三島の自決事件の影響に加え、同じく被写体となっていた横尾忠則の反対により、未だ正式な刊行には至っていない。篠山紀信 フレッシュアイペディアより)

  • ベルサイユのばら (宝塚歌劇)

    ベルサイユのばら (宝塚歌劇)から見た横尾忠則横尾忠則

    宙組と星組が東西同時上演。ポスターを横尾忠則が担当。ベルサイユのばら (宝塚歌劇) フレッシュアイペディアより)

  • 大島渚

    大島渚から見た横尾忠則横尾忠則

    監督・演出家としての才能だけではなく、演技者の素質を見抜く才能は希有なものがあった。当時お笑い芸人としてしか認知されていなかったビートたけしを「彼以外には考えられない」として『戦場のメリークリスマス』の重要な役に抜擢し、桜井啓子(『無理心中日本の夏』、映画出演前はフーテン族だった)、荒木一郎(『日本春歌考』)、ザ・フォーク・クルセダーズ(『帰ってきたヨッパライ』)、横尾忠則(『新宿泥棒日記』)、栗田ひろみ(『夏の妹』、本作が映画デビュー作で主演)、坂本龍一(『戦場のメリークリスマス』)など、俳優を本業としない人物や素人に近い新人俳優を多く抜擢し、作品においても彼らの生のままの素材を活かすことに成功している。また、1950年代後半から人気ファッションモデルとして活躍していた芳村真理に女優への転向を促したのも大島であった。大島渚 フレッシュアイペディアより)

139件中 91 - 100件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード