181件中 11 - 20件表示
  • an・an

    an・anから見た横尾忠則横尾忠則

    『an・an』は創刊当時、赤字続きだった。女性誌で初めて星占いのページを設けたり、絵画の様な美しいアートディレクションが話題になりつつも、当時の一般女性が手にするには、あまりにも先鋭的であった。ファッションに敏感な六本木の本屋ですら立ち読みされる程度で、返本率は40%近くだった。同誌が本格的に部数を伸ばしていくのは、集英社が女性誌を徹底的に研究し、日本人女性に受けるように作った『non-no』が成功した1972年あたりからである。グラビア中心の女性誌が定着していった過程で、『an・an』の人気も定着していった。1979年5月5日、「さよならアンアン号」が発売された。来る1980年代に向けて70年代を総括し、発売日をこれまでの月2回から1日、11日、21日として(日本初のテンデイズ・マガジン)、オールカラーの薄型になると宣言した。この号では、川久保玲、三宅一生、花井幸子、長新太、菊池武夫、安井かずみ、澁澤龍彦、横尾忠則といった本誌で活動してきた初期メンバーがコメントを寄せている。an・an フレッシュアイペディアより)

  • グラフィックデザイナー

    グラフィックデザイナーから見た横尾忠則横尾忠則

    日本では「デザイン」あるいは「デザイナー」という名称は商業目的を指す事が多いため、画家はグラフィックデザイナーと区別されることを望む。横尾忠則のように画家になるためには、デザイナーをやめる必要があると考える者もいる。これは画家の方が制作に対して制約が少なく、格が上であるとの思想から。グラフィックデザイナー フレッシュアイペディアより)

  • アガルタ (アルバム)

    アガルタ (アルバム)から見た横尾忠則横尾忠則

    『アガルタ』は1975年8月最初に日本で、CBS・ソニーにより、デイヴィスのさらなる健康悪化と疲労による一時的引退の直前にリリースされた。それはレコード・レーベルの提案で伝説の地下都市にちなんで名づけられた。デイヴィスは日本のアーティスト、横尾忠則に協力を求め、東洋の地下神話やからインスピレーションを得た先進文明の都市景観を描いたアートワークがデザインされた。コロムビア・レコードによる1976年の北米リリースには別のカバーが制作された。アガルタ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 日本へそ公園

    日本へそ公園から見た横尾忠則横尾忠則

    公園内には翌1984年(昭和59年)10月に地元西脇市出身の芸術家横尾忠則の作品を展示保存する岡之山美術館が開館し、1993年(平成5年)にはにしわき経緯度地球科学館(テラ・ドーム)、1995年(平成7年)5月にはレストラン「レストハウス花屋敷」、同年7月には大型科学遊具広場「宇宙っ子ランド」が開設された。1994年(平成6年)4月にはGPSにより測定した(日本測地系とは異なる、GPSの準拠するWGS84による)交差地点(「もう一つのへそ」とされる地点)にパトリック・ベルジェのデザインによる「へそモニュメント」が設置されている(この記事の上部にある座標からのリンク先は、こちらの "もう一つのへそ" の位置である。日本測地系での交差地点(前述のように、大正8年に立てられた標柱がある)は世界測地系でである)。日本へそ公園 フレッシュアイペディアより)

  • イラストレーション

    イラストレーションから見た横尾忠則横尾忠則

    1964年には日宣美の会員たちが東京イラストレーターズ・クラブを結成する。同クラブは「現代をイメージによって証言し そのコスモスの拡大を意識の根底として 創造的形象化をめざす イラストレーターの集団」とのマニフェストを掲げイラストレーションとイラストレーターの存在を世に広めた。宇野亜喜良、和田誠、横尾忠則(横尾は後に「画家宣言」をすることになる)らが活躍して一大ブームを形成し、イラストレーションの市民権を獲得することに成功した。イラストレーション フレッシュアイペディアより)

  • 宇野亜喜良

    宇野亜喜良から見た横尾忠則横尾忠則

    1965年同社を退社し、同世代を代表するイラストレーター、グラフィックデザイナーの横尾忠則、和田誠、山口はるみ、灘本唯人などと共に東京イラストレーターズ・クラブを設立する。また、寺山修司の「天井桟敷」に横尾などとポスターの制作をする。宇野亜喜良 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則現代美術館

    横尾忠則現代美術館から見た横尾忠則横尾忠則

    横尾忠則現代美術館(よこおただのりげんだいびじゅつかん)は、兵庫県神戸市灘区原田通にある横尾忠則作品を収めた美術館である。横尾忠則現代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤賢司

    遠藤賢司から見た横尾忠則横尾忠則

    1974年、アルバム『KENJI』を発表。洪栄龍を中心とするシューティングスター、高中正義、深町純、ティン・パン・アレーのリズムセクションである細野晴臣と林立夫、山内哲、星勝らが参加。ジャケット画は横尾忠則による。先行シングル曲「踊ろよベイビー」などを収録。自身の宇宙観をテーマにしたコンセプト・アルバムである。ちなみに本作収録の「けんちゃんの宇宙旅行」をのちに曽我部恵一は「サイケの決定版」と評している。遠藤賢司 フレッシュアイペディアより)

  • 和田誠

    和田誠から見た横尾忠則横尾忠則

    アニメーション作家としての実績もあり、1960年(昭和35年)に久里洋二・柳原良平・真鍋博が「アニメーション三人の会」を結成し、草月ホールで定期的に上映会を行っていた際に、横尾忠則や手塚治虫等と共に参加し、個人制作の作品を発表した。1961年(昭和36年)NHKで放送開始の『みんなのうた』に参加し、初のアニメ映像作品『誰も知らない』を始め、他9曲の映像を製作した。また、フジテレビ『ゴールデン洋画劇場』のオープニングタイトルを手掛けている。和田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 薔薇刑

    薔薇刑から見た横尾忠則横尾忠則

    海外からの強い再版の要望により、三島の新たな付記を加え、1971年(昭和46年)に横尾忠則の装幀による『薔薇刑 新輯版』が集英社より刊行された。この本は三島事件の翌年の刊行となり(打ち合わせは三島の生前にされたもの)、これも古書で約十数万円台する。写真集を入れる函を開くと、横尾デザインの三島の涅槃像のインド的な絵が現れる。薔薇刑 フレッシュアイペディアより)

181件中 11 - 20件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード