181件中 21 - 30件表示
  • 三島事件

    三島事件から見た横尾忠則横尾忠則

    他の参列者は、藤島泰輔、篠山紀信、横尾忠則、黛敏郎、芥川比呂志、五味康祐、中村伸郎、野坂昭如、井上靖、中山正敏、徳岡孝夫などがいた。イギリスのBBC放送局が、三島の葬儀を生中継したいと申し入れて来ていたが、実行委員会はこれを辞退した。当時の首相佐藤栄作の寛子夫人も、ヘリコプターに乗り変装してでも参列したいと申し出ていたが、極左勢力が式場を襲うという噂が飛び交っていたため警備上の問題で実現しなかった。三島事件 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田錬三郎

    柴田錬三郎から見た横尾忠則横尾忠則

    1978年6月30日肺性心のため、慶應義塾大学病院で死去した。享年61。墓所は東京都文京区の伝通院。戒名は蒼岳院殿雋誉円月錬哲居士。墓のデザインは横尾忠則によるもの。遺作は、赤穂浪士ものの『復讐四十七士』(未完)。『柴田錬三郎選集』(集英社全18巻)、また澤辺成徳『無頼の河は清冽なり 柴田錬三郎伝』(集英社、1992年)がある。柴田錬三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 篠山紀信

    篠山紀信から見た横尾忠則横尾忠則

    『家』では、北海道から沖縄まで、日本列島約80カ所にのぼる「日本の家」の様々な様相が記録され、北海道、岩手県遠野の古民家をはじめとし、赤坂の迎賓館、台東区上野の古銭湯、横尾忠則がかつて住んでいた家、高輪の郷ひろみ邸、新宿のアパート、北九州の筑豊炭鉱、 沖縄県竹富島、長崎県軍艦島の廃墟や、廃墟となった家などが収められた。また、生家や4歳の時に1年弱疎開した埼玉の秩父にも30年余ぶりに母と連れ立って出掛け、幼少期の記憶の撮影が行われた。これは、篠山にとって「写真」というメディアを再確認する行為であったようで、懐かしさや個人的思い入れはあったとしても、それらは「写真」にあらわされるものではないし、その思いも見る者に伝わることはない。「私的」なことを表現したければ、「文学」でやればいいのだと篠山は語っている。翌1976年には、評論家多木浩二によってあらわされたテキスト『生きられた家』が単行本として刊行された。篠山紀信 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見た横尾忠則横尾忠則

    11月22日の深夜午前0時前に横尾忠則が三島に電話し、横尾が装幀担当の『新輯 薔薇刑』のイラストについて話が及ぶと、その絵を三島は「俺の涅槃像だろう」と言って譲らず、また、療養中の横尾を気遣い、「足の病気は俺が治して歩けるようにしてやる」と言ったという。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊少年マガジン

    週刊少年マガジンから見た横尾忠則横尾忠則

    「キッカイくん」の連載を機にエログロナンセンスが用いられるようになり、それにともない読者の対象年齢も上昇。さらに1970年には「アシュラ」「ワル」「メッタメタガキ道講座」など多くの問題作が登場。さらに横尾忠則を表紙のデザイナーに迎えるなど、マガジンは『ガロ』に近い青年向けの雑誌となり、現在までに至るマガジンのイメージがほぼ確立されはじめる。大学生の間で「右手に(朝日)ジャーナル左手にマガジン」と言われたこともあった12。この影響は大きく、神奈川県児童福祉審議会が1970年32号を有害図書に指定。その後は1971年に「巨人の星」、1973年に「あしたのジョー」が終了したことなどからマガジンの勢いは徐々に下降。「あしたのジョー」などに変わる新たな主力作品としては「空手バカ一代」「愛と誠」「おれは鉄兵」「釣りキチ三平」などがスタートし、新たに篠山紀信によるアイドルのグラビア記事を導入するも、部数は伸び悩み、1973年に『週刊少年ジャンプ』に発行部数首位の座を奪われた。このため1975年1号より創刊以来親しまれた誌名ロゴを初めて大幅に変更するなどのリニューアルを行い巻き返しを図ったが、低迷からは思うように抜け出せなかった。週刊少年マガジン フレッシュアイペディアより)

  • 三橋純

    三橋純から見た横尾忠則横尾忠則

    文化庁メディア芸術祭協賛事業(横尾忠則・河口洋一郎・明和電機・三橋純・他)三橋純 フレッシュアイペディアより)

  • 流行通信

    流行通信から見た横尾忠則横尾忠則

    1966年5月10日、『森英恵流行通信』として創刊される。当時は森英恵のPR誌としての色合いが強かった。1969年には森英恵の名前を取り『流行通信』に誌名変更。PR誌から一般のファッション誌になる。以降ファッション誌としてだけではなく、アート・カルチャー誌としても評価され、ファッションという垣根を越えて多くのクリエイター達に影響を与えることになる。アートディレクターとして、横尾忠則・浅葉克己・長友啓典・高原宏・藤本やすし・服部一成などの著名人が関わった。カメラマンとしては、篠山紀信、荒木経惟、稲越功一、上田義彦、大森克己、操上和美、沢渡朔、十文字美信、田原桂一をはじめ、各時代のトップが競って参加し、日本の最先端アート・カルチャー・シーンのショーケースの役割を果たした。流行通信 フレッシュアイペディアより)

  • 赤の書

    赤の書から見た横尾忠則横尾忠則

    梅原猛、中沢新一、萩尾望都、横尾忠則の推薦文を閲覧できる。赤の書 フレッシュアイペディアより)

  • 浜野安宏

    浜野安宏から見た横尾忠則横尾忠則

    1966年 - メンズマガジン『STAG』を発行し、編集長を勤める。TBSテレビ 「ヤング720」に横尾忠則、篠山紀信らと共にレギュラー出演。浜野安宏 フレッシュアイペディアより)

  • 今日の芸術

    今日の芸術から見た横尾忠則横尾忠則

    解説 横尾忠則(文庫版のみ)今日の芸術 フレッシュアイペディアより)

181件中 21 - 30件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード