139件中 31 - 40件表示
  • N響アワー

    N響アワーから見た横尾忠則横尾忠則

    横尾忠則(2000年12月10日放送「芸術は皆兄弟〜画家・横尾忠則」)N響アワー フレッシュアイペディアより)

  • 白石正美

    白石正美から見た横尾忠則横尾忠則

    スカイ・ザ・バスハウスには、李禹煥、赤瀬川原平、宮島達男、名和晃平、石川直樹、横尾忠則らが所属している。白石正美 フレッシュアイペディアより)

  • 古川タク

    古川タクから見た横尾忠則横尾忠則

    手塚治虫に憧れて、三重県での高校時代から漫画を描き始める。大学在学中は大阪外国語大学に籍を置きつつ、上京して、TCJ(現・エイケン)で働いた。テレビアニメ『鉄人28号』の制作初期に参加したという。当時の日本は個人作家によるアートアニメーションの勃興期でもあり、古川も、和田誠と柳原良平によるCMアニメーションや、上映会で見たノーマン・マクラレンの『線と色の即興詩』や久里洋二の『人間動物園』などに魅せられて、アートアニメーションの世界を志すようになる。大学卒業後の1964年に久里洋二が主宰する洋二実験漫画工房へ入社し、本格的にアニメーション技術を学び始める。この頃、横尾忠則、和田誠、宇野亜喜良、伊坂芳太良のアニメーションを手伝ったことは良い経験になったという。洋二実験漫画工房に3年余り在籍した後、1968年に独立。個人で自費出版をしたり個展を開催、小さなイラストの仕事をこなしながらアニメーションを自主製作した。1969年にアヌシー国際アニメーション映画祭に出品した『牛頭』が入選したことで、やがてNHKから『みんなのうた』のアニメーション制作の依頼、雑誌「話の特集」「平凡パンチ」のイラストの仕事が舞い込むようになり、仕事の拠点として1970年にタクン実験漫画BOXを設立。古川タク フレッシュアイペディアより)

  • 末井昭

    末井昭から見た横尾忠則横尾忠則

    その会社での尊敬する先輩が、キャバレー会社「ハワイ・チェーン」に転職し、横尾忠則のようなポスター画を描いていたのを見て、自分も「自己表現」を求め、キャバレー会社「クインビー・チェーン」にデザイナーとして入社。新しい店のオープン企画として店内を大阪万博の会場のようにデコレーションする企画の際、真ん中に置くシンボルとして、発泡スチロールを削って2メートルほどの「チンポコの塔」を作った。また、三島由紀夫が割腹自殺した日の朝、看板に使う赤い塗料を頭から被り、裸になって道路を転げ回るという「ハプニング」を、同僚のカメラマンと行った。末井昭 フレッシュアイペディアより)

  • デイト・オブ・バース

    デイト・オブ・バースから見た横尾忠則横尾忠則

    ジャケットは横尾忠則デイト・オブ・バース フレッシュアイペディアより)

  • 天手千聖

    天手千聖から見た横尾忠則横尾忠則

    目玉プロジェクト DUMP(2000年、ポスター:横尾忠則)主演・ティナ役天手千聖 フレッシュアイペディアより)

  • 平四郎危機一発

    平四郎危機一発から見た横尾忠則横尾忠則

    続編の宝田明主演部分においては横尾忠則がバーのマスター役でレギュラー出演している。平四郎危機一発 フレッシュアイペディアより)

  • サスケ (清涼飲料)

    サスケ (清涼飲料)から見た横尾忠則横尾忠則

    コカ・コーラに対抗するということで宣伝には力が入れられた。CMディレクターには、当時売れっ子であった川崎徹、コピーライターは糸井重里、アートディレクターに横尾忠則、CM音楽には坂本龍一が起用された。(その曲は坂本龍一のアルバム「CM/TV」に収録されている)。サスケ (清涼飲料) フレッシュアイペディアより)

  • ハイレッド・センター

    ハイレッド・センターから見た横尾忠則横尾忠則

    招待状を持った観客を帝国ホテルの一室に呼び、上下左右からの全身撮影や全身の採寸を行った。オノ・ヨーコ、足立正生、横尾忠則らが観客として参加している。ハイレッド・センター フレッシュアイペディアより)

  • コチンの月

    コチンの月から見た横尾忠則横尾忠則

    『コチンの月』(COCHIN MOON)は、日本のミュージシャン細野晴臣と日本の美術家横尾忠則の5枚目のオリジナルアルバム。コチンの月 フレッシュアイペディアより)

139件中 31 - 40件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード