181件中 51 - 60件表示
  • 平四郎危機一発

    平四郎危機一発から見た横尾忠則横尾忠則

    続編の宝田明主演部分においては横尾忠則がバーのマスター役でレギュラー出演している。平四郎危機一発 フレッシュアイペディアより)

  • ハイレッド・センター

    ハイレッド・センターから見た横尾忠則横尾忠則

    1964年1月26日?27日、招待状を持った観客を帝国ホテルの一室に呼び、上下左右からの全身撮影や全身の採寸を行った。オノ・ヨーコ、足立正生、横尾忠則らが観客として参加している。ハイレッド・センター フレッシュアイペディアより)

  • 西脇市立西脇小学校

    西脇市立西脇小学校から見た横尾忠則横尾忠則

    2014年 - 1937年(昭和12年)建造で2008年には兵庫県の景観形成重要建造物になった校舎が建替え、取り壊しの危機にあったが、反対運動が巻き起こり、これに同校の出身者でもある横尾忠則も建替えに反対、保存改修による使用を強力に提案。横尾はノスタルジーからではなく、市民の文化の高さを誇る象徴としての建造物が存在するということを自慢できる。市民一人ひとりが誇りを持っていただきたいと発言。教育の場の経済至上主義、物質主義に警鐘を鳴らした。そうした運動の結果、校舎3棟の保存が決まった。西脇市立西脇小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 元藤燁子

    元藤燁子から見た横尾忠則横尾忠則

    1965年 11月 〈バラ色ダンス??A LA MAISON DE M. CIVECAWA(澁澤さんの家の方へ)〉(千日谷会堂)、土方巽演出・振付・出演。共演・大野一雄ほか。美術・中西夏之、加納光於、赤瀬川原平。ポスター・横尾忠則。音楽・小杉武久、刀根康尚。この年、麿赤児、つづいて唐十郎と李礼仙がアスベスト館に。元藤燁子 フレッシュアイペディアより)

  • 灘本唯人

    灘本唯人から見た横尾忠則横尾忠則

    1961年、大阪の早川良雄デザイン事務所に入る。先に高島屋宣伝部への入社が内定していた所を、早川が高島屋宣伝部の責任者に直談判して「譲り受けた」というエピソードがある。1964年 宇野亞喜良、山口はるみ、横尾忠則、和田誠らと東京イラストレーターズ・クラブを結成(70年解散)。1967年に独立し上京。1982年、ソウルにてイラストレーション個展を開く。1988年 東京イラストレーターズ・ソサエティー(TIS)結成。翌1989年、初代会長に就任する。灘本唯人 フレッシュアイペディアより)

  • ロータスの伝説

    ロータスの伝説から見た横尾忠則横尾忠則

    1973年7月に行われた大阪公演を収録。サンタナ作品の日本における発売元だったCBSソニーの主導で制作された。オリジナルLPは3枚組で、CDでは2枚にまとめられたが、2006年に発売された紙ジャケットの再発CDでは、オリジナルと同じ3枚組仕様となっている。ジャケットは22面という大がかりなもので、デザインは横尾忠則が担当した。ロータスの伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 英霊の聲

    英霊の聲から見た横尾忠則横尾忠則

    収録作品:「朝顔」「雛の宿」「花火」「切符」「鴉」「英霊の聲」「邪教」「博覧会」「仲間」「孔雀」「月澹荘綺譚」「雨月物語について」「柳田國男「遠野物語」――名著再発見」「泉鏡花(『日本の文学4』解説より抄録)」「内田百(『日本の文学34』解説より抄録)」「川端氏の『抒情歌』について」「ポップコーンの心霊術――横尾忠則論」「小説とは何か」英霊の聲 フレッシュアイペディアより)

  • 雲龍 (笛奏者)

    雲龍 (笛奏者)から見た横尾忠則横尾忠則

    信州高遠美術館「平山郁夫」展、ワタリウム美術館(東京都)における岡本太郎出展「大地の精神」展、横尾忠則 & 細野晴臣「アートパワー」展などで演奏。雲龍 (笛奏者) フレッシュアイペディアより)

  • ムー一族

    ムー一族から見た横尾忠則横尾忠則

    オープニングイラスト:横尾忠則ムー一族 フレッシュアイペディアより)

  • サスケ (清涼飲料)

    サスケ (清涼飲料)から見た横尾忠則横尾忠則

    コカ・コーラに対抗するということで宣伝には力が入れられた。CMディレクターには、当時売れっ子であった川崎徹、コピーライターは糸井重里、アートディレクターに横尾忠則、CM音楽には坂本龍一が起用された。(その曲は坂本龍一のアルバム「CM/TV」に収録されている)。サスケ (清涼飲料) フレッシュアイペディアより)

181件中 51 - 60件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード