181件中 61 - 70件表示
  • コチンの月

    コチンの月から見た横尾忠則横尾忠則

    細野と横尾忠則が一緒にインド旅行をした経験をもとに制作された。コチンの月 フレッシュアイペディアより)

  • バミューダ・トライアングル (冨田勲のアルバム)

    バミューダ・トライアングル (冨田勲のアルバム)から見た横尾忠則横尾忠則

    アルバムのジャケット・デザインは横尾忠則、解説は小松左京。なお、冨田勲は前々から両者のファンだった。バミューダ・トライアングル (冨田勲のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 及川正通

    及川正通から見た横尾忠則横尾忠則

    その後主婦と生活社に4年間勤務後、1968年にフリーとなり横尾忠則と共同事務所「ジ・エンドスタジオ」を立ち上げ、天井桟敷のポスターなどを手がける。1972年「平凡パンチ」に連載した“ドッキリメント劇画”などで注目を浴びる。及川正通 フレッシュアイペディアより)

  • 倉林靖

    倉林靖から見た横尾忠則横尾忠則

    『岡本太郎と横尾忠則:モダンと反モダンの逆説』(白水社、1996年)新版(BOOKEND、2011年)倉林靖 フレッシュアイペディアより)

  • ソンコ・マージュ

    ソンコ・マージュから見た横尾忠則横尾忠則

    対談集「心、風景、そして歌」1974年(アデイン書房)対談:五木寛之、水木しげる、野坂昭如、横尾忠則ソンコ・マージュ フレッシュアイペディアより)

  • 愛の疾走

    愛の疾走から見た横尾忠則横尾忠則

    横尾忠則は、三島が随筆『ポップコーンの心霊術―横尾忠則論』の中で、幼い頃に便所で見ていた片脳油(樟脳白油、防臭殺虫液)の壜のレッテルについて回想している以下のような箇所を引きながら、この『愛の疾走』という小説が、登場人物・大島十之助が書いている小説だという「入れ子構造」になっている点に触れて、三島の「モノマニアックな趣味」が導入されているとし、そこがこの小説に「不思議なマジカルな空間を張り巡らしている」と評している。愛の疾走 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県公館

    兵庫県公館から見た横尾忠則横尾忠則

    館内には洋画家小磯良平の作品「KOBE, THE AMERICAN HARBOUR」と、その25倍の大きさの西陣織タペストリーなど、金山平三、東山魁夷、横尾忠則ら県所縁の芸術家の作品が多数展示されており、また大会議室や第一会議室は芸術系展覧会開催に利用されるなど、館全体が美術館・博物館としての性格も持つ。兵庫県公館 フレッシュアイペディアより)

  • 大野泰

    大野泰から見た横尾忠則横尾忠則

    歴代最高齢でノーベル賞を受賞した女流作家ドリス・メイ・レッシングの作品のオペラ「プラネット8の模型の制作」(1987 米ヒューストン, 1991 パリ,ベルリン,北京/音楽監督フィリップ・グラス)、デイヴィット・ヘンリー・ファン作「M BUTTERFLY」公演(1987〜1989 NY,ワシントンD.C,イタリア他)他、建築家 磯崎新の「東京・その形と心」展(1986 米ミネアポリス/AD:石岡瑛子・横尾忠則)、また、通算1000回を越える公演記録を持つ坂本長利の一人芝居「土佐源氏」(1986 英エジンバラ)等でもアート・ディレクションの手腕を発揮。大野泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県立美術館

    高知県立美術館から見た横尾忠則横尾忠則

    その他、アンディ・ウォーホル、大竹伸朗、マックス・クリンガー、フランク・ステラ、篠原有司男、ジャン=ミシェル・バスキア、ウィリアム・バロウズ、舟越桂、キース・ヘリング、ヨーゼフ・ボイス、森村泰昌、ゲアハルト・リヒター、横尾忠則、若林奮、日和崎尊夫など高知県立美術館 フレッシュアイペディアより)

  • アミーゴ (アルバム)

    アミーゴ (アルバム)から見た横尾忠則横尾忠則

    ジャケット・デザインは、『ロータスの伝説』と同じく横尾忠則が担当。アミーゴ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

181件中 61 - 70件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード