181件中 71 - 80件表示
  • GASTUNK

    GASTUNKから見た横尾忠則横尾忠則

    6月、2ndアルバム「UNDER THE SUN」を発表する。スリーブイラストは、横尾忠則が担当し、話題となった。日比谷野外音楽堂にて行われた「INDIES FESTIVAL 1987」に参加。オーディエンスの異様な盛り上がりにより、ライブが中止寸前。この緊迫した模様は、ビデオ「INDIES FESTIVAL 1987」で確認できる。また、この時期に全国ツアー「UNDER THE SUN TOUR」を敢行。GASTUNK フレッシュアイペディアより)

  • 東京家族 (映画)

    東京家族 (映画)から見た横尾忠則横尾忠則

    スペシャルアドバイザー:横尾忠則東京家族 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • LABYRINTH (来生たかおのアルバム)

    LABYRINTH (来生たかおのアルバム)から見た横尾忠則横尾忠則

    提供曲のカヴァーとオリジナル曲「今のままでいて」で構成されており、来生のアルバムでは初めてデジタルレコーディングで制作された。ジャケット・バックカバー・歌詞カードには横尾忠則のアートワークが施されている。LABYRINTH (来生たかおのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 黒蜥蜴

    黒蜥蜴から見た横尾忠則横尾忠則

    脚本:三島由紀夫。演出・美術・音楽・衣裳:美輪明宏。美術:松野潤。照明:下村秀昭。音響効果:高橋巌。舞台監督:北条孝。宣伝美術:横尾忠則。制作:佐野公一。プロデューサー:本位田永樹黒蜥蜴 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫文学館

    三島由紀夫文学館から見た横尾忠則横尾忠則

    秋山駿、佐伯彰一、島田雅彦、瀬戸内寂聴、竹西寛子、田中美代子、辻仁成、辻井喬、出久根達郎、堂本正樹、ドナルド・キーン、細江英公、松本徹、村松英子、横尾忠則などの面々が、三島作品の中からベストスリーを挙げて、ベストワンに選んだ作品についてコメントを付けている。三島由紀夫文学館 フレッシュアイペディアより)

  • 知るを楽しむ

    知るを楽しむから見た横尾忠則横尾忠則

    2008年11月:「「少年」の心得」横尾忠則知るを楽しむ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋龍太郎 (精神科医)

    高橋龍太郎 (精神科医)から見た横尾忠則横尾忠則

    1997年 - 自社ビルに移転。「高橋コレクション」と称されるアートコレクションを始める。その後、コレクションは増え続け、1990年代以降の日本現代アートを中心に、主要な作家の作品はほぼ網羅され、所蔵作品は2000点以上となる。横尾忠則、荒木経惟、森山大道、草間彌生、舟越桂、森村泰昌、宮島達男、奈良美智、内藤礼、会田誠、村上隆など。日本現代アートのコレクションとしては、質量ともに屈指。10月1日、大規模デイケアが認可される。精神科デイ・ナイトケア開設。アディクション、神経症のカウンセリング体制を充実させる。高橋龍太郎 (精神科医) フレッシュアイペディアより)

  • ヒートウェイヴ

    ヒートウェイヴから見た横尾忠則横尾忠則

    収録曲「ミスター・ソングライター」はTHE BOOMの「手紙」へのアンサーソングであり、藤井一彦(ザ・グルーヴァーズ)との共作。また同「オールド・マン」にも藤井はギターで参加。また、前述の「明日のために靴を磨こう」より以前に、同じくBank Bandのアルバム『沿志奏逢』内で収録曲「トーキョーシティー・ヒエラルキー」がカヴァーされている。Bank Bandの2枚以上のアルバムでカヴァーされたアーティストは、RCサクセションとヒートウェイヴのみである。ジャケットは横尾忠則の手によるもの。ヒートウェイヴ フレッシュアイペディアより)

  • 神彰

    神彰から見た横尾忠則横尾忠則

    アート・フレンド・アソシエーション(AFA)を設立し、戦後復興期にドン・コサック合唱団、ボリショイ・バレエ団、ボリショイサーカス、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団などを招聘・興行した。冷戦時の鉄のカーテンをこじ開けたことから「赤い呼び屋」と称される(呼び屋は後述)。1962年に作家有吉佐和子と電撃結婚するも、2年後の1964年に離婚。エッセイストの有吉玉青は神と有吉の娘である。1967年には出版社「天声出版」を設立、雑誌「血と薔薇」が話題となるも数年で倒産。晩年は居酒屋チェーンの嚆矢となった「北の家族」を立ち上げ、株式を店頭公開するまでに成長させ、その復活ぶりは世間を驚かせる。また、彼のサロンには三島由紀夫、吉行淳之介、堀口大學、池田満寿夫、横尾忠則、篠山紀信、島崎保久、四谷シモンなど、多くの文化人が集っていた。神彰 フレッシュアイペディアより)

  • 講談社エッセイ賞

    講談社エッセイ賞から見た横尾忠則横尾忠則

    第32回 (2016年) 横尾忠則「言葉を離れる」講談社エッセイ賞 フレッシュアイペディアより)

181件中 71 - 80件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード