139件中 71 - 80件表示
  • 三叉路

    三叉路から見た横尾忠則横尾忠則

    画家の横尾忠則は、故郷である兵庫県西脇市の複雑な地形に起因する数多い特徴的な三叉路にインスピレーションを感得し、西脇の多くの三叉路のほか、東京など故郷以外の三叉路も多く描いた。三叉路 フレッシュアイペディアより)

  • ロータスの伝説

    ロータスの伝説から見た横尾忠則横尾忠則

    1973年7月に行われた大阪公演を収録。サンタナ作品の日本における発売元だったCBSソニーの主導で制作された。オリジナルLPは3枚組で、CDでは2枚にまとめられたが、2006年に発売された紙ジャケットの再発CDでは、オリジナルと同じ3枚組仕様となっている。ジャケットは22面という大がかりなもので、デザインは横尾忠則が担当した。ロータスの伝説 フレッシュアイペディアより)

  • バミューダ・トライアングル (冨田勲のアルバム)

    バミューダ・トライアングル (冨田勲のアルバム)から見た横尾忠則横尾忠則

    アルバムのジャケット・デザインは横尾忠則、解説は小松左京。なお、冨田勲は前々から両者のファンだった。バミューダ・トライアングル (冨田勲のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正剛

    松岡正剛から見た横尾忠則横尾忠則

    京都の呉服屋に生まれる。東京都立九段高等学校進学の頃に東京へ引っ越す。早稲田大学文学部フランス文学科進学。高校から大学にかけて、学生紛争の論客として鳴らす。一方で教会、禅寺などをめぐり、量子力学と民俗学に関心を寄せ、様々な思索にふける。 大学4年の時に父親が多額の借金を残して死去したため、やむなく早大を中退。広告会社に勤め、営業活動のかたわら、高校生向けのタブロイド版の新聞『the high school life』を創刊。この時期、編集活動を通じて、稲垣足穂、土方巽、寺山修司、唐十郎、鈴木忠志、宇野亜喜良、横尾忠則らと親交を深める。とくに早稲田の先輩でもあった寺山修司からは『the high school life』の活動について「東京のヴィレッジボイスである」と評された。松岡正剛 フレッシュアイペディアより)

  • 猫びより

    猫びよりから見た横尾忠則横尾忠則

    2005年、記事中の商品を掲載・販売したECサイト猫びよりショップの運営を開始。新井狼子・岩合光昭・川口喜久雄・京太郎・濱文様・フジ子・ヘミング・マンハッタナーズ・横尾忠則・吉田カツ・猫グッズ.com(旧 manten.jp)などのグッズが豊富に揃う。猫びより フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアヌス

    セバスティアヌスから見た横尾忠則横尾忠則

    三島由紀夫の小説『仮面の告白』の中で、主人公はグイド・レーニ画のセバスチャン(セバスティアヌス)殉教図を見て性的興奮および文学的感興を催す。後に三島は自らがこの構図そっくりのポーズをとった写真を篠山紀信に撮影させている。三島の死後、この写真と同様の構図の三島の肖像を親交のあった横尾忠則は制作している。セバスティアヌス フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立生野高等学校

    大阪府立生野高等学校から見た横尾忠則横尾忠則

    成瀬政博(高17期) - イラストレーター、「週刊新潮」表紙絵担当、画家横尾忠則の弟大阪府立生野高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼太鼓座

    鬼太鼓座から見た横尾忠則横尾忠則

    田耕(でんたがやす)の発案により結成された。佐渡では、現地の郷土芸能「鬼太鼓」を「おんでこ」と呼ぶため、「鬼太鼓座(おんでこざ)」と言う。結成当時、民俗学者の宮本常一、永六輔、横尾忠則らも田耕に協力した。当初は、佐渡に専門的職業人育成を目標とした四年制大学を誘致するための資金調達策の一環として始められた。グループ名にも佐渡の風土を活かしているのはそのためでもある。鬼太鼓座 フレッシュアイペディアより)

  • 沼田識史 (美術家)

    沼田識史 (美術家)から見た横尾忠則横尾忠則

    現代美術家、沼田識史が崇拝する人物は黒澤明監督、スタンリー・キューブリック監督、俳優のジャック・ニコルソン。尊敬する人物は画家の梅原龍三郎、横尾忠則、ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)。沼田識史 (美術家) フレッシュアイペディアより)

  • GASTUNK

    GASTUNKから見た横尾忠則横尾忠則

    6月、2ndアルバム「UNDER THE SUN」を発表する。スリーブイラストは、横尾忠則が担当し、話題となった。日比谷野外音楽堂にて行われた「INDIES FESTIVAL 1987」に参加。オーディエンスの異様な盛り上がりにより、ライブが中止寸前。この緊迫した模様は、ビデオ「INDIES FESTIVAL 1987」で確認できる。また、この時期に全国ツアー「UNDER THE SUN TOUR」を敢行。GASTUNK フレッシュアイペディアより)

139件中 71 - 80件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード