239件中 11 - 20件表示
  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た江戸川乱歩

    1950年 - 南洋一郎、鈴木御水の『バルーバの冒険』、山川惣治の『少年王者』や江戸川乱歩の少年ものなどに熱中。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た向田邦子

    幼少期に西脇でさまざまな超常現象を経験。死の世界に憧れを抱く。神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。三島由紀夫に出会い三島の「聖俗一体」的言動に触発される。三島の死をきっかけにその後の15年間をオカルティズムや神秘主義まで包括した精神世界に傾斜してゆくが、それらが大いなる錯覚だったと気づき「私」の探求の延長線上で絵画に出会う。精神世界と絵画は全く別の存在だと考えていたが、後にこの両者が自分すら知らない深いところで結びついていると感じるに至る。向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た河合隼雄

    『芸術と創造 現代日本文化論11』河合隼雄共編 岩波書店 1997横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た五木寛之

    五木寛之生と死の対論第2回」(NHK教育テレビ 1994年10月4日)横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たLOUDNESS

    LOUDNESS アルバム『LOUDNESS』ジャケットイラスト(1992年)横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た岡本太郎

    また、多くの異なるジャンルの作家と交流を持ち、共同で仕事をしている。岡本太郎、谷内六郎、高倉健、三島由紀夫らを敬愛している。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た松任谷由実

    松任谷由実 アルバム『THE DANCING SUN』ジャケットイラスト(1994年)横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た大島渚

    1969年 - 主役として出演した大島渚監督の映画『新宿泥棒日記』が公開される。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たアンディ・ウォーホル

    アンディ・ウォーホル、荒木経惟など、数多くの芸術家が実践してきた手法であり、インスタレーションの手法としては一般的である。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た

    幅広い作風でジャンルを超えて活動。油絵、オフセット印刷、テクナメーションや立体など技法は多様である。また先行する作品を引用や模写の形で作品に取り入れることも多い。絵を描くことを愛だと表現し、理論や状況分析によって制作する立場はとらない。また、興味をもった対象は膨大な量をコレクションする。それは作品のモチーフになり、時に引用される。1980年代後半からを描き続けたときは膨大な滝のポストカードを収集し、コレクション自体も作品化した。2000年からの「暗夜光路」シリーズでは、故郷・西脇市で幼少時によく通った模型店付近にあるY字路を集中して描いた。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

239件中 11 - 20件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード