239件中 41 - 50件表示
  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たマイルス・デイビス

    『週刊少年マガジン』の表紙や、マイルス・デイビスのアルバム『アガルタ』、サンタナのアルバム『ロータスの伝説』『アミーゴ』などのジャケット、1979年貴ノ花・1981年千代の富士の化粧廻し、宝塚歌劇団のポスター、マツダ・コスモスポーツの海外向けカタログなどもデザインしている。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た曽我蕭白

    『水墨画の巨匠 第8巻 蕭白』曽我蕭白 狩野博幸共著 講談社 1995横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た灘本唯人

    1957年 - 灘本唯人らのデザイングループ「NON」に参加。神戸新聞会館勤務だった谷泰江と結婚。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た成瀬政博

    実弟の成瀬政博も画家でイラストレーターで、1997年より「週刊新潮」の表紙絵を担当。長女の横尾美美も美術家。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た狩野博幸

    『水墨画の巨匠 第8巻 蕭白』曽我蕭白 狩野博幸共著 講談社 1995横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た宇野亜喜良

    1964年 - 長女誕生。ハイレッド・センターのシェルター計画に参加。宇野亜喜良、原田維夫と「スタジオ・イルフィル」結成(翌年、解散)。和田誠、篠山紀信らと東京オリンピック期間中にヨーロッパ旅行。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た谷内六郎

    また、多くの異なるジャンルの作家と交流を持ち、共同で仕事をしている。岡本太郎、谷内六郎、高倉健、三島由紀夫らを敬愛している。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た磯崎新

    『戦後』(1986年)原美術館 額装は磯崎新によるもの。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た和田誠

    1964年 - 長女誕生。ハイレッド・センターのシェルター計画に参加。宇野亜喜良、原田維夫と「スタジオ・イルフィル」結成(翌年、解散)。和田誠、篠山紀信らと東京オリンピック期間中にヨーロッパ旅行。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た三宅一生

    三宅一生との出会いは1975年の篠山紀信の写真展「家」の会場だった。パリ・コレクションの出品作に横尾のポスターをプリントするという着想を得た三宅が「家」のオープニング会場で横尾を待ち伏せし、使用許可を申し出、横尾はこれを受け入れた。横尾は特にイタリアのコモで行われる布帛の抜染というプリントの技法に興味を示した。後に横尾は「生地って歪むんだね」と真顔でつぶやき服飾関係者の爆笑を買う。が、後に三宅にとってこの言葉は次第に重みを増してくる。歪むことで美の可能性を美術の制度的規範で束縛された美の空間的概念とは異なる創造的ヒントを横尾は直感した。一方、三宅は横尾作品のプリント生地を制作したものの、その布地を裁断できなくなってしまう。ここから三宅は新たなるファッションのコンセプトを開拓してゆく。さらに、横尾が描いたポスターがをプリントした1枚の布を三宅が仕立てた服をモデルが着こなすという重層的な段階を経て絵(服)は一瞬たりとも同じであることはできない歪みの源泉となった。ここに歪みの美しさと創造性が新たに示されることとなる。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

239件中 41 - 50件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード