239件中 51 - 60件表示
  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た池田満寿夫

    『反美的生活のすすめ』池田満寿夫共著 河出書房新社 1977横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たハイレッド・センター

    1964年 - 長女誕生。ハイレッド・センターのシェルター計画に参加。宇野亜喜良、原田維夫と「スタジオ・イルフィル」結成(翌年、解散)。和田誠、篠山紀信らと東京オリンピック期間中にヨーロッパ旅行。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たモーリス・ベジャール

    1984年 - (モーリス・ベジャール主宰)ミラノスカラ座公演「ディオニソス」の舞台美術を担当。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た芳年

    芳年-狂懐の神々』中山豊彦共編 里文出版 1990横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た山川惣治

    1950年 - 南洋一郎、鈴木御水の『バルーバの冒険』、山川惣治の『少年王者』や江戸川乱歩の少年ものなどに熱中。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た宮本武蔵

    1941年 - 5歳にして「講談社の絵本」、石井滴水の『宮本武蔵』の巌流島の決闘を模写。画才を現す。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た国立国際美術館

    『万博太陽』(日本万国博の楽しい会場より) (1967年)国立国際美術館横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た鉄道模型

    『眼のある電車』(2004年)JR加古川線で運行。マイクロエースがNゲージ鉄道模型として発売。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た妖怪

    鮮やかな色彩の正方形の組み合わせの下地に無数の眼が浮かび上がる図柄。電車の模様は見る人の目を楽しませるものだという常識に反抗し、人間が電車から見られる。妖怪「百目」や「目目蓮」にも似たものであった。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た養子

    2歳のある日、多可郡西脇町(現・西脇市)のはずれにあった実家の近くの橋が台風による氾濫で流され仮設の橋が架けられた。小さな板が打ち付けられているばかりの浮き橋で、父が自転車を押しながら安全を確認しながら進む後を母に背負われた横尾は河原から不安な気持ちで見つめていた。母の背中の温もりを通し、両親の心がそのまま大きな愛になって伝わるのを感じる。しかし、同時に死の観念に襲われる。この親子の関係がいつまでも続くはずがないという感覚だった。横尾は両親が50代になってもらわれてきた養子であったため、横尾の眼には2人ともひどく年寄りに見えた。このため、両親と自分の関係が長く続かないのではという漠然とした恐れがあった。また、川の氾濫によって田畑が流され滅びるという自然のもたらしたカタストロフィー(この場合、大災害の意)の匂いの中で破滅的な終末の兆しを感じとった。これが記憶に残るこの世で最初に見た光景である。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

239件中 51 - 60件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード