74件中 51 - 60件表示
  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たコマーシャルメッセージ

    2005年、資生堂が3月に発売した発毛促進剤「薬用アデノゲン」のテレビコマーシャルに対し、「アイデアやコンセプトが私の作品と類似している。広告の作り手の主体性とモラルを問いたい」と抗議。直後に資生堂はCMの放映をやめた。類似していると指摘した横尾自身の作品とは、鏡面床の空間に大量の滝のポストカードをビニールに差込み、壁面3面に展示するものであった。この件に関して、横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た日本万国博覧会

    『せんい館』(1970年)日本万国博覧会横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た多可郡

    1936年 - 兵庫県多可郡西脇町(現在の西脇市)に生まれる。叔父の横尾家に養子に入り、かわいがられて育つ。幼いころから絵本の模写をしていた。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た

    何度もインドを訪れている。宇宙人や的な存在についての言及もあり作品の評価の際にも関連が指摘される。本人も霊感が強く、心霊と会話することが出来ると言う。きっかけは1970年代に宇宙人に、首のところへ送受信装置を埋め込まれ、それにより霊界との交信が可能になったという(『大霊界?丹波哲郎の世界』の対談より)。それらに関するいくつかの著書も出している。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た精神世界

    1974年 - 篠山紀信とインド旅行。この後何度もインドを訪れるようになり精神世界に興味を深める。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た朝日賞

    2012年 - 常に時代と共振する斬新なグラフィックデザイン・絵画の制作により2011年度朝日賞受賞。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た天井桟敷 (劇団)

    1967年 - 寺山修司の「天井棧敷」に参加。 ニューヨーク近代美術館に作品がパーマネントコレクションされる。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た横尾忠則現代美術館

    2012年 - 11月3日に神戸市灘区に横尾忠則現代美術館開館。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た泉鏡花文学賞

    2008年 - 初の小説集『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞受賞。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た油絵

    幅広い作風でジャンルを超えて活動。油絵、オフセット印刷、テクナメーションや立体など技法は多様である。また先行する作品を引用や模写の形で作品に取り入れることも多い。絵を描くことを愛だと表現し、理論や状況分析によって制作する立場はとらない。また、興味をもった対象は膨大な量をコレクションする。それは作品のモチーフになり、時に引用される。1980年代後半から滝を描き続けたときは膨大な滝のポストカードを収集し、コレクション自体も作品化した。2000年からの「暗夜光路」シリーズでは、故郷・西脇市で幼少時によく通った模型店付近にあるY字路を集中して描いた。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

74件中 51 - 60件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード