74件中 61 - 70件表示
  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たNゲージ

    『眼のある電車』(2004年)JR加古川線で運行。マイクロエースがNゲージ鉄道模型として発売。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た兵庫県立西脇高等学校

    1952年 - 兵庫県立西脇高等学校に入学。通信教育で挿絵を学び、油絵やポスター制作を開始する。郵便局員志望だったが教師の勧めで一時は東京の美大受験も考えたが結局地元の印刷屋に就職。地元の商店の包装紙のデザインを手がけ新聞社に引き抜かれる。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たインスタレーション

    アンディ・ウォーホル、荒木経惟など、数多くの芸術家が実践してきた手法であり、インスタレーションの手法としては一般的である。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た宇宙人

    何度もインドを訪れている。宇宙人や霊的な存在についての言及もあり作品の評価の際にも関連が指摘される。本人も霊感が強く、心霊と会話することが出来ると言う。きっかけは1970年代に宇宙人に、首のところへ送受信装置を埋め込まれ、それにより霊界との交信が可能になったという(『大霊界?丹波哲郎の世界』の対談より)。それらに関するいくつかの著書も出している。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た通信教育

    1952年 - 兵庫県立西脇高等学校に入学。通信教育で挿絵を学び、油絵やポスター制作を開始する。郵便局員志望だったが教師の勧めで一時は東京の美大受験も考えたが結局地元の印刷屋に就職。地元の商店の包装紙のデザインを手がけ新聞社に引き抜かれる。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たロータスの伝説

    『週刊少年マガジン』の表紙や、マイルス・デイビスのアルバム『アガルタ』、サンタナのアルバム『ロータスの伝説』『アミーゴ』などのジャケット、1979年貴乃花・1981年千代の富士貢の化粧廻し、宝塚歌劇団のポスター、マツダ・コスモスポーツの海外向けカタログなどもデザインしている。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た漫画少年

    1943年 - 西脇国民学校に入学。漫画を描くようになり『漫画少年』誌に投稿。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た寺内貫太郎一家

    神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言(これはデザイナーは商業的であり、画家より格が低いという思想から。明確な両者の差はない)。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。長女の横尾美美も美術家。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た平四郎危機一発

    新平四郎危機一発」(1969年、TBS)横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た画家

    神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言(これはデザイナーは商業的であり、画家より格が低いという思想から。明確な両者の差はない)。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。長女の横尾美美も美術家。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

74件中 61 - 70件表示

「横尾忠則」のニューストピックワード