120件中 91 - 100件表示
  • 金守貴紀

    金守貴紀から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    金守 貴紀(かなもり たかのり、1985年4月26日 - )は、三重県出身のサッカー選手でポジションはディフェンダー(DF)。JFL・東京武蔵野シティFC所属。金守貴紀 フレッシュアイペディアより)

  • 藤吉皆二朗

    藤吉皆二朗から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    横河武蔵野FC(現:東京武蔵野シティFC)ユースを経て、2010年にトップチームに昇格。藤吉皆二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井貴之

    藤井貴之から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    2017年3月 - 12月 東京武蔵野シティFC(期限付き移籍)藤井貴之 フレッシュアイペディアより)

  • 河野圭吾

    河野圭吾から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    星稜高校から龍谷大学を経て2014年に横河武蔵野FCに加入。2016年にFC大阪に完全移籍した。2017年7月、FC刈谷へ期限付き移籍。河野圭吾 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山晃生

    丸山晃生から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    JFL初得点-2017年5月14日 JFL1st-stage第9節 東京武蔵野シティFC戦(フクダ電子アリーナ)丸山晃生 フレッシュアイペディアより)

  • 沖野泰斗

    沖野泰斗から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    幕張総合高校から東洋大学に進学して、2016年に東京武蔵野シティFCに加入した。沖野泰斗 フレッシュアイペディアより)

  • 冨岡大吾

    冨岡大吾から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    横河武蔵野FC加入2年目の2009年にレギュラーとして定着し、この年に7得点を獲得した。そして3年目となった2010年はチーム内得点王となる9点を獲得した。冨岡大吾 フレッシュアイペディアより)

  • 市原誉昭

    市原誉昭から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    20歳の時に完全帰国し、2ヶ月間練習生として読売サッカークラブでプレーしたが正式契約には至らなかった。NEC山形(現:モンテディオ山形)や大分FC(現:大分トリニータ)でもトライアルを受けたが、最終的には1996年に横河電機(現:東京武蔵野シティFC)に加入して2年間在籍。しかし横河電機ではベンチにも入れず、ライン引きやビデオ係などの雑用をこなした。水戸ホーリーホックからオファーを受けて水戸に加入するが、獲得時の監督が解雇されたことで市原自身も入団から3ヶ月後に退団した。市原誉昭 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原賢聖

    小笠原賢聖から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    横河武蔵野FC(現・東京武蔵野シティFC)の下部組織出身。東久留米総合高校を経て、日本体育大学へ進学。小笠原賢聖 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島ユナイテッドFC

    鹿児島ユナイテッドFCから見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    シーズン中には、元鳥栖の丹羽竜平が加入、北九州から中原秀人が完全移籍で、横浜FCからナ・ソンス、町田からドリアン・バブンスキーを期限付き移籍で獲得。一方で藤井貴之がJFL・東京武蔵野シティFC、今季から加入した木村魁人が古巣の北信越1部・サウルコス福井へ期限付き移籍した。鹿児島ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

120件中 91 - 100件表示

「横河武蔵野FC」のニューストピックワード