106件中 21 - 30件表示
  • 波立紀夫

    波立紀夫から見た横河武蔵野FC横河武蔵野フットボールクラブ

    Jリーグ発足の1993年に湘南ベルマーレ(フジタSC)にて練習生となり契約。1995年にジャパンフットボールリーグの福島FCに加入。1996年のチーム解散まで86試合に出場する。一旦サッカーから離れ、議員秘書となる。2001年に横河武蔵野FCに加入。波立紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 初芝橋本中学校・高等学校

    初芝橋本中学校・高等学校から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    安東利典 - サッカー選手(横河武蔵野FC初芝橋本中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田利明

    堀田利明から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    2007年4月15日のソニー仙台FC戦で2004年9月19日(後期第7節)の横河武蔵野FC戦から続く、JFL公式戦連続フルタイム出場が79試合となり、藤原敬二(FC京都1993)に並ぶJFLタイ記録を達成した。記録は7月7日(後期第2節)のソニー仙台FC戦で途中交代により途切れるまで、91試合まで伸びた。この功により、同年にJFL敢闘賞を受賞した。堀田利明 フレッシュアイペディアより)

  • 伴京次朗

    伴京次朗から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブジュニアユース(調布第四中校)伴京次朗 フレッシュアイペディアより)

  • 横河正三

    横河正三から見た横河武蔵野FC横河武蔵野フットボールクラブ

    社長時代、横河・北辰の合併により、余剰となった人材をリストラせずに、活用する方法にこだわり、多数のグループ会社を設立。計測・制御機器事業を中心に、事業を多角化。現在の横河電機グループの発展を実現させた。また、社内のスポーツ振興に力を注ぎ、古豪として知られる横河電機ラグビー部(現・横河武蔵野アトラスターズ)、サッカー部(横河武蔵野FC)などを育成した。その他、慶應義塾評議員などの公職も兼任した。横河正三 フレッシュアイペディアより)

  • 岡元勇人

    岡元勇人から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    1999年にJ2が発足し、東京ガスもJリーグに加盟しFC東京となったJ2開幕戦にて前半4分に先制ゴールを決め、これがJ2リーグの第1号記念ゴールとしてJリーグ公式記録に岡元の名前が刻まれている。1999年途中から先発での起用は減り始め、J1へと昇格した2000年には試合出場機会は僅か1試合にとどまり、この年限りでチームを去ることになった。2001年に日本フットボールリーグの横河電機(現横河武蔵野FC)に移籍後、選手生活を退く。岡元勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 横河レンタ・リース

    横河レンタ・リースから見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブ:日本フットボールリーグ(JFL)に参加しているクラブチーム。横河レンタ・リース フレッシュアイペディアより)

  • 高松健太郎

    高松健太郎から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    岡山県作陽高校から吉備国際大学(一時期、リバー・フリー・キッカーズ(RFK)に所属。)を経て、2004年三菱水島FCに加入。2008年にFC琉球へ移籍し、2009年からは横河武蔵野FCに所属した。高松健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳澤晶

    柳澤晶から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    水戸ホーリーホックユースから2008年、横河武蔵野FCへ加入。膝の故障などが原因で、2009年に現役引退するが、2011年FC KAGOSHIMAで、現役復帰を果たす。柳澤晶 フレッシュアイペディアより)

  • 柳澤隼

    柳澤隼から見た横河武蔵野FC横河武蔵野フットボールクラブ

    2歳年下の弟、柳澤晶も同じ茨城県立中央高等学校の出身で、2007年には水戸ホーリーホックのユースメンバーに選ばれ、2008年から2009年までJFLの横河武蔵野FCに所属していた。柳澤隼 フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「横河武蔵野FC」のニューストピックワード