106件中 31 - 40件表示
  • 瀬田竜彦

    瀬田竜彦から見た横河武蔵野FC横河武蔵野フットボールクラブ

    瀬田 龍彦(せた たつひこ、1952年1月15日 - )は岩手県盛岡市出身の元サッカー選手。ポジションはGK。ソニー仙台FC所属選手の瀬田貴仁、横河武蔵野FCの瀬田達弘はともに息子。瀬田竜彦 フレッシュアイペディアより)

  • 八十祐治

    八十祐治から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    神戸大学から1993年にガンバ大阪に入団し、その後はヴィッセル神戸、アルビレオ新潟/アルビレックス新潟、横河電機サッカー部に在籍し、2000年に引退。八十祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 前田秀樹

    前田秀樹から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    1998年-1999年 横河電機:監督前田秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 中島健太

    中島健太から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    卒業後は横河武蔵野FCに入団。2007年、2008年には副キャプテンを務めた。中島健太 フレッシュアイペディアより)

  • 霜田正浩

    霜田正浩から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    東京都立高島高等学校を卒業した後、ブラジルへ留学。サッカークラブを渡り歩き経験を積む。帰国後は日本サッカーリーグのフジタ工業クラブや京都紫光クラブでプレー。横河電機でのプレーを最後に現役引退。霜田正浩 フレッシュアイペディアより)

  • 下川誠吾

    下川誠吾から見た横河武蔵野FC横河武蔵野フットボールクラブ

    2009年はリーグ戦では西川が全試合フル出場を果たした為出場機会がなく、ナビスコ3試合・天皇杯1試合の出場に留まった。ただ、天皇杯2回戦・横河武蔵野FC戦ではPK戦にて3本のシュートをストップする活躍を見せチームの勝利の立役者となった。下川誠吾 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立国見高等学校

    長崎県立国見高等学校から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    立花由貴 (元横河武蔵野フットボールクラブ 横河武蔵野FC コーチ)長崎県立国見高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立国見高等学校

    長崎県立国見高等学校から見た横河武蔵野FC横河武蔵野フットボールクラブ

    立花由貴 (元横河武蔵野フットボールクラブ 横河武蔵野FC コーチ)長崎県立国見高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐和也

    五十嵐和也から見た横河武蔵野FC横河武蔵野フットボールクラブ

    遠野高校を卒業後、1984年に古河電工に入団。2年目の1985年にレギュラーの座を掴み、同シーズンの日本サッカーリーグ(JSL)優勝に貢献。1986-1987シーズンには日本のクラブとして初のアジア制覇となったアジアクラブ選手権のタイトルを獲得する。1992年にJリーグが発足した後も古河電工の後身クラブであるジェフユナイテッド市原で1996年までプレーした。ジェフ市原退団後は、当時関東リーグにあった横河電機に移籍し、1999年より日本フットボールリーグ昇格、2000年シーズンで現役を退いた。通算試合出場は、JSLでは115試合、Jリーグでは76試合。五十嵐和也 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ダービー (サッカー)

    東京ダービー (サッカー)から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    主にはFC東京と東京ヴェルディ1969(共に日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟)の試合の呼び名として使われている。なお、当項目ではFC町田ゼルビアや横河武蔵野フットボールクラブなど、FC東京および東京V以外の東京都にホームを置くクラブ間の対戦も記載する。東京ダービー (サッカー) フレッシュアイペディアより)

106件中 31 - 40件表示

「横河武蔵野FC」のニューストピックワード