120件中 71 - 80件表示
  • 小山大樹

    小山大樹から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    小山 大樹(こやま だいき、1981年1月23日 - )は、東京都出身のサッカー選手でポジションはディフェンダー(DF)。JFL・東京武蔵野シティFC所属。小山大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 下川誠吾

    下川誠吾から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    2009年はリーグ戦は西川が全試合フル出場を果たした為プロ1年目以来の出場無しに終わり、ナビスコ3試合・天皇杯1試合の出場にとどまった。ただ、天皇杯2回戦横河武蔵野FC戦ではPK戦にて3本のシュートを止める活躍を見せ、勝利の立役者となった。下川誠吾 フレッシュアイペディアより)

  • 望月湧斗

    望月湧斗から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    2016年、東京武蔵野シティFCに入団した。2017年より同じJFLのラインメール青森に完全移籍した。望月湧斗 フレッシュアイペディアより)

  • 岡庭裕貴

    岡庭裕貴から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    横河武蔵野FCユースから東京農業大学に進学。岡庭裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • 横河正三

    横河正三から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    社長時代、横河・北辰の合併により、余剰となった人材をリストラせずに、活用する方法にこだわり、多数のグループ会社を設立。計測・制御機器事業を中心に、事業を多角化。現在の横河電機グループの発展を実現させた。また、社内のスポーツ振興に力を注ぎ、横河電機サッカー部(現・東京武蔵野シティFC)やラグビー部(現・横河武蔵野アトラスターズ)などを育成した。その他、慶應義塾評議員などの公職も兼任した。横河正三 フレッシュアイペディアより)

  • 安柄俊

    安柄俊から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    横河武蔵野FC(現:東京武蔵野シティFC)の下部組織出身。在日朝鮮人3世であり、東京朝鮮中高級学校高級部に在学中に韓国で行われた2007 FIFA U-17ワールドカップにU-17北朝鮮代表として参加した。安柄俊 フレッシュアイペディアより)

  • 東郷太樹

    東郷太樹から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    2011年に鹿児島実業を卒業し東京ガスサッカー部に入部。2013年に横河武蔵野FCへ移籍。ボランチに入り、巧みに試合を操った。ストッパーでの起用も多く、沈着冷静な守備で貢献。東郷太樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のサッカー

    2016年のサッカーから見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    23日 - 【Jリーグ】Jリーグは東京武蔵野シティFCとFC今治をJリーグ百年構想クラブとして承認すると発表。2016年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のサッカー

    2017年のサッカーから見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    25日 - 【JFL】JFL1stステージ第15節で1位Honda FCはヴェルスパ大分と1 - 1の引き分けで2位ソニー仙台FCは東京武蔵野シティFCに3 - 2で勝利し、共に勝ち点が36で並んだが得失点差でHonda FCが1stステージ1位でJFLチャンピオンシップの出場権を獲得。2017年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木翼 (1990年生のサッカー選手)

    鈴木翼 (1990年生のサッカー選手)から見た東京武蔵野シティFC東京武蔵野シティFC

    2017年、東京武蔵野シティFCに移籍。鈴木翼 (1990年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

120件中 71 - 80件表示

「横河武蔵野FC」のニューストピックワード