106件中 71 - 80件表示
  • 大塚製薬サッカー部

    大塚製薬サッカー部から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    11月21日に開かれたHonda FCとのホンダ都田サッカー場での対戦を2-0で勝利し、横浜FC(1999年-2000年)、Honda FC(2001年-2002年)に次ぐ史上3チーム目のJFL2連覇を達成した。Honda FC(本田技研)とは旧JFLの1994年から同じリーグに所属し、共に企業チームの強豪として各クラブのJリーグ昇格を阻止する「門番」の役割を果たしてきたが、この試合が最後の対戦となったため、双方のサポーターによる惜別のエールが交わされた。大塚製薬は12月5日のリーグ最終戦(後期第15節、鳴門)も試合終了間際の大坪博和の決勝ゴールで横河武蔵野FCを2-1と下し、優勝に花を添えた。大塚製薬サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木慎吾

    鈴木慎吾から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    1996年に浦和レッドダイヤモンズユースからトップチームに昇格を果たすが、わずか1年で戦力外となり関東1部リーグの横河電機(現・横河武蔵野FC)で契約社員として勤務しながらアマチュア選手としてプレーしていた。鈴木慎吾 フレッシュアイペディアより)

  • Tonan前橋

    Tonan前橋から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    都丸昌弘 (ジュニアユース6期生・現横河武蔵野FC)Tonan前橋 フレッシュアイペディアより)

  • 南北多摩合戦

    南北多摩合戦から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    JFLにおいては東京都に国士舘大学サッカー部、横河電機サッカー部→横河武蔵野FC、佐川急便東京SCの3チームが所属し、一時期ダービーが実施されていたが、国士舘は2004年に撤退、佐川も2007年にSAGAWA SHIGA FCとして滋賀県に移転(厳密には佐川急便大阪SCとのチーム統合の上での移転)となり、東京都を本拠とするJFLのクラブは横河1チームのみとなった。南北多摩合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 廣永遼太郎

    廣永遼太郎から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    2008年よりトップチームへ昇格を果たしたが、直後に横河武蔵野FCに登録上は期限付き移籍をした。横河武蔵野の練習のない日にはFC東京の練習に参加し、FC東京公式ウェブサイト内の選手ダイアリーに執筆をするなど、両クラブの理解によりフレキシブルな形で1年を過ごし、経験値を高めた。廣永遼太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小山大樹

    小山大樹から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    小山 大樹(こやま だいき、1981年1月23日 - )は、東京都出身のサッカー選手でポジションはDF。JFL・横河武蔵野FC所属。小山大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 冨岡大吾

    冨岡大吾から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野FC加入2年目の2009年にレギュラーとして定着し、この年に7得点を獲得した。そして3年目となった2010年はチーム内得点王となる9点を獲得した。冨岡大吾 フレッシュアイペディアより)

  • 金守貴紀

    金守貴紀から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    金守 貴紀(かなもり たかのり、1985年4月26日 - )は、三重県出身のサッカー選手でポジションはDF。JFL・横河武蔵野FC所属。金守貴紀 フレッシュアイペディアより)

  • 滝川敬祐

    滝川敬祐から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    2009年にJ2・湘南ベルマーレに加入するも、その年に契約満了となる。2010年よりJFL・横河武蔵野FCでのプレーとなった。しかし怪我のために出場試合が6試合にとどまった。滝川敬祐 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬田達弘

    瀬田達弘から見た横河武蔵野フットボールクラブ横河武蔵野フットボールクラブ

    瀬田 達弘(せた たつひろ、1983年11月28日 - )は、千葉県出身のサッカー選手。ポジションはDF。JFL・横河武蔵野FC所属。瀬田達弘 フレッシュアイペディアより)

106件中 71 - 80件表示

「横河武蔵野FC」のニューストピックワード