前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た日本フットボールリーグ

    東京武蔵野シティFC(とうきょうむさしのシティエフシー、)は、東京都武蔵野市を本拠地とする、日本フットボールリーグ(JFL)に参加しているサッカークラブ。登録チーム名は東京武蔵野シティフットボールクラブである。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た東京スタジアム (多目的スタジアム)

    これは春季・夏季の一時期、芝生保護の観点でフィールド部分を開放しないことにより、武蔵野陸上競技場以外に、味の素スタジアム(味スタ)・アミノバイタルフィールド(アミノF)・味の素スタジアム西競技場(味スタ西)(いずれも調布市)、味の素フィールド西が丘(味フィ西)(北区)、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場(世田谷区)、江東区夢の島陸上競技場、江戸川区陸上競技場での開催も行われている。特に企業チーム時代は、武蔵野以外での試合が過半数を占め、特に西が丘での開催が多かった他、都外(埼玉県、山梨県)での主管試合開催例がある。(年度別成績表参照)東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た斎藤広野

    優勝の期待がかかった2010年は、前年のレギュラーだった太田康介や斎藤広野が揃って同じ東京をホームタウンとするFC町田ゼルビアへ移籍。2人の抜けた穴を埋めることができず、加えて決定力不足が顕著に表れてしまい、チーム得点数は前年の48点から34点(1試合平均得点が1点)に大きく落ち込んでしまい、順位も12位に大きく後退した。この年村山浩史、立花由貴が引退(後にエリースFC東京へ移籍)、チーム得点王の冨岡大吾もAC長野パルセイロへ移籍した。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た立花由貴

    優勝の期待がかかった2010年は、前年のレギュラーだった太田康介や斎藤広野が揃って同じ東京をホームタウンとするFC町田ゼルビアへ移籍。2人の抜けた穴を埋めることができず、加えて決定力不足が顕著に表れてしまい、チーム得点数は前年の48点から34点(1試合平均得点が1点)に大きく落ち込んでしまい、順位も12位に大きく後退した。この年村山浩史、立花由貴が引退(後にエリースFC東京へ移籍)、チーム得点王の冨岡大吾もAC長野パルセイロへ移籍した。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た村山浩史

    優勝の期待がかかった2010年は、前年のレギュラーだった太田康介や斎藤広野が揃って同じ東京をホームタウンとするFC町田ゼルビアへ移籍。2人の抜けた穴を埋めることができず、加えて決定力不足が顕著に表れてしまい、チーム得点数は前年の48点から34点(1試合平均得点が1点)に大きく落ち込んでしまい、順位も12位に大きく後退した。この年村山浩史、立花由貴が引退(後にエリースFC東京へ移籍)、チーム得点王の冨岡大吾もAC長野パルセイロへ移籍した。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た小林陽介

    2011年は小林陽介が5年ぶりに横河武蔵野に復帰するなど5人が加入したが、前年と同じく得点、失点がほぼ同じとなってしまい、15位で辛うじてJFL自動残留となった。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た関野達也

    2009年前期に3位に入り、JFLの天皇杯シードである4位以内に入ったことにより2000-01年大会以来9年ぶり2回目の出場を果たした。年間通しても新人のFW関野達也がチーム得点王となる二桁の10得点を挙げる活躍もあり、リーグ年間順位も過去最高となる2位に躍進した。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た太田康介

    優勝の期待がかかった2010年は、前年のレギュラーだった太田康介や斎藤広野が揃って同じ東京をホームタウンとするFC町田ゼルビアへ移籍。2人の抜けた穴を埋めることができず、加えて決定力不足が顕著に表れてしまい、チーム得点数は前年の48点から34点(1試合平均得点が1点)に大きく落ち込んでしまい、順位も12位に大きく後退した。この年村山浩史、立花由貴が引退(後にエリースFC東京へ移籍)、チーム得点王の冨岡大吾もAC長野パルセイロへ移籍した。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た冨岡大吾

    優勝の期待がかかった2010年は、前年のレギュラーだった太田康介や斎藤広野が揃って同じ東京をホームタウンとするFC町田ゼルビアへ移籍。2人の抜けた穴を埋めることができず、加えて決定力不足が顕著に表れてしまい、チーム得点数は前年の48点から34点(1試合平均得点が1点)に大きく落ち込んでしまい、順位も12位に大きく後退した。この年村山浩史、立花由貴が引退(後にエリースFC東京へ移籍)、チーム得点王の冨岡大吾もAC長野パルセイロへ移籍した。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た高橋周大

    高橋周大 (2007年-2008年にトップチーム所属)東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「横河武蔵野FC」のニューストピックワード