47件中 21 - 30件表示
  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見たエリースFC東京

    優勝の期待がかかった2010年は、前年のレギュラーだった太田康介や斎藤広野が揃って同じ東京をホームタウンとするFC町田ゼルビアへ移籍。2人の抜けた穴を埋めることができず、加えて決定力不足が顕著に表れてしまい、チーム得点数は前年の48点から34点(1試合平均得点が1点)に大きく落ち込んでしまい、順位も12位に大きく後退した。この年村山浩史、立花由貴が引退(後にエリースFC東京へ移籍)、チーム得点王の冨岡大吾もAC長野パルセイロへ移籍した。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た調布市

    これは春季・夏季の一時期、芝生保護の観点でフィールド部分を開放しないことにより、武蔵野陸上競技場以外に、味の素スタジアム(味スタ)・アミノバイタルフィールド(アミノF)・味の素スタジアム西競技場(味スタ西)(いずれも調布市)、味の素フィールド西が丘(味フィ西)(北区)、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場(世田谷区)、江東区夢の島陸上競技場、江戸川区陸上競技場での開催も行われている。特に企業チーム時代は、武蔵野以外での試合が過半数を占め、特に西が丘での開催が多かった他、都外(埼玉県、山梨県)での主管試合開催例がある。(年度別成績表参照)東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た関東大学サッカーリーグ戦

    JFLに昇格した当初は下位に低迷し、2000年には最下位も経験したが、2006年頃からセレクションで獲得した選手がレギュラーで活躍するようになり(特に関東大学リーグ所属だった選手を中心に獲得している。)、リーグ戦の成績は上向きになった。特に横河武蔵野は守備力が高いのが特徴でJFLでは上位に位置するようになった。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た国立霞ヶ丘陸上競技場

    クラブ化された2004年以後は、武蔵野での開催を過半数行うようにしている。なお、2008年は3月16日の開幕戦・アルテ高崎戦をJFL参加10周年記念試合として、JFLのチームとして(ジャパンフットボールリーグ時代含む)初めて国立霞ヶ丘陸上競技場で主催試合を行うことになった。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た日本プロサッカーリーグ

    2015年11月15日にJリーグ参入を目指し、Jリーグ百年構想クラブの申請手続きを行うと発表した。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見たJリーグ加盟を目指すクラブ

    東京武蔵野シティFC(とうきょうむさしのシティエフシー、)は、東京都武蔵野市を本拠地とする、日本フットボールリーグ(JFL)に参加しているサッカークラブ。登録チーム名は東京武蔵野シティフットボールクラブである。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た佐川急便東京SC

    2006年12月、運営法人「特定非営利活動法人武蔵野スポーツクラブ」(東京都知事認証NPO)を設立。サッカーを中心軸に様々なスポーツ活動に取り組んでいく姿勢を打ち出す。なお、2007年から佐川急便東京SCが佐川急便SCとして滋賀県に移転・統合されたので、2008年シーズンまでと2012年はJFL加盟クラブとしては唯一東京都に本拠を置くクラブであった。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た知事

    2006年12月、運営法人「特定非営利活動法人武蔵野スポーツクラブ」(東京都知事認証NPO)を設立。サッカーを中心軸に様々なスポーツ活動に取り組んでいく姿勢を打ち出す。なお、2007年から佐川急便東京SCが佐川急便SCとして滋賀県に移転・統合されたので、2008年シーズンまでと2012年はJFL加盟クラブとしては唯一東京都に本拠を置くクラブであった。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た武蔵野陸上競技場

    メイン本拠地は武蔵野陸上競技場だが、東京都内の他のスタジアムでも開催される。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た関東サッカーリーグ

    1939年に創設された横河電機サッカー部が前身。1978年に関東サッカーリーグへ初めて昇格。1994年に関東リーグで初優勝。1999年に日本フットボールリーグ(JFL)へ昇格した(詳細は第7回ジャパンフットボールリーグを参照)。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「横河武蔵野FC」のニューストピックワード