45件中 21 - 30件表示
  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見たAC長野パルセイロ

    優勝の期待がかかった2010年は、前年のレギュラーだった太田康介や斎藤広野が揃って同じ東京をホームタウンとするFC町田ゼルビアへ移籍。2人の抜けた穴を埋めることができず、加えて決定力不足が顕著に表れてしまい、チーム得点数は前年の48点から34点(1試合平均得点が1点)に大きく落ち込んでしまい、順位も12位に大きく後退した。この年村山浩史、立花由貴が引退(後にエリースFC東京へ移籍)、チーム得点王の冨岡大吾もAC長野パルセイロへ移籍した。横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見たジュビロ磐田

    宮崎智彦 (ジュニアユース・現ジュビロ磐田)横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見たアンブロ

    サプライヤー アンブロ横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見た東京スタジアム (多目的スタジアム)

    2003年、武蔵野市のサッカー振興を目指したクラブチームとして「横河武蔵野フットボールクラブ」に名称を改称した。メイン本拠地は武蔵野陸上競技場だが、味の素スタジアム、西が丘サッカー場、多摩市立陸上競技場、江東区夢の島陸上競技場でも開催される。(これは春季・夏季の一時期、芝生保護の観点でフィールド部分を開放しないことによる)なお、2008年は3月16日の開幕戦・アルテ高崎戦をJFL参加10周年記念試合として、JFLのチームとして(ジャパンフットボールリーグ時代含む)初めて国立霞ヶ丘陸上競技場で主催試合を行うことになった。横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見たエリースFC東京

    優勝の期待がかかった2010年は、前年のレギュラーだった太田康介や斎藤広野が揃って同じ東京をホームタウンとするFC町田ゼルビアへ移籍。2人の抜けた穴を埋めることができず、加えて決定力不足が顕著に表れてしまい、チーム得点数は前年の48点から34点(1試合平均得点が1点)に大きく落ち込んでしまい、順位も12位に大きく後退した。この年村山浩史、立花由貴が引退(後にエリースFC東京へ移籍)、チーム得点王の冨岡大吾もAC長野パルセイロへ移籍した。横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見た東京都

    横河武蔵野フットボールクラブ(よこがわむさしのフットボールクラブ、)は、東京都武蔵野市を本拠地とする、日本フットボールリーグ(JFL)に参加しているクラブチーム。横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見た国立西が丘サッカー場

    2003年、武蔵野市のサッカー振興を目指したクラブチームとして「横河武蔵野フットボールクラブ」に名称を改称した。メイン本拠地は武蔵野陸上競技場だが、味の素スタジアム、西が丘サッカー場、多摩市立陸上競技場、江東区夢の島陸上競技場でも開催される。(これは春季・夏季の一時期、芝生保護の観点でフィールド部分を開放しないことによる)なお、2008年は3月16日の開幕戦・アルテ高崎戦をJFL参加10周年記念試合として、JFLのチームとして(ジャパンフットボールリーグ時代含む)初めて国立霞ヶ丘陸上競技場で主催試合を行うことになった。横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見た国立霞ヶ丘陸上競技場

    2003年、武蔵野市のサッカー振興を目指したクラブチームとして「横河武蔵野フットボールクラブ」に名称を改称した。メイン本拠地は武蔵野陸上競技場だが、味の素スタジアム、西が丘サッカー場、多摩市立陸上競技場、江東区夢の島陸上競技場でも開催される。(これは春季・夏季の一時期、芝生保護の観点でフィールド部分を開放しないことによる)なお、2008年は3月16日の開幕戦・アルテ高崎戦をJFL参加10周年記念試合として、JFLのチームとして(ジャパンフットボールリーグ時代含む)初めて国立霞ヶ丘陸上競技場で主催試合を行うことになった。横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見た第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    2012年は冨岡が2年ぶりに復帰するなど7人が横河武蔵野に加入した。その中で第92回天皇杯でFC東京に勝利してクラブ史上初めてJ1チームに勝利し、ベスト16入りを果たした。リーグ戦のほうも10位に躍進した。横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見た関東サッカーリーグ

    1939年(昭和14年)、横河電機サッカー部として創部。現在のJFL加盟チームでは最も長い歴史を誇る。1978年(昭和53年)の関東サッカーリーグへ昇格後、二度にわたる東京都リーグへの降格を経験するが、1991年から本格的なチーム強化が始まり、1993年以降は、全国社会人サッカー選手権や関東リーグで優勝を重ねる力をつけ、1999年にはJFL昇格を果たした。横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「横河武蔵野FC」のニューストピックワード