626件中 41 - 50件表示
  • 横浜市

    横浜市から見た南能衛

    作詞・森林太郎(森鴎外)、作曲・南能衛横浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市

    横浜市から見た横山剣

    作詞・駒井瞭、作曲・横山剣(クレイジーケンバンド)横浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市

    横浜市から見た平沼亮三

    1950年(昭和25年)、横浜国際港都建設法が制定され、復興に向けた取り組みが本格化する。1951年(昭和26年)には、対日講和条約が締結され日本の連合国による占領体制が終わり、新たに市長となった実業家で元貴族院議員の平沼亮三の下、接収解除に向けて動き始めた。また、この年には、横浜港の管理が国から市に移管された。条約が発効した翌1952年(昭和27年)以降、大桟橋や山下公園などが次々と接収解除された。1957年(昭和32年)には横浜国際港都建設総合基幹計画が決定され、今日に至るまでの都市計画の骨子となった。なお市域には475万m?余の在日米軍施設がある(2006年(平成18年)1月1日現在)。横浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市

    横浜市から見た山崎誠

    松本純(自由民主党、神奈川1区)、三村和也(民主党、神奈川2区)、浅尾慶一郎(みんなの党、神奈川4区)、山崎誠(民主党、神奈川8区)横浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市

    横浜市から見たマシュー・ペリー

    横浜村の運命を一変させたのは、当時国交を持たなかったアメリカのマシュー・ペリー率いる黒船の来航であった。太平洋航路の拠点として、また、捕鯨の際の供給基地として日本の港を利用することを望んだアメリカ海軍の黒船一行は六浦藩小柴村沖(現在の金沢区八景島周辺)に無許可のまま2か月間投錨し、幕府の対応を待った後に横浜沖へと進み入り、その後幕府は横浜村に設営した応接所で外交交渉を行った。交渉の結果1854年(安政元年)に横浜村で日米和親条約が締結され、1858年(安政5年)には神奈川沖・小柴(現・八景島周辺)のポウハタン号上で日米修好通商条約が締結された。この通商条約に「神奈川」を開港するよう定めたことが、横浜の都市開発の発端となった。横浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市

    横浜市から見た細郷道一

    1977年(昭和52年)には金沢地先埋立が完成し、1990年(平成2年)に大黒埠頭の埋立(第2期)が完成すると、横浜の東京湾沿岸における大規模埋立事業は一段落した。日本社会党委員長として国政に復帰した飛鳥田のあとを受けて、1978年(昭和53年)に市長となった細郷道一も、六大事業の推進に力を注いだ。1980年(昭和55年)には港北ニュータウンの入居が始まり、1985年(昭和60年)には人口が300万人を超えた。また、1978年(昭和53年)には横浜スタジアムが完成し、横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)の本拠地となった。横浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市

    横浜市から見たクレイジーケンバンド

    作詞・駒井瞭、作曲・横山剣(クレイジーケンバンド横浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市

    横浜市から見た高秀秀信

    1989年(平成元年)、市制100年と開港130年を記念して、横浜博覧会が開催された。同年には横浜ベイブリッジも開通し、1994年(平成6年)の鶴見つばさ橋開通とあわせて、首都高速湾岸線の整備・延伸が進んだ。1990年(平成2年)、急逝した細郷のあとを引き継いで市長となった高秀秀信は、六大事業の中心となる都心部強化、横浜駅周辺地区と関内地区の間をつなぐ横浜みなとみらい21地区の整備を本格化させた。1993年(平成5年)には、みなとみらい21地区のシンボルとなる横浜ランドマークタワーが完成した。横浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市

    横浜市から見た安閑天皇

    市域の地名に関する文献上の初出は、『日本書紀』の安閑天皇元年(534年)の条とされる。武蔵国に住む豪族が、橘花(たちばな。橘樹郡)、倉樔(くらす。後に久良(くら)郡、さらに久良岐(くらき)郡)ほか4か所を屯倉として献上したと記される。7世紀後半までに市域には、武蔵国橘樹郡、久良岐郡、都筑郡、相模国鎌倉郡が置かれた。都筑区の長者原遺跡(ちょうじゃっぱらいせき)は、8世紀に成立した都筑郡衙跡とされる。なお、都筑郡の名が見える最古の記録は、『万葉集』である。927年(延長5年)には、都筑郡の杉山神社が、式内社とされた。この杉山神社には論社がいくつかあり、位置は確定されていない。横浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市

    横浜市から見たご当地ソング

    横浜を歌ったご当地ソングは数多くある。1998年(平成10年)1月3日放送の「出没!アド街ック天国」で紹介された「全国名曲の街ベスト50」では、第1位は横浜(ブルー・ライト・ヨコハマ)だった。主要な曲目については神奈川県のご当地ソング一覧を参照。横浜市 フレッシュアイペディアより)

626件中 41 - 50件表示

「横浜のできごと」のニューストピックワード