33件中 11 - 20件表示
  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た住基ネット

    当選した中田は市政改革に取り組み、ゴミ分別回収や保育所の民営化、横浜市立大学改革や住基ネットの任意参加など、独自の政策を取っている。2006年横浜市長選挙でも、83.68%の得票を得て再選している。一方、落選した高秀は選挙直後の8月、73歳の誕生日から11日後に食道静脈瘤破裂のため逝去した。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た衆議院議員

    2002年横浜市長選挙(2002年よこはましちょうせんきょ)は、2002年(平成14年)3月31日に行われた横浜市の市長選挙である。4期目を目指す現職の高秀秀信と、前衆議院議員中田宏の事実上の一騎打ちで争われ、新人の中田が現職の高秀を破った選挙である。投票率は39.35%で前回に比べ5.24%のアップとなっている。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た都筑区

    なお、行政区別の得票数を見ると中田の出身地である青葉区で4万票近く差をつけたが、港北区・金沢区・栄区・緑区・都筑区以外の12区では高秀が中田の得票を上回っていた。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た選挙

    2002年横浜市長選挙(2002年よこはましちょうせんきょ)は、2002年(平成14年)3月31日に行われた横浜市の市長選挙である。4期目を目指す現職の高秀秀信と、前衆議院議員中田宏の事実上の一騎打ちで争われ、新人の中田が現職の高秀を破った選挙である。投票率は39.35%で前回に比べ5.24%のアップとなっている。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た横浜国際総合競技場

    この選挙が行われた2002年当時、高秀市政時代の横浜国際総合競技場や横浜市営地下鉄整備などの大型公共事業(いわゆる箱物行政)や、高齢者福祉事業により市財政は逼迫しており、また高秀の当時72歳という高齢と、既に3期12年という多選に対する批判、更に中央政界で既成政党からスキャンダル続出しオール与党による相乗り批判もあり、そういった批判票も中田を当選させる原動力となった。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た被選挙権

    1990年から3期12年市長の座にあり、自民党、民主党(但し県連レベルであり党本部は中立)、公明党、社民党、保守党のオール与党からの推薦、さらに連合の支援を受けた組織選挙を展開した高秀に対して、改革派のイメージと若さを売りに、一度出馬を表明しながら辞退した26歳の竹田恒泰、更に自民党総裁だが郵政民営化論者の党派を超えた同志小泉純一郎(当時)や民主党の一部からも非公式の支持を受け、無党派層を取り込んだ中田が勝利した選挙である。この当選により中田は政令指定都市ではもっとも若い市長(当選当時37歳)となった。なお中田は高秀が初当選した1990年横浜市長選挙の時点で25歳と被選挙権を有していたが不出馬、高秀陣営の選挙ボランティアをつとめている。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た社会民主党 (日本 1996-)

    1990年から3期12年市長の座にあり、自民党、民主党(但し県連レベルであり党本部は中立)、公明党、社民党、保守党のオール与党からの推薦、さらに連合の支援を受けた組織選挙を展開した高秀に対して、改革派のイメージと若さを売りに、一度出馬を表明しながら辞退した26歳の竹田恒泰、更に自民党総裁だが郵政民営化論者の党派を超えた同志小泉純一郎(当時)や民主党の一部からも非公式の支持を受け、無党派層を取り込んだ中田が勝利した選挙である。この当選により中田は政令指定都市ではもっとも若い市長(当選当時37歳)となった。なお中田は高秀が初当選した1990年横浜市長選挙の時点で25歳と被選挙権を有していたが不出馬、高秀陣営の選挙ボランティアをつとめている。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た箱物行政

    この選挙が行われた2002年当時、高秀市政時代の横浜国際総合競技場や横浜市営地下鉄整備などの大型公共事業(いわゆる箱物行政)や、高齢者福祉事業により市財政は逼迫しており、また高秀の当時72歳という高齢と、既に3期12年という多選に対する批判、更に中央政界で既成政党からスキャンダル続出しオール与党による相乗り批判もあり、そういった批判票も中田を当選させる原動力となった。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た緑区 (横浜市)

    なお、行政区別の得票数を見ると中田の出身地である青葉区で4万票近く差をつけたが、港北区・金沢区・栄区・緑区・都筑区以外の12区では高秀が中田の得票を上回っていた。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た民主党 (日本 1998-)

    1990年から3期12年市長の座にあり、自民党、民主党(但し県連レベルであり党本部は中立)、公明党、社民党、保守党のオール与党からの推薦、さらに連合の支援を受けた組織選挙を展開した高秀に対して、改革派のイメージと若さを売りに、一度出馬を表明しながら辞退した26歳の竹田恒泰、更に自民党総裁だが郵政民営化論者の党派を超えた同志小泉純一郎(当時)や民主党の一部からも非公式の支持を受け、無党派層を取り込んだ中田が勝利した選挙である。この当選により中田は政令指定都市ではもっとも若い市長(当選当時37歳)となった。なお中田は高秀が初当選した1990年横浜市長選挙の時点で25歳と被選挙権を有していたが不出馬、高秀陣営の選挙ボランティアをつとめている。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示