119件中 31 - 40件表示
  • 神奈川県道片瀬大磯線

    神奈川県道片瀬大磯線から見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    『雨の湘南通り』:T.C.R.横浜銀蝿R.S.神奈川県道片瀬大磯線 フレッシュアイペディアより)

  • ピョン吉・ロックンロール

    ピョン吉・ロックンロールから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    作詞・作曲:横浜銀蝿/編曲:小六禮次郎ピョン吉・ロックンロール フレッシュアイペディアより)

  • ぶっちぎりVII

    ぶっちぎりVIIから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    ぶっちぎりVII(ぶっちぎりせぶん)は横浜銀蝿のアルバム。ぶっちぎりVII フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・ディーンのように

    ジェームス・ディーンのようにから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    横浜銀蝿のギター、Johnnyのソロデビューシングル。表題曲は本人も出演するTBS「茜さんのお弁当」主題歌。ジェームス・ディーンのように フレッシュアイペディアより)

  • 完全無欠のロックンローラー

    完全無欠のロックンローラーから見た横浜銀蠅横浜銀蝿

    歌の始めの部分は民謡の秋田音頭、さびの部分は横浜銀蠅のツッパリHigh School Rock'n Roll (登校編)のメロディーを引用したことを高原は語っている。完全無欠のロックンローラー フレッシュアイペディアより)

  • フレンズ (男性アイドルグループ)

    フレンズ (男性アイドルグループ)から見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    一方、「ニューフレンズ」は水無月と入れ替わりで高木貴司の兄弟の高木智司が加入し、バンド「ロッキーズ」として1978年に『砂漠のファンタジー c/w 夏のラブソング』レコードデビュー。続いて『ムーン・ライト・クィーン c/w さがしもの』(1978年)、『燃ゆる想い c/w ナインス・ハイ』(1979年)と、計3枚のシングルをリリースするもヒットには至らず、ユタカプロダクションの後輩である「銀蝿一家」のバックバンドとなった。フレンズ (男性アイドルグループ) フレッシュアイペディアより)

  • 桃太郎 (ミュージシャン)

    桃太郎 (ミュージシャン)から見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    横浜銀蝿の弟分「銀蝿一家」の一員として嶋大輔に次いでデビューした紅麗威甦(グリース)のメンバーとしてデビュー。桃太郎 (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • シンカク高橋

    シンカク高橋から見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    15歳から続けているサーフィンなどのアクション系エクストリームスポーツだけでなく、鉄道旅行(ローカル線、秘境駅など)も趣味としているなどと公開SNSで語っている。誰も知らない自分だけの美景、絶景、夜景を探すという変わった趣味がある。また、ザ・ビーチ・ボーイズ、グリーンデイ、ジェームズ・ディーン、亀田史郎、太宰治、西村京太郎、マルコムX、厚切りジェイソン、パックン、チャイコフスキー、グリーグ、バッハ、ショパン、パッヘルベル、ベートーヴェン、ヨハン・シュトラウス2世、シューベルト、シューマン、ドヴォルザーク、サティ、ドビュッシー、リスト、モーツァルト、辻井伸行、フジコ・ヘミング、アーヴィング・バーリン、バート・バカラック、ギルバート・オサリバン、フィル・スペクター、ジョン・レノン、デニス・ウィルソン、ポール・マッカートニー、ポール・アンカ、ブライアン・ウィルソン、ザ・ビートルズ、ベン・E・キング、ルイ・アームストロング、ジョージ・ハリスン、NOFX、筒美京平、小林亜星、山田耕作、宇崎竜童、平尾昌晃、都倉俊一、NOBODY、芹沢廣明、矢沢永吉、三木たかし、坂本龍一、NIAGARA TRIANGLE Vol.2(ナイアガラ・トライアングル=大瀧詠一、杉真理、佐野元春、伊藤銀次、山下達郎などから構成されるグループ)、織田哲郎、ジャン&ディーン、忌野清志郎、甲斐よしひろ、尾崎豊、桑田佳祐、キヨシ小林、桜井和寿、亀田誠治、小林武史、栗林誠一郎、GLAY、松任谷正隆、高木ブー(演奏家として)、ザ・ブルーハーツ、甲本ヒロト、はなわ(作曲者として)、Johnny、サーカス (歌手)、THE MODS、弾厚作、沢田研二、クールス、ダ・カーポ、アルフィー、高見沢俊彦、長戸大幸、BEGIN、チェッカーズ、BLACK CATS、斎藤和義、宮沢和史、加瀬邦彦、鈴木キサブロー、キダ・タロー、大野克夫、佐久間正英、高橋ジョージ、はしだのりひこ、TAKU、オフコース、ハウンドドッグ、杉田二郎、ベイシティローラーズ、翔、鮎川誠、滝廉太郎、エルビス・プレスリー、175R、SHOGO、さだまさし、谷村新司、横浜銀蝿、堀内孝雄、吉田拓郎、南こうせつ、デビー・ギブソン、伊勢正三、中島みゆき、松山千春、ユーミン、長淵剛、大澤誉志幸、竹内まりや、MONGOL800、加藤和彦、井上陽水、葉加瀬太郎、福山雅治、玉置浩二、石井竜也、BOOWY、向谷実、ノーランズ、内田裕也、島崎藤村、小林多喜二、深見東州、SEKAI NO OWARI、ペットショップボーイズ、阿久悠、ディズニー音楽、映画音楽、クリスマス音楽、沖縄音楽、メロコア、青春パンク系、メロディック・パンク系(ポップ・パンク)、童謡などの大ファンである(そのほとんどは、音楽そのものとして、または作曲者、周囲の創作者、編曲者として、もしくは、アーティスト(表現者)の生き方としてのファンである。)。その他多くの1950?1990年頃の作曲者、ロックンローラー、シンガーソングライター(男女別やジャンル、洋邦を問わず)などからも多大な影響を受けている(特に、ニューミュージック系、フォークソング系、演歌系、歌謡曲系、湘南サウンド系、ポップス系、ロックンロール系、オールディーズ系、ドゥーワップ系、ソフトロック系、サーフロック・サーフィンホットロッド系)。1992年、尾崎豊の護国寺での葬儀、追悼式に参列し、その後、埼玉でお墓参りをしている。1997年には、グリーグの作曲部屋を訪問している。シンカク高橋 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀Baby

    横須賀Babyから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    「横須賀Baby」(よこすかベイビー)は、1980年9月21日に発売された横浜銀蝿のデビューシングル。発売元はキングレコード。横須賀Baby フレッシュアイペディアより)

  • HI-PRIX

    HI-PRIXから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    原曲は横浜銀蝿。動物編・焼肉編・くだもの編・外国編・女の子編・男の子編・都道府県編・動物編その2・魚編がある(動物編は原曲の横浜銀蝿版と同じ歌詞、外国編は小泉今日子のカバー版と同じ歌詞)。着うた・着うたフルで配信中。HI-PRIX フレッシュアイペディアより)

119件中 31 - 40件表示

「横浜銀蝿」のニューストピックワード