100件中 81 - 90件表示
  • ハエ

    ハエから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    横浜銀蝿 - 日本のロックバンド。ハエ フレッシュアイペディアより)

  • しりとり

    しりとりから見た横浜銀蠅横浜銀蝿

    横浜銀蠅 - しりとりを題材とする『尻取りRock'nRoll』をリリース。トヨタ・シエンタCMソングとして起用されたしりとり フレッシュアイペディアより)

  • Wink

    Winkから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    Winkのトータル・ディレクションを手がけたのはTCR横浜銀蝿RSや山瀬まみも手がけた元ジャックスの水橋春夫である。Wink フレッシュアイペディアより)

  • ヴィレッジ・シンガーズ

    ヴィレッジ・シンガーズから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    2002年、島谷ひとみによる「亜麻色の髪の乙女」がヒットしていたのに便乗し、「元・ヴィレッジ・シンガーズの清水道夫」を語るニセモノの男が出没し、長野県御代田町主催の「信州御代田龍神まつり」の前夜祭として行われたカラオケ大会特別審査員として出演、唄まで披露する詐欺事件があった。その男は、自分の妻にも「清水道夫」と名乗っていたという。なお外見は似ても似つかぬコワモテであった。なお、この男は1996年に長野県内で「横浜銀蝿」のメンバーを騙った詐欺事件で逮捕された経歴があった。この事件が発生してまもなく本物のヴィレッジ・シンガーズが「思い出のメロディー」に出演。「ニセモノの方が歌は巧かった」ともっぱらの評判である。このVTRをみた清水は「似ているところもあったんじゃないの。ものまねタレントとしてなら多少は通用したかも」とコメントした。(出典:デイリースポーツでの後述の御代田町ライブの記事)翌年、前年カラオケ大会を共催した西軽井沢ケーブルテレビからの「グループサウンズを後世に残したい」とのオファーを受け、前夜祭に出演した。「私達が本物のヴィレッジ・シンガーズです」と挨拶して雨の中でライブを披露した。ヴィレッジ・シンガーズ フレッシュアイペディアより)

  • めちゃ×2イケてるッ!のコーナー

    めちゃ×2イケてるッ!のコーナーから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    グアムロケで錦野旦とのビーチフラッグスに負けレギュラー脱退、シャ乱Qのたいせーとの相撲対決で負け芸能界引退、元めちゃイケプロデューサーの小西Pとの相撲対決に勝ちめちゃイケプロデューサーに。横浜銀蝿リーダーRUNとの相撲対決で勝ちメンバーとして行方不明のジョニーの代わりにジョニー2:50としてコンサート出演。嵐のメンバー、ジャッキー・チェンファミリーになったことも。加藤出演の「人にやさしく」出演者に物申して以来(準最新作、2002年2月)行われていなかったが、2007年12月、5年ぶりに復活した(こちらを参照)。めちゃ×2イケてるッ!のコーナー フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代

    1980年代から見た横浜銀蠅横浜銀蝿

    ジャニーズ事務所所属アイドルの「ジャニーズ組」や萩本欽一を中心とする「欽ちゃんファミリー」や横浜銀蠅を中心とする「銀蠅一家」と言う派閥が生まれる1980年代 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代

    1980年代から見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    シャネルズ・横浜銀蝿・チェッカーズと言ったロックバンドが活躍1980年代 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずのみなさんのおかげです

    とんねるずのみなさんのおかげですから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    メリケンキッズ - 中京テレビ『早見優のアメリカンキッズ』のパロディ。観月ありさの参加によるもので、観月が「アリーサ」、木梨が「ノリソン」、石橋が「イエダニー教授」に扮し、英語ではなくヤンキーについて解説するコーナーであった。ヤンキー用語についての解説もあったが、使用例は駄洒落であった(例:血ぃみてえのかよ→地井みてえのかよ、ラリってんじゃねぇよ→ラリーってんじゃねぇよ)。コーナーラストは横浜銀蝿などのヤンキーソングを歌って終わる。後に「早見優のアメリカンキッズ」からTシャツが贈られ、セットの壁に飾られていた。とんねるずのみなさんのおかげです フレッシュアイペディアより)

  • 巨神ゴーグ

    巨神ゴーグから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    作詞 - 康珍化 / 作曲 - 鈴木キサブロー / 編曲 - 萩田光雄 / 歌 - TAKU巨神ゴーグ フレッシュアイペディアより)

  • BOOWY

    BOOWYから見た横浜銀蠅横浜銀蝿

    サポートメンバーとして木村マモルを迎え、メンバーが揃う。所属事務所ビーイングの副社長でサウンドプロデューサーの月光恵亮により、その当時“ガール”というイギリスのハードロックバンド(メンバーは全員男性)がいたことに対抗し、こちらは男ばかりだからそのまま“ボーイ”だろうということで、当て字で『暴威』と命名された。それを聞いた社長の長戸大幸からは、当時人気だった『横浜銀蠅』にあやかって『群馬暴威』という名を提案されたものの、メンバーから猛反対され即ボツになった。BOOWY フレッシュアイペディアより)

100件中 81 - 90件表示

「横浜銀蝿」のニューストピックワード