119件中 81 - 90件表示
  • ハエ

    ハエから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    横浜銀蝿 - 日本のロックバンド。ハエ フレッシュアイペディアより)

  • 夜はともだち

    夜はともだちから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    22:45 横浜銀蝿只今参上 → ハラハラクラブ〜ハラボー言葉にご用心 (原由子。横浜銀蝿の後番組)夜はともだち フレッシュアイペディアより)

  • デュラララ!!

    デュラララ!!から見た横浜銀蠅横浜銀蝿

    歌 - 門田京平(中村悠一) / オリジナル:横浜銀蠅デュラララ!! フレッシュアイペディアより)

  • キャロル (バンド)

    キャロル (バンド)から見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    クールス?ダウン・タウン・ブギウギ・バンド?横浜銀蝿?虎舞竜?氣志團らに至るツッパリ系ロックン・ロールバンドのルーツである。またシャネルズ、チェッカーズは、音楽的にはクールスの流れを汲むもの。キャロル (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • リーゼント

    リーゼントから見た横浜銀蠅横浜銀蝿

    また、不良やヤンキーの代名詞としてリーゼント(より狭義にはポンパドール)が認識されている場合がある。原因としては、不良スタイルで一世を風靡した横浜銀蠅がパンチパーマをかけたポンパドールスタイルであったため、「不良=リーゼント」という認識が広まったためと考えられる。しかし、前述のように、これはポンパドールの間違いでありリーゼントスタイルではない。リーゼント フレッシュアイペディアより)

  • バブル世代

    バブル世代から見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    中学時代から高校時代に当たる1980年代前半はツッパリ文化の最盛期で、矢沢永吉や横浜銀蝿などの、リーゼントロックとツッパリ(不良)ファッションが、当時の管理教育に反発する少年層の間で大流行した。校内暴力発生件数が戦後最多を記録したのもこの時期である。80年代を通して、アイドルでは松田聖子やたのきんトリオ、シブがき隊、中森明菜などがブームになっていた。バブル世代 フレッシュアイペディアより)

  • OH!スーパーミルクチャン

    OH!スーパーミルクチャンから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    横浜銀蝿の替え歌。フルサイズ版とテレビサイズ版では曲のアレンジが異なる。またEDの最後には大統領の魂の叫びがあるのだが、大阪府知事(当時)だった横山ノックの不祥事を擁護するようなセリフ(「大阪府知事をいじめるな」)だった時期があるが、変更されている。OH!スーパーミルクチャン フレッシュアイペディアより)

  • 杉本哲太

    杉本哲太から見た横浜銀蠅横浜銀蝿

    1981年、横浜銀蠅ファミリーのロックバンド、紅麗威甦(グリース)でデビュー。左手に包帯を巻き、リーゼントの出で立ちで人気を博し、同年、『茜さんのお弁当』に嶋大輔らとともに不良少年役でレギュラー出演。杉本哲太 フレッシュアイペディアより)

  • BOOWY

    BOOWYから見た横浜銀蠅横浜銀蝿

    サポートメンバーとして木村マモルを迎え、メンバーが揃う。所属事務所ビーイングの副社長でサウンドプロデューサーの月光恵亮により、その当時「」というイギリスのハードロックバンド(メンバーは全員男性)がいたことに対抗し、こちらは男ばかりだからそのまま「ボーイ」だろうということで、当て字で『暴威』と命名された。それを聞いた社長の長戸大幸からは、当時人気だった『横浜銀蠅』にあやかって『群馬暴威』という名を提案されたものの、メンバーから猛反対され即ボツになった。BOOWY フレッシュアイペディアより)

  • Wink

    Winkから見た横浜銀蝿横浜銀蝿

    Winkのトータル・ディレクションを手がけたのはTCR横浜銀蝿RSや山瀬まみも手がけた元ジャックスの水橋春夫である。Wink フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「横浜銀蝿」のニューストピックワード