100件中 31 - 40件表示
  • 横浜銀蝿

    横浜銀蝿から見た高橋和勧

    商店街な人 (2010年、ワップフィルム 高橋和勧 監督)横浜銀蝿 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜銀蝿

    横浜銀蝿から見た横山みゆき

    横山みゆきがアルバム『セカンド』の中でカバー。(1980年)横浜銀蝿 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜銀蝿

    横浜銀蝿から見たJohnny

    Johnny(ジョニー、本名:浅沼 正人、1958年5月9日 - ) - ギター、ボーカル横浜銀蝿 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜銀蝿

    横浜銀蝿から見た脳梗塞

    最年長者。リーダーで、翔の実兄。キャンディーズのランこと伊藤蘭のファンだったことから、これをもじって「嵐」と名乗った。血液型AB型。数曲の作者として「タミヤヨシユキ」名でクレジットされている。2001年の第19回参議院議員通常選挙に自由連合公認で比例代表区から立候補したが、落選した。2004年に脳梗塞にかかり開頭手術を受けた。2006年6月9日の結成25周年記念コンサートでは、デビュー曲「横須賀Baby」を演奏したが、その後もリハビリを続け、ドラムをサポートメンバーに委ねながらもコーラスやボーカルでステージに参加している。相模工業大学附属高等学校卒、関東学院大学中退。キャラクターと違い声は甲高く柔らかい人物とされる。横浜銀蝿 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜銀蝿

    横浜銀蝿から見たサンデージャポン

    また嵐はTBSテレビ『サンデージャポン』で、三田佳子の次男・高橋祐也が再犯で逮捕されたことに関連してコメントを求められた際、再犯の可能性を確認するために翔に対して尿検査を頻繁に行わせている事や、自身や家族も覚せい剤についての勉強をしている事を告白し、家族の協力の必要性も訴えた。横浜銀蝿 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜銀蝿

    横浜銀蝿から見たバレンタインデー

    神奈川県立柏陽高等学校、神奈川大学卒業。グループ所属中もソロでレコードリリースなどの活動をしていた。メンバーの中で一番人気があり、バレンタインデーにはトラック何台分もの大量のチョコレートが贈られ、本人はその事が不思議だったらしく、大量のチョコレートを見て「この国はどうなってるんだ?」と思ったと言う。解散後もソロ活動を継続した後、1988年にキングレコードに就職。中山美穂、的場浩司らをディレクターとして手掛け、2002年からは「ベルウッドレコード」プロデューサー。1998年の再結成には、復活第一弾アルバム『ぶっちぎりVII』のレコーディング及びCD・ライヴパンフレット用の写真撮影のみに参加し、ライヴは本業が多忙なために不参加、以降は一切参加していない。2007年1月まで、インディーズバンドを支援する「YOKOHAMA FACTORY」を展開した。2013年7月、キングレコード上席執行役員と兼務で関連会社のベルウッドレコードの代表取締役社長に就任した。横浜銀蝿 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜銀蝿

    横浜銀蝿から見たサングラス

    リーゼントの髪形にサングラス、ライダー革ジャン、白いドカン(ズボン)という独特の服装をギミックとして登場。「ツッパリ」、「暴走族」といった当時の時代風潮に乗り1980年代前半に一気に若者の人気を獲得した。その独特な存在からデビュー以来現在に至るまで幅広いアーティストに影響を与えている。横浜銀蝿 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜銀蝿

    横浜銀蝿から見た警視庁

    1997年に翔が覚せい剤取締法違反で逮捕され不起訴処分となったが、1998年にも同取締法違反の罪で再び逮捕され1年4ヶ月の実刑判決をうけた。さらには2003年4月24日に覚せい剤取締り法違反で現行犯逮捕。警視庁北沢署によると同署員が渋谷区内で路上駐車していた不審な車を見つけ職務質問し車内を捜索したところ、所持していたバッグから覚せい剤数グラムを発見、現行犯逮捕した。3度目の逮捕の際に責任を感じたのか、実兄である嵐が髭を剃り、坊主頭となった。横浜銀蝿 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜銀蝿

    横浜銀蝿から見た覚醒剤

    楽曲の多くに作詞・作曲で名を記す。メインボーカリスト。血液型B型。横浜市立舞岡中学校、神奈川県立柏陽高等学校、関東学院大学卒業。またタレントしても活動し、1990年代後半にものまね王座決定戦によく出演しており、審査員や司会者も勤めたが、覚醒剤使用で1997年、1998年、2003年に逮捕されたことで、タレント業は大幅に縮小し、音楽に軸足を置いた活動をしている。横浜銀蝿 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜銀蝿

    横浜銀蝿から見たチョコレート

    神奈川県立柏陽高等学校、神奈川大学卒業。グループ所属中もソロでレコードリリースなどの活動をしていた。メンバーの中で一番人気があり、バレンタインデーにはトラック何台分もの大量のチョコレートが贈られ、本人はその事が不思議だったらしく、大量のチョコレートを見て「この国はどうなってるんだ?」と思ったと言う。解散後もソロ活動を継続した後、1988年にキングレコードに就職。中山美穂、的場浩司らをディレクターとして手掛け、2002年からは「ベルウッドレコード」プロデューサー。1998年の再結成には、復活第一弾アルバム『ぶっちぎりVII』のレコーディング及びCD・ライヴパンフレット用の写真撮影のみに参加し、ライヴは本業が多忙なために不参加、以降は一切参加していない。2007年1月まで、インディーズバンドを支援する「YOKOHAMA FACTORY」を展開した。2013年7月、キングレコード上席執行役員と兼務で関連会社のベルウッドレコードの代表取締役社長に就任した。横浜銀蝿 フレッシュアイペディアより)

100件中 31 - 40件表示

「横浜銀蝿」のニューストピックワード

  • 昭和火の玉ボーイ

  • ツッパリ High School Rock’n Roll(登校編)

  • ツッパリ High School Rock’n Roll