前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
675件中 1 - 10件表示
  • 水戸ホーリーホック

    水戸ホーリーホックから見た横浜FC横浜FC

    監督が二宮浩に交代したが、9チームによる3回戦総当たり制(ステージ制)のリーグ戦で苦戦し、第1ステージでは6位に終わった。しかし、南光太などの活躍により、第2ステージではこの年に優勝した横浜FCにこそ敗れたものの7勝1敗の首位となり、通算では3位でシーズンを終えた。Jリーグへの昇格条件は「JFLで2位以内」だったが、優勝が特例参加による準会員資格の横浜FCだったため、JFL正会員の中では2位という点が考慮され、翌2000年からのJリーグ(J2)加盟が認められた(Jリーグの2部制導入後最初のJリーグ参入チームとなった)。水戸ホーリーホック フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た横浜FC横浜FC

    補強面では、横浜FMから小原章吾、本橋卓巳を、横浜FCから臼井幸平を、広島から外池大亮を完全移籍で獲得。また、レオナルドがレンタル移籍から完全移籍に移行した。更に、横浜FMから阿部祐大朗を、広島から高木和正を、鹿島から田中康平を、名古屋から原竜太をレンタル移籍で獲得した。原はシーズン途中に完全移籍へ移行している。その他では、ブラジル2部のアヴァイFCからチッコ (en)をレンタル移籍で獲得したが、シーズン途中で退団している。新人では、大阪学院大から佐々木勇人が加入。開幕戦で先発メンバーに抜擢されるや否や、1ゴール2アシストを記録するなど、加入初年度から即戦力として活躍した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • ギラヴァンツ北九州

    ギラヴァンツ北九州から見た横浜FC横浜FC

    Jリーグ初戦は横浜FCに敗れたが、第3節(東京V戦)でJリーグ初勝利(及び初勝ち点)を挙げた。ギラヴァンツ北九州 フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た横浜FC横浜FC

    明神智和がG大阪、波戸康広・土屋征夫が大宮、玉田圭司が名古屋、大野敏隆が東京V、矢野貴章・永田充が新潟へ完全移籍したが、4年ぶりの復帰となった北嶋秀朗を清水から完全移籍で、SEパルメイラスから前年神戸でプレーしていたディエゴを期限付き移籍で獲得した。J2リーグ戦は横浜FC・神戸と自動昇格枠を争い、2位神戸と勝ち点差1の3位で迎えた最終節・湘南戦に勝利し、神戸が仙台に敗れたため、2位での自動昇格を決め、1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰を果たした。なお、84得点は2006年シーズンJ2最多得点であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 三ツ沢公園球技場

    三ツ沢公園球技場から見た横浜FC横浜FC

    一方、フリューゲルスの存続を求めたサポーターの活動から1999年に発足し、奥寺康彦をゼネラルマネージャーに迎えた横浜FCは、元フリューゲルス関係者と共に「聖地」三ツ沢への思い入れが強く、かつF・マリノスと比較して小規模な経営が必要だった事情もあり、三ツ沢球技場を中心とした試合開催を進める事になった。年明けの日本フットボールリーグ(JFL)参加が決まり、競技場確保が難航した1999年は12試合中3試合のみだったが、2000年以降は三ツ沢球技場での主催試合開催が安定して行えるようになり、2001年のJ2参入後も変化はなかったが、2002年はW杯の練習会場で三ツ沢球技場が指定されたため、三ツ沢陸上競技場での試合開催も行われた。2006年には横浜FCがJ2優勝とJ1昇格を決めた後の最終戦が三ツ沢球技場で行われ、城彰二の引退セレモニーも合わせて開催された。三ツ沢公園球技場 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフユナイテッド市原・千葉

    ジェフユナイテッド市原・千葉から見た横浜FC横浜FC

    リーグ戦は開幕4戦未勝利(1分3敗)。第5節の横浜FC戦で初勝利を挙げたが、第8節から第14節まで7戦未勝利(3分4連敗)。シーズン途中の6月にはイリアン・ストヤノフが一部のメディアで監督批判を行い、謹慎処分の後に契約解除された。後半は第23節から第28節までクラブ史上初となる6連勝を記録。29節からは2分4敗であったが年間13位でJ1残留を決めた。ジェフユナイテッド市原・千葉 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た横浜FC横浜FC

    シーズン開始後の4月に、2月より練習生として参加していたファビオとターレスが入団した。2010 FIFAワールドカップによる中断期間に浦和より堤俊輔がレンタル移籍で加入。中断期間終了直後の7月にターレスが退団したが、7月21日には磐田よりカレン・ロバート、8月1日には横浜FCより片山奨典が完全移籍した。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見た横浜FC横浜FC

    千疋美徳が監督に就任 し、攻撃重視のサッカーを目指したが機能せず、第17節から最終の第44節まで1勝も出来ず最下位に終わった。勝ち点でもこの年のJ2所属12チーム中で11位の横浜FCの半分にも満たず、最終成績はシーズン3勝、28試合連続勝ち星なし(翌シーズンと合わせ連続30試合まで更新)で当時のJ2ワーストを記録した。サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • 山口素弘

    山口素弘から見た横浜FC横浜FC

    2005年8月16日、新潟からJ2の横浜FCへの期限付き移籍が発表された。2006年、横浜FCに完全移籍J2優勝とJ1昇格に大きく貢献した。2007年、キャプテンとしてチームを牽引。シーズン終了を待たずして戦力外通告を受け、現役引退。山口素弘 フレッシュアイペディアより)

  • 前嶋洋太

    前嶋洋太から見た横浜FC横浜FC

    前嶋 洋太(まえじま ようた、1997年8月12日 - )は、神奈川県横浜市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・横浜FC所属。ポジションは、ミッドフィールダー(MF)。前嶋洋太 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
675件中 1 - 10件表示

「横浜FC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]