前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
499件中 1 - 10件表示
  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た横浜FC横浜FC

    明神智和がG大阪、波戸康広・土屋征夫が大宮、玉田圭司が名古屋、大野敏隆が東京V、矢野貴章・永田充が新潟などへ完全移籍したが、フランサの残留や北嶋秀朗の復帰、ディエゴの加入などにより攻撃陣が機能し開幕戦は引き分けるものの第2節から6連勝。その後は横浜FC・神戸との自動昇格枠を争い、2位神戸と勝ち点差1の3位で迎えた最終節・湘南戦に勝利し、神戸が仙台に敗れたため、2位での自動昇格を決め、1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰を果たした。なお、84得点は2006年シーズンJ2最多得点であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 山口素弘

    山口素弘から見た横浜FC横浜FC

    山口 素弘(やまぐち もとひろ、1969年1月29日 - )は、群馬県高崎市出身の元プロサッカー選手。ポジションはMF、主にボランチを多く務めた。現在はJ2・横浜FCの監督。山口素弘 フレッシュアイペディアより)

  • 崔成勇

    崔成勇から見た横浜FC横浜FC

    元韓国代表選手で、日本のJリーグでもヴィッセル神戸、横浜FCなどでプレーし、2008年からはJ2のザスパ草津に所属する。崔成勇 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸ホーリーホック

    水戸ホーリーホックから見た横浜FC横浜FC

    監督が二宮浩に交代したが、9チームによる3回戦総当たり制(ステージ制)のリーグ戦で苦戦し、第1ステージでは6位に終わった。しかし、南光太などの活躍により、第2ステージではこの年に優勝した横浜FCにこそ敗れたものの7勝1敗の首位となり、通算では3位でシーズンを終えた。Jリーグへの昇格条件は「JFLで2位以内」だったが、優勝が特例参加による準会員資格の横浜FCだったため、JFL正会員の中では2位という点が考慮され、翌2000年からのJリーグ(J2)加盟が認められた(Jリーグの2部制導入後最初のJリーグ参入チームとなった)。水戸ホーリーホック フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・リトバルスキー

    ピエール・リトバルスキーから見た横浜FC横浜FC

    1999年に横浜FC初代監督に就任してチームをJリーグ昇格へと導いた。その後はドイツで指導者を務め、2005年に就任したシドニーFCではチームをオセアニア・クラブチャンピオンシップ優勝に導いた。2007年にはアビスパ福岡の監督に就任したが、結果を残せずに2008年7月に解任され、その後すぐに就任したイランサッカーリーグ・サイパFCでも好成績を残せなかった。スイス・スーパーリーグ・FCファドゥーツ監督を経て、2010年6月からVfLヴォルフスブルクのアシスタントコーチを務め、2011年2月にマクラーレン監督の解任に伴い、代理監督に就任、同3月にマガト監督就任とともに退任した。ピエール・リトバルスキー フレッシュアイペディアより)

  • 三浦知良

    三浦知良から見た横浜FC横浜FC

    三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。横浜FCに所属。2012年現在、プロフェッショナルリーグで実働する日本の最年長プロサッカー選手である。ニックネームは“カズ”、または“キング・カズ”であり、三浦を本稿では原則として「カズ」で表記する。妻は、三浦りさ子。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • アビスパ福岡

    アビスパ福岡から見た横浜FC横浜FC

    リトバルスキー体制2年目。前年の登録メンバー31人の半数以上にあたる16人(レンタル選手、外国籍選手含む)と契約を結ばなかったため、選手が大幅に入れ替わった。また、外国籍選手については全員解雇し、新たにいずれもオーストラリア出身のDFルダン、MFタレイ、FWグリフィスを獲得した。また、アビスパから京都に移籍したMF中払大介が復帰、千葉からFW黒部光昭、横浜FCからDF中島崇典、C大阪からGK吉田宗弘らが加入。横浜FMからハーフナー・マイク、柏から大久保哲哉の両FWをレンタル移籍で獲得し、鈴木惇、大山恭平の両名をユースチームからトップに昇格させた(鈴木は2007年シーズンに2種登録で出場済)。アビスパ福岡 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフユナイテッド市原・千葉

    ジェフユナイテッド市原・千葉から見た横浜FC横浜FC

    キャプテンの阿部勇樹が浦和に、選手会長の坂本將貴が新潟へ移籍。また、巻・佐藤・山岸がチームの今季の方針説明を理由に契約を保留した。リーグ戦は開幕4戦未勝利(1分3敗)。第5節の横浜FC戦で初勝利をあげるたが、第8節から第14節まで7戦未勝利(3分4連敗)。シーズン途中の6月にはイリアン・ストヤノフが一部のメディアで監督批判を行い、謹慎処分の後に契約解除された。後半は第23節から第28節までクラブ史上初となる6連勝を記録。29節からは2分4敗であったが年間13位でJ1残留を決めた。なお、ナビスコ杯は、グループリーグ3位で予選敗退。天皇杯は大分に4回戦(初戦)で敗退。シーズン終了後、監督のアマル、統括本部長の唐井が解任された。ジェフユナイテッド市原・千葉 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜フリューゲルス

    横浜フリューゲルスから見た横浜FC横浜FC

    練習会場は当初神奈川区にある全日空菅田総合グラウンドを使用していたが、1994年からは戸塚区保土ヶ谷大洋球場(大洋ホエールズの練習場)跡に建設されたフリューゲルス・東戸塚トレーニングセンターを使用するようになった。チームの合併後は横浜F・マリノスが練習場として使用したが、横浜みなとみらい21のマリノスタウンへの移転後は横浜FCが使用するようになった(後述)。横浜フリューゲルス フレッシュアイペディアより)

  • 横浜F・マリノス

    横浜F・マリノスから見た横浜FC横浜FC

    Jリーグ公式サイトでは「横浜FM」、スポーツ振興くじ(toto)では「横浜M」である。新聞・雑誌等でも、これらに倣い「横浜FM」もしくは「横浜M」とすることが多い。「横浜F」と略した場合、基本的には横浜フリューゲルスのことを指す場合が多く、しかも横浜FCと区別が付かないため、前者は区別が付く2文字目(「横浜FM」「横浜FC」)までを表記している。後者は、前者の表記において重複する「F」の省略か、(横浜FMの場合においては)以前の表記(後述)をそのまま使っているものである。横浜F・マリノス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
499件中 1 - 10件表示

「横浜FC」のニューストピックワード