675件中 91 - 100件表示
  • 中田仁司

    中田仁司から見た横浜FC横浜FC

    2015年から横浜FCの強化育成テクニカルダイレクターに就任。ミロシュ・ルス監督の体調不良に伴う辞任に伴い、同年9月15日に監督に就任してシーズン終了まで指揮を執った。2016年シーズンにルス監督復帰後は元に戻っていたが、同年6月にルス監督が体調不良により監督を辞任したことに伴い、再び監督に就任した。中田仁司 フレッシュアイペディアより)

  • 中尾康二

    中尾康二から見た横浜FC横浜FC

    四日市中央工業高校での活躍を評価され、2000年にJ2コンサドーレ札幌に入団。2001年にチームはJ1昇格を果たすが、中尾自身はトップチームでの出場機会が中々巡って来なかったため、同年11月から翌2002年1月までポルトゥゲーザに留学、さらに2002年8月には半ば武者修行という形でJ2横浜FCにレンタル移籍した。半年のレンタル期間を経て、コンサドーレ札幌に復帰すると徐々に出場機会を掴み始め、2004年には、背番号10番を与えられるなどフロントからも期待されていた。中尾康二 フレッシュアイペディアより)

  • デニス・ハリロヴィッチ

    デニス・ハリロヴィッチから見た横浜FC横浜FC

    2016年、横浜FCに移籍。同年8月、双方合意のもとで契約を解除した。デニス・ハリロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • エジソン・アラウージョ・タヴァレス

    エジソン・アラウージョ・タヴァレスから見た横浜FC横浜FC

    2017年10月に横浜FCの監督に就任したエジソン・アラウージョ・タヴァレス フレッシュアイペディアより)

  • 松田浩

    松田浩から見た横浜FC横浜FC

    柏や横浜FCと激しくJ1昇格を争う中での急な指揮官交代ではあったが、松田自身バクスターの下で働いていた時期が長いことからチームに大きな変化はなく、この時点でのチームの調子の良さを引き継いで順調に勝ち点を積み重ね、第47節時点では首位に立っていた。しかし、続く柏・横浜FCとの直接対決に連敗するなど最後の5試合で1勝もできず、結局3位でシーズンを終えてJ1・J2入れ替え戦に回ることになった。ここで実際の指揮を執ってきたペドロは休養となり(事実上更迭)、入れ替え戦では松田が指揮を執ることになった。松田浩 フレッシュアイペディアより)

  • 田北雄気

    田北雄気から見た横浜FC横浜FC

    選手時代はゴールキーパーを務め、Jリーグの浦和レッドダイヤモンズで活躍した。2000年シーズン終了後に現役を引退。その後フットサル日本代表 などを経て、2002年からは横浜FCのゴールキーパーコーチを務める。田北雄気 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭充根

    鄭充根から見た横浜FC横浜FC

    鄭 充根(ジョン・チュングン、朝鮮語: ???、1995年3月1日 - )は、大韓民国出身のプロサッカー選手。Jリーグ・横浜FC所属。U-23韓国代表。ポジションは、ミッドフィールダー(MF)。鄭充根 フレッシュアイペディアより)

  • 平出涼

    平出涼から見た横浜FC横浜FC

    2011年は、J2カターレ富山へ期限付き移籍。富山ではアンカーや3バックの中央で構想され、第1節横浜FC戦でスターティングメンバーとして、3ボランチの中央に配されリーグ戦初出場を果たした。このシーズンは終盤こそ負傷欠場したものの、ボランチのレギュラーに定着し、守備の要として中盤でのバランスをとる役割を担った。その後も移籍期間を延長し富山でプレー。2013年は新布陣採用に伴ってセンターバックでの起用が続き、スピードを武器とする守備に磨きをかけた。平出涼 フレッシュアイペディアより)

  • 第78回全国高等学校サッカー選手権大会

    第78回全国高等学校サッカー選手権大会から見た横浜FC横浜FC

    田原豊(鹿児島実→横浜M→京都→湘南→横浜FC→サムットソンクラーム→鹿児島)第78回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のJリーグ

    2006年のJリーグから見た横浜FC横浜FC

    2006年のJリーグは、J1リーグ、J2リーグ共に3月4日に開幕。12月2日に閉幕した、J1リーグでの優勝は浦和レッドダイヤモンズ、J2リーグでの優勝は横浜FCであった。2006年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

675件中 91 - 100件表示

「横浜FC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]