499件中 91 - 100件表示
  • 和田拓三

    和田拓三から見た横浜FC横浜FC

    清水エスパルスでプロキャリアをスタートする。所属した3年間でレギュラーの座はつかめず、2007年は横浜FC、2008年は東京ヴェルディ1969にレンタル移籍。両年とも所属クラブはJ2降格するも、リーグ戦20試合以上に出場した。和田拓三 フレッシュアイペディアより)

  • 八田康介

    八田康介から見た横浜FC横浜FC

    2007年にFC東京へ完全移籍するもレギュラー奪取はならず、翌2008年に横浜FCに移籍し主力として活躍したが2009年シーズン終了後、戦力外通告を受けた。八田康介 フレッシュアイペディアより)

  • 関憲太郎

    関憲太郎から見た横浜FC横浜FC

    2010年、同じJ2横浜FCへ期限付き移籍。移籍後は、ガイナーレ鳥取から加入したベガルタ時代のチームメイトでもあるシュナイダー潤之介と激しくレギュラーを争った。この年はリーグ戦13試合に出場した。その後、移籍期間を2012年まで延長。2011年は全38試合に出場したが、2012年になるとシュナイダーにレギュラーを奪われた。関憲太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 桐蔭学園中学校・高等学校

    桐蔭学園中学校・高等学校から見た横浜FC横浜FC

    小野智吉(引退・横浜FCなど)桐蔭学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 野上結貴

    野上結貴から見た横浜FC横浜FC

    野上 結貴(のがみ ゆうき、1991年4月20日 - )は、東京都出身のサッカー選手。J2・横浜FC所属。野上結貴 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 紀香

    藤原紀香から見た横浜FC横浜FC

    サッカーに関してはW杯の日韓親善大使以外にも、2002年10月から12月に横浜FCのユニフォームスポンサー(NORIKA NET)に就任したこともあった。現在もトレーニングウェアのスポンサーとなっている。藤原紀香 フレッシュアイペディアより)

  • 奥寺 康彦

    奥寺康彦から見た横浜FC横浜FC

    奥寺 康彦(おくでら やすひこ、1952年3月12日 - )は、日本のサッカー選手、サッカー指導者。日本代表。秋田県鹿角市出身。株式会社横浜フリエスポーツクラブ(横浜FC)取締役会長。奥寺康彦 フレッシュアイペディアより)

  • 飯尾和也

    飯尾和也から見た横浜FC横浜FC

    2011年、2007-2009年に鳥栖の監督を務めた岸野靖之率いる横浜FCへ移籍。だが、出場機会は恵まれず、同年8月に松本山雅FCへ完全移籍した。飯尾和也 フレッシュアイペディアより)

  • Honda FC

    Honda FCから見た横浜FC横浜FC

    1999年、旧JFLに所属するチームの多くは新たに創設されたJ2に参戦したが、プロ化を断念して「完全なアマチュアチーム」へ移行し始めてから間もない本田技研はJ2には参加せず、新たに再編されたJFL、日本フットボールリーグに所属した。最初の2年間はチームの動揺が尾を引いて横浜FCの連覇に屈したが、横浜FCがJリーグ加盟で抜けた2001年度のリーグでは優勝した。同年、本田技研本社は、2002年以降から選手とのプロ契約を行なわず、社員選手だけでチームを存続させることを決定し、「完全なアマチュアチーム」への移行が完了した形となった。Honda FC フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た横浜FC横浜FC

    鹿島でコーチを務めていた関塚隆が監督に就任。また、鹿島からDF相馬直樹、新潟から2年連続でJ2リーグ得点王のマルクスを補強。リーグ戦は開幕直後から首位を独走。9月26日の水戸戦に勝利してJ1昇格が確定、10月2日に横浜FCに勝利して5年ぶり2度目のJ2優勝が確定。シーズン成績も勝ち点105、得点104の「ダブル・トリプル」を達成した。また、ジュニーニョが37得点を挙げて、J2得点王を獲得した。天皇杯はベスト16に入った。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

499件中 91 - 100件表示

「横浜FC」のニューストピックワード