675件中 121 - 130件表示
  • 高木琢也

    高木琢也から見た横浜FC横浜FC

    S級ライセンス取得後、2006年からはJ2の横浜FCのコーチに就任し、指導者としての第一歩を踏み出した。更にチーム始動から1ヶ月程しか経っていない第1節終了後の3月6日には足達勇輔監督が解任されたことに伴い監督に昇格し、チームを指揮することになった。指導経験に乏しく、準備期間も与えられなかった上、先輩に当る三浦知良を選手として起用することへの指導面も含め、難しい立場と思われていた。フロントの決断はサポーターの批判も招き、高木の初指揮となった第2節のホーム開幕戦では横断幕ゼロ、一切のコールを行わず試合を見守るのみという沈黙の抗議を行なう事態となった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 似鳥康太

    似鳥康太から見た横浜FC横浜FC

    2016年もネクスト登録となり控えGKであったが、同年4月、控えGK高丘陽平が負傷し、GKが不足したことに伴い登録ウインドーの適用例外に関する申請を行った横浜FCに期限付き移籍した。控えGKとしての移籍であり試合出場は無かった。2017年より岡山に復帰。似鳥康太 フレッシュアイペディアより)

  • 安孝錬

    安孝錬から見た横浜FC横浜FC

    東国大学校を卒業後来日し、2001年に京都パープルサンガでプロデビューを果たす。2003年より韓国Kリーグへ。2009年、横浜FCへ加入し、8年ぶりに日本復帰となったが暮れに契約満了となった。安孝錬 フレッシュアイペディアより)

  • 北野貴之

    北野貴之から見た横浜FC横浜FC

    2017年3月、ゴールキーパーの負傷が相次いだ横浜FCに加入オファーを受け入団したが、2017シーズン限りで退団。北野貴之 フレッシュアイペディアより)

  • アンデルソン・アンドラージ・アントゥネス

    アンデルソン・アンドラージ・アントゥネスから見た横浜FC横浜FC

    こうした活躍を認められ2006年に水戸ホーリーホックへ期限付き移籍で加入。エースストライカーとして得点を量産し、特に5月6日のコンサドーレ札幌戦では来日後初となるハットトリックを達成した。水戸ホーリーホック所属の選手がハットトリックを決めたのはこれが初めてであり、チームの歴史にその名を刻むこととなった。また、6月2日の横浜FC戦では堅守を誇っていた同チームから決勝ゴールを奪い、それまで横浜FCが維持していた新監督就任以来15戦負けなし、連続無失点時間770分という2つのJリーグ新記録をストップさせた。2006年はチーム最多の43試合に出場。水戸ホーリーホック所属選手のシーズン最多得点記録となる17得点を挙げ、得点ランク7位と大きな結果を残した。アンデルソン・アンドラージ・アントゥネス フレッシュアイペディアより)

  • 芝田貴臣

    芝田貴臣から見た横浜FC横浜FC

    2007年からはサガン鳥栖のフィジカルコーチを務め、2010年岸野靖之と共に横浜FCへ移った。芝田貴臣 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保哲哉

    大久保哲哉から見た横浜FC横浜FC

    2002年に横浜FCの練習生となり、トヨタカップで来日したオリンピアとの練習試合でゴールを決めるなど活躍し、翌年に横浜FCとプロ契約を結ぶ。同クラブには2年在籍し、2005年からJFLの佐川急便東京に移籍すると、その能力が完全開花。2006年にはJFL得点王とベストイレブンを獲得。大久保哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島ユナイテッドFC

    鹿児島ユナイテッドFCから見た横浜FC横浜FC

    鹿児島県出身で横浜FCから松下年宏、長崎から上本大海が完全移籍で加入した他、北信越1部・サウルコス福井から木村魁人を完全移籍で獲得。前年活動を終了した鹿児島2ndから角野翔汰が昇格、福岡大学から野嶽惇也、岩崎知瑳が加入した。またタイU-23代表のシティチョーク・パソが期限付き移籍で加入した。鹿児島ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • 浮氣哲郎

    浮氣哲郎から見た横浜FC横浜FC

    翌1998年は古巣の東京ガスにプロ選手として復帰、DFラインの中核を担った。チームの旧JFL優勝に貢献したものの、やはりその年限りでの退団となり、その後は大宮アルディージャ、モンテディオ山形、大分トリニータ、湘南ベルマーレ、横浜FCと、J2クラブを渡り歩いた。技術や身体能力ではチームで一番劣っていると謙遜しつつも、味方のミスをカバーする的確なポジショニングと戦術眼を駆使して多くのクラブでリーダーシップを発揮し、精神的主柱としてチームの上位進出に貢献。2002年に所属した大分ではリーグ最小失点での優勝を果たした。浮氣哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・マルティンス・ヴィエイラ

    パトリック・マルティンス・ヴィエイラから見た横浜FC横浜FC

    2013年8月、出場機会を求めてJリーグ・横浜FCへ期限付き移籍。シーズン終了後、移籍期間満了に伴い退団した。パトリック・マルティンス・ヴィエイラ フレッシュアイペディアより)

675件中 121 - 130件表示

「横浜FC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]