499件中 11 - 20件表示
  • 中丸貴之

    中丸貴之から見た横浜FC横浜FC

    現在、横浜FCジュニアユースコーチ。日本サッカー協会 公認C級コーチ。中丸貴之 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦淳宏

    三浦淳宏から見た横浜FC横浜FC

    その後は代表に呼ばれることはなかったが、2006年、横浜FC、柏レイソル、神戸の3強によるJ1昇格争いは3チームとも最終節まで勝ち点差2の状態で自動昇格を争った。2位で迎えた最終戦、勝てば自動昇格が決まるベガルタ仙台戦で三浦は退場し、チームも敗北。3位柏に逆転で2位の座を奪われ神戸は3位となり、J1・16位のアビスパ福岡とのJ1・J2入れ替え戦に回ることとなった。三浦は最終節の退場の影響で入れ替え戦の第1戦には出場できなかったが、入れ替え戦の結果、神戸が悲願の1年でのJ1復帰を達成し、試合後、三浦の男泣きする姿は多くのファンの感動を誘った。その後、三浦は「生涯神戸宣言」を誓った。神戸に移籍してわずか2年、この時点で三浦淳宏の存在は、すでにヴィッセル神戸の歴史に名を刻む存在になっていた。三浦淳宏 フレッシュアイペディアより)

  • 田部和良

    田部和良から見た横浜FC横浜FC

    大学卒業後教諭として横浜市立戸塚中学校に勤務。この時サッカー部顧問をしていた。1992年に桐蔭学園に移り、中等部のサッカー部監督と高等部のサッカー部コーチを務めた。1995年にJEFユナイテッド市原(現、ジェフユナイテッド市原・千葉)の強化部に転職し、主にスカウトやチーム編成を担当した。この時、後に横浜FCで仕事をする奥寺康彦とグルノーブル・フット38では田部の後任となる祖母井秀隆と出会う。1998年に退職し欧州留学を敢行。イングランド、フランス、トルコ、ルーマニアなどの大小のクラブチームを1年ほどかけて廻り、クラブマネージメントを学んだという。1999年にサポーターや奥寺とともに横浜FCを立ち上げ。以後役職名を変えつつ、辞任するまで一貫して強化・編成・運営担当の責任者であり続けた。また、2002年にはスウェーデン代表チームスタッフ(2002年日韓ワールドカップ)を担当した。田部和良 フレッシュアイペディアより)

  • 平本一樹

    平本一樹から見た横浜FC横浜FC

    幼少から読売ユース(ジュニア、ジュニアユース、ユース)で育ったクラブ生え抜き選手である。2006年は副主将としてチームを牽引。2007年途中にJ1残留を目指す横浜FCへ期限付き移籍したがJ2へ降格。2008年からは東京Vへ復帰。2010年の当初は、SBをしていた。2012年はFC町田ゼルビアへ期限付き移籍するもJFLへ降格。2013年はヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍。平本一樹 フレッシュアイペディアより)

  • 高地系治

    高地系治から見た横浜FC横浜FC

    高地系治(たかち けいじ、1980年4月23日 - )は、Jリーグデビィジョン2(J2)・横浜FC所属のプロサッカー選手。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。高地系治 フレッシュアイペディアより)

  • 高木成太

    高木成太から見た横浜FC横浜FC

    横浜FC草創期のメンバーで、JFLからJ2への昇格を果たした時の中心選手。高木成太 フレッシュアイペディアより)

  • 神野卓哉

    神野卓哉から見た横浜FC横浜FC

    2003年に横浜FCで現役引退。2004年から2009年まで横浜FCの強化担当。2010年より株式会社オンゼの代表取締役に就いている。神野卓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本岳史

    吉本岳史から見た横浜FC横浜FC

    愛媛県立南宇和高等学校から福岡大学を経て、2001年名古屋グランパスエイト加入。2002年6月に横浜FCへレンタル移籍、2003年には水戸ホーリーホックに完全移籍をする。水戸では主力選手として活躍、2005年、2006年とチームキャプテンを務めた。吉本岳史 フレッシュアイペディアより)

  • 裴乗振

    裴乗振から見た横浜FC横浜FC

    裵 乗振(ペ・スンジン、、1987年11月3日 - )は、韓国出身のプロサッカー選手。横浜FC所属。ポジションはディフェンダー。裴乗振 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田紳一

    寺田紳一から見た横浜FC横浜FC

    寺田 紳一(てらだ しんいち、1985年6月10日 - )は、大阪府茨木市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・横浜FC所属。ポジションはミッドフィールダー。寺田紳一 フレッシュアイペディアより)

499件中 11 - 20件表示

「横浜FC」のニューストピックワード