499件中 21 - 30件表示
  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見た横浜FC横浜FC

    手倉森体制2年目。スローガンとは別に「完全昇格」を目標に掲げた。MF梁勇基、関口訓充、DF菅井直樹が残留。札幌から期限付き移籍中のGK林卓人も移籍期間を再延長して残留。前年まで期限付き移籍であったDF一柳夢吾、MF斉藤大介、西山貴永は完全移籍した。また、山形からGK桜井繁、横浜FCからDFエリゼウ、神戸からMF曽我部慶太、韓国の水原三星から元同国代表DF朴柱成をそれぞれ完全移籍で、ブラジルのポンチ・プレッタからマルセロ・ソアレスを期限付き移籍で獲得。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見た横浜FC横浜FC

    2003年シーズンは、千疋美徳を監督に迎え、攻撃重視のサッカーを目指したが機能せず、第17節から最終の第44節まで1勝も出来ず最下位に終わった。勝ち点でもこの年のJ2所属12チーム中で11位の横浜FCの半分にも満たず、最終成績はシーズン3勝、28試合連続勝ち星なし(翌シーズンと合わせ連続30試合まで更新)で当時のJ2ワーストを記録した。チームはシーズン中から存続すら危ぶまれる状態にあり、2003年10月には古賀が再度辞任を表明。次期取締役選任機関として改革委員会を立ち上げ、その会長であった元佐賀大学学長の楠田久男を新社長に選任した。しかし、新組織が制作した来季の経営計画は一試合の入場者が実績の5倍近い15,000人。過大な企業協賛金も盛り込むなど見通しの甘いもので、Jリーグ諮問委員会は当然改善を求めたが、楠田ら新経営陣は「資金繰りの目処が立たない」として次期取締役への就任を撤回した。結局古賀が留任することとなったが、当時チェアマンの鈴木昌は「このままの経営が続けばJリーグからの除名や退会勧告もやむをえない」とまで述べている。このような状態のチームを引き受けようという監督をなかなか見つけられずにいたが、最終的にはJリーグからの紹介で元川崎監督の松本育夫が就任した。サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜国際総合競技場

    横浜国際総合競技場から見た横浜FC横浜FC

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する横浜F・マリノスのホームスタジアムでありホームゲームの多くを開催する。Jリーグに加盟する横浜FCはホームゲームを開催する場合もある。またFIFAクラブワールドカップでは日本開催大会の全てで決勝戦を開催している。横浜国際総合競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 日本フットボールリーグ

    日本フットボールリーグから見た横浜FC横浜FC

    その後、急遽新クラブの横浜FCが特例としてJFLから準会員扱いでスタートすることが認められたため、第1回となる同年は9チームによってリーグ戦が行われた。日本フットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市三ツ沢公園球技場

    横浜市三ツ沢公園球技場から見た横浜FC横浜FC

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する横浜FCのホームスタジアム、横浜F・マリノスの準ホームスタジアムとして知られる他、ジャパンラグビートップリーグや全国高校サッカー選手権大会やその神奈川県大会決勝、全国高等学校ラグビーフットボール大会の神奈川県大会決勝、日本フットボールリーグ(JFL)所属のサッカークラブである横浜スポーツ&カルチャークラブの試合会場としても使われている。横浜市三ツ沢公園球技場 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見た横浜FC横浜FC

    松田体制2年目。レンタル移籍者を含め16人の選手が退団。前年より期限付き移籍中の宮本、飯田健巳(横浜FC)、高木和正(岐阜)、林祐征(徳島)、廣瀬浩二(鳥栖)を完全移籍で獲得。那須川将大、橋本真人、リカルド・ロボ、余孝珍を期限付き移籍で獲得。宇佐美宏和、杉本真、小野寺達也、船山貴之が新加入した。レオナルドのレンタル期間も延長した。シーズン途中には横浜FMから水沼宏太を期限付き移籍で獲得した。第14節で4位につけ、最終的な順位も10位となり前年を上回った。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た横浜FC横浜FC

    シーズン開始後の4月に、2月より練習生として参加していたファビオとターレスが入団した。2010 FIFAワールドカップによる中断期間に浦和より堤俊輔がレンタル移籍で加入。中断期間終了直後の7月にターレスが退団したが、7月21日には磐田よりカレン・ロバート、8月1日には横浜FCより片山奨典が完全移籍した。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • ギラヴァンツ北九州

    ギラヴァンツ北九州から見た横浜FC横浜FC

    Jリーグ初戦は横浜FCに敗れたが、第3節(東京V戦)でJリーグ初勝利(及び初勝ち点)を挙げた。ギラヴァンツ北九州 フレッシュアイペディアより)

  • 松本山雅FC

    松本山雅FCから見た横浜FC横浜FC

    吉澤体制2年目。ゼネラルマネージャーに東京Vで長く強化担当を務めた加藤善之が就任。プロジェクト開始以来、ボランティアでトップチーム強化を担っていたスポーツライター・吉村憲文と協働での強化体制がスタートした(吉村は4月に退任)。元岐阜の北村隆二らを獲得、19名体制で始動した。リーグ戦は終盤まで上位4チーム(松本以外はJSC、長野、金沢)で優勝を争ったが、上位チームとの直接対決でいずれも敗退もしくは引分となり、リーグ戦は4位。なお、6月に元鳥栖の鐡戸裕史ら4名、9月に横浜FCから中田健太郎をレンタル移籍で獲得。松本山雅FC フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見た横浜FC横浜FC

    FUJI XEROX SUPER CUPはG大阪に敗退。3月3日の開幕戦で前年J2優勝の横浜FCに2-1で勝利して2001年のJ1復帰以降初めて開幕戦で勝利した。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

499件中 21 - 30件表示

「横浜FC」のニューストピックワード