499件中 41 - 50件表示
  • 谷真一郎

    谷真一郎から見た横浜FC横浜FC

    筑波大学在籍時の1990年には日本代表にも選ばれ、同年7月のダイナスティカップ・韓国戦に出場している。引退後は柏レイソルのユースコーチ、1999年からは柏のフィジカルコーチを務めた。2002年9月から2007年まではベガルタ仙台のフィジカルコーチ、2008年から2009年までは横浜FCトップチームのフィジカルコーチを務めた。2010年よりヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチに就任。谷真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岩倉一弥

    岩倉一弥から見た横浜FC横浜FC

    OSA(奥寺康彦スポーツアカデミー)出身。2004年にJ2・横浜FCに入団を果たし、翌年にFWからDFへの転向という一大転機を経る。だが好パフォーマンスを見せた後に負傷でレギュラー獲得の機会を逃すなど、レギュラー獲得には至らず、2008年にJFL・ニューウェーブ北九州へ移籍。武者修行とも言える北九州の地で試合経験を積み、2009年より、横浜FC時代に指導を受けた高木琢也が監督に就任した東京ヴェルディへ移籍。しかし出場機会は少なく、1年で戦力外となり現役を引退。岩倉一弥 フレッシュアイペディアより)

  • 臼井幸平

    臼井幸平から見た横浜FC横浜FC

    2001年は無所属状態になったが、2002年に横浜FCへ入団。右サイド(ハーフ、バック)のレギュラーとして活躍した。臼井幸平 フレッシュアイペディアより)

  • 奥大介

    奥大介から見た横浜FC横浜FC

    2007年 - 横浜FCへ移籍。故障もあり満足なプレーができないままシーズン終了。横浜FCのJ2降格に対する責任感と、盟友・久保竜彦が解雇されたことによりモチベーションが低下したとして現役引退。奥大介 フレッシュアイペディアより)

  • シルビオ・ホセ・カヌート

    シルビオ・ホセ・カヌートから見た横浜FC横浜FC

    シルビーニョことシルビオ・ジョゼ・カヌート(Silvinho, 本名:Silvio Jose Canuto, 1977年1月17日-)は、ブラジル出身のプロサッカー選手(MF)で、Jリーグのベガルタ仙台、アルビレックス新潟、横浜FCに在籍した。シルビオ・ホセ・カヌート フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アウグスト・オゾリオ・ハモン

    ルイス・アウグスト・オゾリオ・ハモンから見た横浜FC横浜FC

    ナシオナルACでキャリアをスタートさせ、その後、ブラジルの名門、サントスFCへ加入。同チームではサイドバックとしてプレーした。その後、パイサンドゥSCを経て2006年にJ2横浜FCに加入。左サイドの選手としてチームトップの10アシストを決めるなど主力として活躍し、チーム初のJ1昇格に大きく貢献した。しかし、契約延長交渉がまとまらず、2007年はステップアップのため大分トリニータへ移籍。背番号10を背負うなど、大きく期待されての加入だったが、恥骨炎のため5月にチームを離脱。治療に専念するためブラジルへ帰国し、11月にチームに合流したものの出場は11試合にとどまり、思うような結果を残せないまま、シーズン終了後、契約満了に伴い同チームを退団した。ルイス・アウグスト・オゾリオ・ハモン フレッシュアイペディアより)

  • 樋口靖洋

    樋口靖洋から見た横浜FC横浜FC

    2007年(平成19年)オフに大宮アルディージャが佐久間監督の後任として樋口を招聘。大宮は樋口の積極的な守備からの攻撃志向が、チームの目指すスタイルに合うと判断。手腕を高く評価していたが、リーグ戦で12位と低迷。2008年(平成20年)12月7日、今季限りで退任すると発表した。2009年からは横浜FCの監督に就任。16位に終わり、大宮に続き1シーズン限りで退任することになった。樋口靖洋 フレッシュアイペディアより)

  • 滝澤邦彦

    滝澤邦彦から見た横浜FC横浜FC

    2006年は所属クラブが決まらなかったが、シーズン途中の6月に横浜FCに加入が決まり、試合のリズムを変えるときなどにスーパーサブとして重用され、横浜のJ1昇格に大きく貢献し、2007年シーズンは初のJ1を戦うチームの中で左MFとしてプレーし、チームのアシスト王になっている。2008年シーズン終了後に、横浜FCより戦力外通告を受け、東京ヴェルディに完全移籍。序盤は主力として起用されたものの次第に出場機会は減り、再び戦力外通告を受けた。滝澤邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 安孝錬

    安孝錬から見た横浜FC横浜FC

    東国大学校を卒業後来日し、2001年に京都パープルサンガでプロデビューを果たす。2003年より韓国Kリーグへ。2009年、横浜FCへ加入し、8年ぶりに日本復帰となったが暮れに契約満了となった。安孝錬 フレッシュアイペディアより)

  • 幸田将和

    幸田将和から見た横浜FC横浜FC

    その後はサイドバックとして、1996年にはヴィッセル神戸のJリーグ昇格、2000年には横浜FCのJ2昇格に貢献した。選手生活の晩年には地元の愛媛FCでプレーした。幸田将和 フレッシュアイペディアより)

499件中 41 - 50件表示

「横浜FC」のニューストピックワード