675件中 51 - 60件表示
  • スティーブン・トゥイード

    スティーブン・トゥイードから見た横浜FC横浜FC

    2004年、J2の横浜FCに移籍。豊富な経験と高さを武器に、横浜FCの守備陣を支え、サポーターからは軍曹(または鬼軍曹)というニックネームで親しまれた。2006/07シーズンは母国スコットランドのリヴィングストンFCに移籍した(家庭の事情により帰国)。また2007年4月30日付で同チームを離れてイースト・ファイフFCに移籍。2008/09シーズンよりモントローズFCに移籍して監督兼選手となり、指導者としてのキャリアをスタートさせた。スティーブン・トゥイード フレッシュアイペディアより)

  • 足達勇輔

    足達勇輔から見た横浜FC横浜FC

    帰国後の1988年にフジタサッカースクールのコーチに就任。フジタサッカークラブがベルマーレ平塚(現 湘南ベルマーレ)としてJリーグに参入するとベルマーレ平塚U-18の監督に就任する。以後、1998年までベルマーレの下部組織で指導し、セレッソ大阪U-18監督、JAPANサッカーカレッジ監督などを経て、2005年に横浜FCの監督に就任する。足達勇輔 フレッシュアイペディアより)

  • ホベルト・ジュリオ・デ・フィゲイレド

    ホベルト・ジュリオ・デ・フィゲイレドから見た横浜FC横浜FC

    2010年5月、前年まで鳥栖を率いていた岸野靖之が監督を務める横浜FCへ加入。持ち前の高い守備力に加え、パスの流れを円滑にする絶妙なポジション取りでチームの力を引き出した。ホベルト・ジュリオ・デ・フィゲイレド フレッシュアイペディアより)

  • 田口貴寛

    田口貴寛から見た横浜FC横浜FC

    2011年10月、横浜FCのヘッドコーチに就任。2012年3月、成績不振による岸野靖之の監督解任に伴い、監督代行としてリーグ戦1試合を指揮した。同年限りで横浜FCのヘッドコーチを退任。田口貴寛 フレッシュアイペディアより)

  • 臼井幸平

    臼井幸平から見た横浜FC横浜FC

    2001年は無所属状態になったが、2002年に横浜FCへ入団。右サイド(ハーフ、バック)のレギュラーとして活躍した。臼井幸平 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭容臺

    鄭容臺から見た横浜FC横浜FC

    プロとして6年目の2006年に横浜FCに完全移籍で入団した。そこで初めてレギュラーをつかみ、チームのJ1昇格に貢献。2007年、負傷により出場機会が減り、コンサドーレ札幌へ期限付き移籍。札幌では大塚真司の負傷離脱などもあり途中加入ながらレギュラーに定着し、本来の守備的MF以外にもセンターバックやサイドバックもこなすプレーの幅の広さを生かし、ここでも昇格に貢献した。2008年に札幌へ完全移籍したが、出場機会が減少し、シーズン終了後に戦力外通告を受けた。2009年シーズンは開幕を無所属のまま迎えたが、4月に2シーズンぶりに横浜FCでプレーすることが決まった。同年は2006年に次ぐ出場試合数を記録し、再び横浜FCの中心選手となったが、同年限りで退団した。鄭容臺 フレッシュアイペディアより)

  • 飯尾和也

    飯尾和也から見た横浜FC横浜FC

    2011年、2007-2009年に鳥栖の監督を務めた岸野靖之率いる横浜FCへ移籍。だが、出場機会は恵まれず、同年8月に松本山雅FCへ完全移籍した。飯尾和也 フレッシュアイペディアより)

  • 和田拓三

    和田拓三から見た横浜FC横浜FC

    清水エスパルスでプロキャリアをスタートする。所属した3年間でレギュラーの座はつかめず、2007年は横浜FC、2008年は東京ヴェルディ1969に期限付き移籍。両年とも所属クラブはJ2降格するも、リーグ戦20試合以上に出場した。和田拓三 フレッシュアイペディアより)

  • 上條宏晃

    上條宏晃から見た横浜FC横浜FC

    2012年、大学で同期の関戸健二と共にファジアーノ岡山に入団した。3月初旬、練習中に負傷し戦列を離脱するも、7月8日の第23節横浜FC戦でJリーグ初出場を果たし復帰。上條宏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 坂田和也

    坂田和也から見た横浜FC横浜FC

    スロベニアのクラブを渡り歩いて、2015年に横浜FCの通訳兼アシスタントコーチに就任した。坂田和也 フレッシュアイペディアより)

675件中 51 - 60件表示

「横浜FC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]