499件中 61 - 70件表示
  • ジョアン・フランシスコ・デ・サレス

    ジョアン・フランシスコ・デ・サレスから見た横浜FC横浜FC

    2010年は横浜FCでプレイする。しかしわずか6試合の出場にとどまり、5月15日に退団する。ジョアン・フランシスコ・デ・サレス フレッシュアイペディアより)

  • 上條宏晃

    上條宏晃から見た横浜FC横浜FC

    2012年にファジアーノ岡山に入団した。3月初旬、練習中に負傷し戦列を離脱するも、7月8日の第23節横浜FC戦でJリーグ初出場を果たし復帰。上條宏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 阪倉裕二

    阪倉裕二から見た横浜FC横浜FC

    引退後は1999年から横浜FCのコーチに就任。2001年には不振のため解任された永井良和の後を受け監督代行を務めた。阪倉裕二 フレッシュアイペディアより)

  • 横山博敏

    横山博敏から見た横浜FC横浜FC

    加治木町立加治木中学校、鹿児島実業高等学校、大阪商業大学を経て1998年にJリーグのジェフユナイテッド市原へ入団。2年間所属したのち2000年に当時日本フットボールリーグ(JFL)に所属していた横浜FCに移籍し、当クラブのJリーグ入りに貢献した。その後も横浜FCの主力として活躍したが、若手の台頭で出場機会が減少したため、活躍の場を求めて2004年にヴァンフォーレ甲府にレンタル移籍。翌2005年に完全移籍したが出場機会に恵まれることなくシーズン終了後に戦力外通告を受けた。横山博敏 フレッシュアイペディアより)

  • フランソアウド・セナ・デ・ソウザ

    フランソアウド・セナ・デ・ソウザから見た横浜FC横浜FC

    2011年8月、J2の横浜FCに入団したが、目立った活躍は出来ず同年限りで退団。フランソアウド・セナ・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • 中尾康二

    中尾康二から見た横浜FC横浜FC

    四日市中央工業高校での活躍を評価され、2000年にJ2コンサドーレ札幌に入団。2001年にチームはJ1昇格を果たすが、中尾自身はトップチームでの出場機会が中々巡って来なかったため、同年11月から翌2002年1月までポルトゲーザに留学、さらに2002年8月には半ば武者修行という形でJ2横浜FCにレンタル移籍した。半年のレンタル期間を経て、コンサドーレ札幌に復帰すると徐々に出場機会を掴み始め、2004年には、背番号10番を与えられるなどフロントからも期待されていた。しかし、2004年8月に同世代のチームメイト新居辰基が酒気帯び運転で人身事故を起こすという不祥事が発生。この際、中尾は事故直前まで車で新居と同行しており、新居が飲酒していたことを知っていた。このため、酒気帯び運転を制止しなかったという責任を問われ、新居とともにチームを解雇されるに至った。その後東海社会人リーグ1部・静岡FCを経て、2006年からは同じく東海1部リーグのFC岐阜に所属。同クラブのJFL昇格、J2昇格に貢献したが2007年シーズン終了後、契約満了による退団が発表された。2008年からは静岡県1部リーグ・アスルクラロ沼津に加入。選手として活躍する傍ら、同クラブのジュニアキッズスクールスタッフも務めている。中尾康二 フレッシュアイペディアより)

  • 森勇介

    森勇介から見た横浜FC横浜FC

    2007年3月17日の横浜FC戦で、途中交代の際にピッチ際の給水ボトルを蹴飛ばし、2度目の警告を受けて退場となった。翌日には頭を丸刈りにして反省の弁を述べたものの、川崎はこの問題に対し、直後の試合であるAFCチャンピオンズリーグ・バンコク・ユニバーシティ戦のメンバーから外した。森勇介 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・アドリアーノ・デ・ジョス・ソアレス

    カルロス・アドリアーノ・デ・ジョス・ソアレスから見た横浜FC横浜FC

    2005年にJ2の京都パープルサンガに期限付き移籍し、J1昇格に貢献した。J1昇格後の2006年は活躍できず、6月にJ2の横浜FCにレンタル移籍する。横浜FCではクラブ初のJ1昇格に王手を懸けた敵地・サガン鳥栖戦で決勝点を挙げるなど貢献した。横浜FCでは途中加入にも関わらず、24試合・1620分の出場で得点ランキング6位の18ゴールと、およそ90分につき1点を挙げる活躍を見せ、J2チームのJ1昇格に再び貢献した。しかし来季の契約が物別れに終わり、わずか半年で横浜FCを退団した。カルロス・アドリアーノ・デ・ジョス・ソアレス フレッシュアイペディアより)

  • 喜熨斗勝史

    喜熨斗勝史から見た横浜FC横浜FC

    2004年には尚美学園大学サッカー部をヘッドコーチとして指導し、関東大学リーグ2部に昇格させたほか、同年には三浦知良のパーソナルコーチとして契約。2005年以降は後に三浦知良が所属する横浜FCでコーチを務め、2006年にはフィジカルコーチとして横浜FCをJ2リーグ優勝に導きJ1昇格を、2010年には名古屋グランパスのJ1初優勝を陰で支えた。喜熨斗勝史 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部巧

    阿部巧から見た横浜FC横浜FC

    2010年5月22日のナビスコカップ第3節新潟戦で初のベンチ入りをするも、出場機会を得ることはできず、同年7月より横浜FCへ期限付き移籍。横浜では左SBのレギュラーに定着した。岸野靖之監督からは長所として積極性と運動量、短所としてヘディングの競り方を挙げられた。期限付き移籍期間満了のため、同年限りで横浜FCを退団した。阿部巧 フレッシュアイペディアより)

499件中 61 - 70件表示

「横浜FC」のニューストピックワード