675件中 61 - 70件表示
  • 片山奨典

    片山奨典から見た横浜FC横浜FC

    2009年から出場機会を求め、横浜FCに移籍。ここでは、左サイドバックとしてスタメンに定着。スピード、クロスなど、名古屋時代に発揮できなかった能力を発揮した。しかし、2010年シーズンでは7試合に出場以降出場機会を失い、6月下旬にはコンサドーレ札幌の練習に本人の意思の下で参加 するなど、出場機会を求めて他クラブで活躍の場を探す事になり、8月にロアッソ熊本へ完全移籍した。片山奨典 フレッシュアイペディアより)

  • ジウマール・シウバ・サントス

    ジウマール・シウバ・サントスから見た横浜FC横浜FC

    ジウマール(Gilmar)こと、ジウマール・シウバ・サントス(Gilmar Silva Santos、1984年3月9日 - )は、ブラジル・バイーア州出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード。東京ヴェルディ1969所属時の登録名はシウバ(Silva)。横浜FC所属時の登録名はジウマール・シウバ(Gilmar Silva)。ジウマール・シウバ・サントス フレッシュアイペディアより)

  • 安野努

    安野努から見た横浜FC横浜FC

    2016年から横浜FCのストレングス&コンディショニングコーチに就任。。安野努 フレッシュアイペディアより)

  • 劉孝眞

    劉孝眞から見た横浜FC横浜FC

    2009年、横浜FCに移籍し背番号10を与えられるが、わずか1試合の出場にとどまり6月8日付けで契約解除された。劉孝眞 フレッシュアイペディアより)

  • アンデルソン・サントス・シウバ

    アンデルソン・サントス・シウバから見た横浜FC横浜FC

    2007年に横浜FCに所属したが、カップ戦わずか1試合のみの出場で同年6月に退団した。登録名は「アンデルソン」だった。アンデルソン・サントス・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • 村井泰希

    村井泰希から見た横浜FC横浜FC

    村井 泰希(むらい たいき、1992年6月12日 - )は、三重県名張市出身の元プロサッカー選手。ポジションはGK。横浜FC所属。村井泰希 フレッシュアイペディアより)

  • 松田正俊

    松田正俊から見た横浜FC横浜FC

    1999年、J2・FC東京に加入。シーズン途中にJFL・横浜FCに期限付き移籍し、リーグ優勝に貢献した。2000年にFC東京に復帰したが、J1に昇格したチームではアマラオ・ツゥットの2トップが定着したために出場機会は限られた。2001年はシーズン開幕前から好調を維持し、持ち前の強烈なシュートと豪快なヘディングを武器に練習試合で得点を量産したが先発には食い込めず、同年9月よりJ2・ヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍し主力の一角として活躍した。松田正俊 フレッシュアイペディアより)

  • 水島武蔵

    水島武蔵から見た横浜FC横浜FC

    2001年から2003年にかけて横浜FCユース初代監督、横浜FCテクニカルディレクターなどを務め、2006年9月に日本サッカー協会公認S級コーチに認定された。水島武蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 岸野靖之

    岸野靖之から見た横浜FC横浜FC

    2010年、横浜FCの監督に就任。初年度は6位の成績を収める。またシーズン途中よりGM兼任となった。2011年は下位を低迷し最終的に18位となる。この成績不振によりGMを辞任。2012年も監督を続投するも、J2リーグ戦の開幕から3試合未勝利が続き、3月18日に解任された。岸野靖之 フレッシュアイペディアより)

  • 堤俊輔

    堤俊輔から見た横浜FC横浜FC

    2012年より、アビスパ福岡へ完全移籍。移籍初年度の2012年は、調子の波があり本来の実力を発揮できなかったが、2013年は開幕戦となる第1節の東京V戦(味の素ス)でスターティングメンバ―に起用されると、その後も主力選手として完全に定着。第13節の横浜FC戦(ニッパツ三ッ沢)では、決勝点となるプロ入り初ゴールを決めている。堤俊輔 フレッシュアイペディアより)

675件中 61 - 70件表示

「横浜FC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]