222件中 91 - 100件表示
  • 横浜FC

    横浜FCから見たペ・スンジン

    ペ・スンジン、大久保哲哉、内田智也、阿部巧など、かつて横浜FCに所属した選手が復帰した。また、杉山新、田原豊、永井雄一郎、堀之内聖を完全移籍で獲得。小野瀬康介がユースから昇格し、韓国U-19代表候補の羅誠洙(ナソンス)、2010シーズン特別指定選手だった中里崇宏とプロ契約を結んだ。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た御給匠

    一方で、2006年に水戸で16得点を挙げたアンデルソン、同じく水戸で前年まで主将としてチームを牽引し、横浜FCには6シーズンぶりの在籍となったDF吉本岳史、2007年のJFL得点王御給匠、東京Vの戸川健太などを獲得し、チーム構成は大きく変化した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たフランソアウド・セナ・デ・ソウザ

    前年後半の躍進と積極的な補強からJ1昇格候補に推す声も聞かれたが、シーズンに入ると故障者が続出した影響もあり大きく出遅れ、一時はFC岐阜と同順位ではあるが最下位に転落した。8月に2010年まで柏に所属していたフランサを補強、10月にはOBの奥大介が強化部長に就任するなどのテコ入れが行われた。夏場には4連勝するなど上昇の気配も見られたが、後半戦は12試合連続無勝利を喫するなど再度失速し、年間を通して一度も二桁順位から脱せないまま18位でシーズンを終えた。天皇杯は初戦(2回戦)で松本山雅FCに敗退したが、松本山雅には横浜FCで出場機会を失った飯尾が8月に完全移籍している。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た望月重良

    JAPANサッカーカレッジ監督などを務めた足達勇輔を監督に招聘。補強は新人を中心に、ベテラン選手として佐藤一樹、貞富信宏などを獲得した。開幕戦を落とすものの、その後2勝2分。しかし、そこから15試合勝ち星なしという泥沼状態に陥る。レオックの増資引き受けによる事実上のオーナー交代の時期とも重なり、財政的な不安がなくなったフロントは方針を転換し、各チームで世代交代の影響を受けていた三浦知良、山口素弘、望月重良など経験豊富な元日本代表選手達を新たに獲得し、チームの強化を図った。特に山口の入団は、既に以前より少なくなっていたとはいえ、横浜FCを応援する元横浜Fサポーター、そして山口本人にとって、他の選手やクラブへの移籍とは少し違った意味を持っていた。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た田部和良

    田部和良 (元マネージャー、現FC琉球GM)横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た西田剛

    シーズン終了後、柳沢将之、フランサが退団、宮崎智彦、藤田優人、寺田紳一がレンタル移籍期間満了、荒堀謙次が栃木に、西田剛が福岡に完全移籍した。また岸野は2012年も監督は続投するが、GM職はこの年限りで辞任することになった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たフェルナンド・ダニエル・モネール

    なお、この年の終盤には元横浜Fのアルゼンチン人DFのモネールが入団した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た片山奨典

    主力選手退団を穴埋めのため、千葉に期限付き移籍していた早川知伸が復帰、韓国から劉孝眞、名古屋から片山奨典、大宮から田中輝和が加入し、またレンタル移籍だった戸川健太・須藤右介は完全移籍となり、難波宏明と並びチーム2位の7得点を決めた池元友樹もレンタル移籍期間延長となった。さらに4月には2006年から2007年7月まで在籍していた鄭容臺が約2年ぶりに復帰した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た藤田祥史

    監督兼GMである岸野の意向を反映した補強となり、新潟から中野洋司、横浜FMから藤田優人、鹿島から宮崎智彦を獲得。また、新人として井手口正昭、荒堀謙次、佐藤謙介、韓国アンダー代表に選ばれている朴台洪などの有力大学生の獲得にも成功した。前年に続いて鳥栖ゆかりの選手の獲得も行い、鳥栖を支えてきたDFの飯尾和也、鳥栖でJ2の日本人得点王の経験を持つ藤田祥史、2010年に特別指定選手として鳥栖で3試合に出場した森本良が入団した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た阪倉裕二

    新クラブの結成に動いてから半年足らずで日本フットボールリーグ(JFL)で戦うことになり、2月に準会員としてのJFL参加が仮承認され奥寺康彦GM、ピエール・リトバルスキー監督、阪倉裕二コーチ、そして選手には外国人選手パベルを含む元Jリーガー22人と契約した。クラブ初の公式戦となった4月25日のJFL第2節、横浜国際競技場に公式発表で1万1283人が集まったジャトコ戦では2-2の引き分けに終わったが(初ゴールは遠藤昌浩が記録)、5月3日の第3節、三ツ沢球技場での水戸ホーリーホック戦で初勝利するとその後は順調に白星を重ね、JFLの初代優勝チームとなった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

222件中 91 - 100件表示

「横浜FC」のニューストピックワード