222件中 11 - 20件表示
  • 横浜FC

    横浜FCから見た久保竜彦

    昨シーズンにチームの総得点61点のうち30得点を挙げた城とアレモンの2人が抜けた攻撃陣を補強するため、横浜FMから元日本代表MF奥大介、久保竜彦、東京Vからジウマール・シウバを獲得した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たルイス・アウグスト・オゾリオ・ハモン

    足達が監督を続投。室井市衛、渡辺光輝、鄭容臺、吉野智行、アウグストなどを獲得した一方、小野信義などが退団した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た樋口靖洋

    山形・大宮などを率いた樋口靖洋が2年契約で監督に就任。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た堀之内聖

    ペ・スンジン、大久保哲哉、内田智也、阿部巧など、かつて横浜FCに所属した選手が復帰した。また、杉山新、田原豊、永井雄一郎、堀之内聖を完全移籍で獲得。小野瀬康介がユースから昇格し、韓国U-19代表候補の羅誠洙(ナソンス)、2010シーズン特別指定選手だった中里崇宏とプロ契約を結んだ。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た永井雄一郎

    ペ・スンジン、大久保哲哉、内田智也、阿部巧など、かつて横浜FCに所属した選手が復帰した。また、杉山新、田原豊、永井雄一郎、堀之内聖を完全移籍で獲得。小野瀬康介がユースから昇格し、韓国U-19代表候補の羅誠洙(ナソンス)、2010シーズン特別指定選手だった中里崇宏とプロ契約を結んだ。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た三浦淳宏

    後半戦は、再開初戦の横浜FMとのダービーに1-8で大敗。これが引き金となり、高木は後日解任(一方で三浦淳宏の獲得に関して高木とフロントとの確執が表面化したという事情もあった)。新監督にはジュリオ・レアルが就任したが、10月20日に神戸に敗れ、J1史上最速でJ2降格が決定した。残り5試合を残した状態での降格であり、これは2002年に残り4試合で降格が決定した札幌の記録を更新した(ただし、札幌は2008年、J2に降格が決定したときに、この記録に並んだ)。この他、643分間連続無得点や20試合連続未勝利、総得点19や年間26敗、得失点差?47という不名誉な記録も樹立してしまう。だが、最終節で首位であった浦和を1-0で破り、目の前での優勝を阻止した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た三浦知良

    JAPANサッカーカレッジ監督などを務めた足達勇輔を監督に招聘。補強は新人を中心に、ベテラン選手として佐藤一樹、貞富信宏などを獲得した。開幕戦を落とすものの、その後2勝2分。しかし、そこから15試合勝ち星なしという泥沼状態に陥る。レオックの増資引き受けによる事実上のオーナー交代の時期とも重なり、財政的な不安がなくなったフロントは方針を転換し、各チームで世代交代の影響を受けていた三浦知良、山口素弘、望月重良など経験豊富な元日本代表選手達を新たに獲得し、チームの強化を図った。特に山口の入団は、既に以前より少なくなっていたとはいえ、横浜FCを応援する元横浜Fサポーター、そして山口本人にとって、他の選手やクラブへの移籍とは少し違った意味を持っていた。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た高見沢俊彦

    作詞・作曲:高見沢俊彦 編曲:THE ALFEE横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た菅野孝憲

    生え抜きの菅野孝憲・内田智也などがJ1の各クラブへ移籍し、山口や奥が引退するなど21人がクラブを去った。一方、三浦知は残留し、J2での史上最年長選手記録を更新した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たホベルト・ジュリオ・デ・フィゲイレド

    そんな中、大黒が退団(東京Vへ復帰後、FC東京へレンタル移籍)してしまう。そこで、元C大阪のカイオを獲得。また、守備の梃子入れとして元大分のホベルトを獲得した。二人は大車輪の活躍を見せ、後半の快進撃を支えた。J1昇格には届かなかったが、前年度を大きく上回る6位でシーズンを終了(天皇杯は3回戦で川崎に敗北)。横浜FC フレッシュアイペディアより)

222件中 11 - 20件表示

「横浜FC」のニューストピックワード