222件中 21 - 30件表示
  • 横浜FC

    横浜FCから見た田中輝和

    主力選手退団を穴埋めのため、千葉に期限付き移籍していた早川知伸が復帰、韓国から劉孝眞、名古屋から片山奨典、大宮から田中輝和が加入し、またレンタル移籍だった戸川健太・須藤右介は完全移籍となり、難波宏明と並びチーム2位の7得点を決めた池元友樹もレンタル移籍期間延長となった。さらに4月には2006年から2007年7月まで在籍していた鄭容臺が約2年ぶりに復帰した。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た岸野靖之

    前年まで鳥栖監督を務めていた岸野靖之が監督に就任。岸野と共に鳥栖から高地系治、柳沢将之、武岡優斗、渡邉将基が入団し、これに加えて鳥栖在籍歴のあるJFL・鳥取のシュナイダー潤之介、韓国釜山の金裕晋など岸野の戦術を理解する選手を積極的に獲得(このため横浜FCの鳥栖化と揶揄された)。さらに前仙台のFWサーレスや、仙台、新潟などで活躍したシルビーニョといった外国籍選手も獲得、東京Vから元日本代表FW大黒将志をレンタル移籍で獲得。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た城彰二

    ベテランの後藤義一や有馬が引退し、廣長が移籍した一方、城彰二、ルディ・バタ、マシューなどの大型補強を行った。また、シーズン途中に当時引退してコーチを務めていた後藤が急遽現役復帰した。最終成績は年間3勝の鳥栖を上回っただけの11位(12チーム中)で、3失点以上の試合が13もあるなど、年間88失点を喫した守備陣に課題を残したシーズンであった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た大黒将志

    前年まで鳥栖監督を務めていた岸野靖之が監督に就任。岸野と共に鳥栖から高地系治、柳沢将之、武岡優斗、渡邉将基が入団し、これに加えて鳥栖在籍歴のあるJFL・鳥取のシュナイダー潤之介、韓国釜山の金裕晋など岸野の戦術を理解する選手を積極的に獲得(このため横浜FCの鳥栖化と揶揄された)。さらに前仙台のFWサーレスや、仙台、新潟などで活躍したシルビーニョといった外国籍選手も獲得、東京Vから元日本代表FW大黒将志をレンタル移籍で獲得。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たシルビオ・ホセ・カヌート

    前年まで鳥栖監督を務めていた岸野靖之が監督に就任。岸野と共に鳥栖から高地系治、柳沢将之、武岡優斗、渡邉将基が入団し、これに加えて鳥栖在籍歴のあるJFL・鳥取のシュナイダー潤之介、韓国釜山の金裕晋など岸野の戦術を理解する選手を積極的に獲得(このため横浜FCの鳥栖化と揶揄された)。さらに前仙台のFWサーレスや、仙台、新潟などで活躍したシルビーニョといった外国籍選手も獲得、東京Vから元日本代表FW大黒将志をレンタル移籍で獲得。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た太田宏介

    リーグ終了後、チーム内得点王となる16ゴールを挙げながらもシーズン後半に精彩を欠いたアンデルソンが退団し、山田卓也・滝澤邦彦などの経験豊富な選手、またチョ・ヨンチョルや太田宏介、昨年大宮にレンタル移籍していた内田智也らが他チームに完全移籍するなど、主力選手の多くがチームを離れた。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た都並敏史

    ジュリオ・レアルが監督を退任、新監督に都並敏史が就任し、3年契約を結んだ。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た高木琢也

    だが、開幕戦でこの年からJ2へ昇格した愛媛に0-1で敗れると足達は早々と解任され(同年中に横浜FCのユース部門責任者に就任)、この年からコーチとして入団していた高木琢也が後任監督に就任した。Jリーグ史上、リーグ戦1試合終了時点で監督が解任されたのは2012年現在でもこの1件のみである(これとは別に2004年のナドベザ・ペーター(C大阪)のように、体調不良で実際の指揮を取らずに辞任した例もある)。フロントは昨年度の不振とキャンプからのチーム作りの遅れなどを理由としたが、この監督交代に対してゴール裏に集うサポーターの多くは怒りを示し、ホーム開幕戦となった第2節の鳥栖戦で横断幕掲示やコール斉唱などの応援行動をボイコットする抗議活動を行った。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た水戸ホーリーホック

    新クラブの結成に動いてから半年足らずで日本フットボールリーグ(JFL)で戦うことになり、2月に準会員としてのJFL参加が仮承認され奥寺康彦GM、ピエール・リトバルスキー監督、阪倉裕二コーチ、そして選手には外国人選手パベルを含む元Jリーガー22人と契約した。クラブ初の公式戦となった4月25日のJFL第2節、横浜国際競技場に公式発表で1万1283人が集まったジャトコ戦では2-2の引き分けに終わったが(初ゴールは遠藤昌浩が記録)、5月3日の第3節、三ツ沢球技場での水戸ホーリーホック戦で初勝利するとその後は順調に白星を重ね、JFLの初代優勝チームとなった。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た大分トリニータ

    そんな中、大黒が退団(東京Vへ復帰後、FC東京へレンタル移籍)してしまう。そこで、元C大阪のカイオを獲得。また、守備の梃子入れとして元大分のホベルトを獲得した。二人は大車輪の活躍を見せ、後半の快進撃を支えた。J1昇格には届かなかったが、前年度を大きく上回る6位でシーズンを終了(天皇杯は3回戦で川崎に敗北)。横浜FC フレッシュアイペディアより)

222件中 21 - 30件表示

「横浜FC」のニューストピックワード